新しい動物愛護法愛政令っていうのがもう何がなんだか…




犬日記+

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

<犬日記>

 

今日は午前中。

 

地元の道の駅におでかけしてきました(*^-^*)

 

見切れてるのは母です。。。

 

 

家から車で20分かからないくらいかな。

 

とっても気持ちいいところです。

 

 

ここ数日、梅雨明けしたような青空と暑さがつづくけど、
明日からまた雨なんだね。

 

昨日の夕方は突然の雷雨で、ちょうどお風呂入ってた時だったから
めっちゃ慌てました。

 

のんちゃんてば、風呂場まで駆け込んできてやんの。

 

 

ここの道もね、もっと涼しくなれば歩くと気持ちいいんだけど、
日陰がないから、今の時期はね・・・

 

 

で、道の駅の近くの公園にドッグランがあるので、
運が良ければ平日でだれもいないしってことで、
犬たちも連れて行ったんだけど。

 

あつい!!

 

暑い!!!

 

無理ッ‼‼‼

 

いやあっついわ。

 

無理だわこれ。

 

るーこはともかくのんちゃんが、
黒い毛の部分がすっごく熱くなっちゃってダメですね。

 

というわけで、

 

 

ソフトクリームだけ食べて帰ろう。

 

ぺろぺろぺろ~~~。

 

ばっくぅう!!!

 

優しく舐めとってくれるのんちゃんと、
残ってるの全部持ってこうとするるーこ。

 

あまりの暑さに1時間もたたずに撤退です。

 

 

まあ目的のものは買えたからね。

 

これよこれ。

 

 

道の駅にね、特に用途が決められてない木の台が売られてるっていうから
これをのんちゃんの食器置きにしたかったの。

 

 

どっしりしてて動かないし、がたがたもしないし、
高さもちょうどいいのがあってよかった。

 

るーこの分はちょうどいい高さのがなかったから、
また買ってあげようと思います(*^-^*)

 

▼1日1回「読んだよ!」のポチッをお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

 

 

 

ちょっと前の話になっちゃうんだけど。

 

環境省が、新しい動物愛護法愛政令に、

 

  • 犬、猫の繁殖に年齢制限を設ける
  • 繁殖用に飼育できる頭数も制限する

 

ってことを盛り込みました。

 

 

年齢制限については、原則として、犬も猫も6歳までです。

 

でもさ~。

 

犬猫の6歳って人間でいう高齢出産じゃないですか。

 

小・中型犬の6歳は人間でいう44歳、
大型犬だと47歳くらいです。

 

猫だと40歳くらいか。

 

もっと欲を言えば、5歳まで、にしたほうが
絶対いいと思います。

 

健康面では、安全に出産させるのは大変な年齢なんじゃないかな。

 

でもこうしてわざわざ法案に盛り込んだだけ
進歩したって思わないといけないのか。

 

それから、1年間の出産回数と、
生涯の出産回数の制限も盛り込んでほしい。

 

っていうか盛り込むべき。

 

出産させられる年齢制限を作っちゃったら、
ぜったいどっかの悪徳ブリーダーは、
1頭のメスでできるだけたくさんの子犬を産ませたいからって、
何回も繁殖させるようになるだろうし。

 

 

それから繁殖用に飼育できる頭数の制限ね。

 

これもすっごいザル法案ですよね。

 

繁殖業者では従業員一人当たり犬は15匹まで、猫は25匹まで。

販売業者は一人当たり犬20匹まで、猫30匹まで。

 

とのことだけど。

 

多すぎだろ。

 

それに従業員一人あたりってことは、アルバイトとか、
週一勤務くらいの人を何人も雇えば、その人数だけ頭数抱えられるってことですよね。

 

一人でやってるブリーダーとかならまだしも、
これ、大手の繁殖業者だと今までと変わらないですよね。

 

法案作る人たちはほんとにやる気あるんだろうか。

 

 

こういうニュースが出ると、「犬猫の生体販売禁止」って声が
一時的に大きくなりますよね。

 

でも、「生体販売を禁止」しただけじゃ、
こういった問題は解決されないと思うんです。

 

ペットショップで販売しなくたって、
ブリーダーってものがいる限り生体販売はなくならないですし。

 

そもそもペットショップに犬猫を卸してるのはブリーダーですからね。

 

安心安全の優良ブリーダーとか言われてたって、
ショップに卸すか飼い主に直接販売するかの違いだし。

 

 

そうなると、もう有償販売をやめるしかなくなんだけど、
そうすると種の保存とか、出産させて育てるお金とか、
繁殖用の犬猫にかかるお金もなくなっちゃう。

 

まあそういう「純血種」を保存しようとしてる人間の行動が
犬たちを苦しめる結果にもなってしまってるんだけど。

【関連記事】

 

だからこそ、ブリーダーに資格が必要ないっていう
今の日本の状況はすごくおかしいと思う。

 

現在ブリーダーになるには、「第一種動物取扱業」の届け出が必要で、
それには業者の職員の一人を「動物取扱責任者」にする必要があって、
環境省が定めた試験に合格することでその責任者になれます。

 

ただ、ブリーダーになるための必須資格っていうのはないんです。

 

そもそも、全部のブリーダーが「第一種動物取扱業」の届け出してるのかすら怪しい。

 

以前、見学に行った千葉の小型犬ブリーダーは、
「動物取扱責任者」についてもよく知らないみたいだったし。

【その時のお話はこちら】
こんなブリーダーはやめておこう!ブリーダー見学記録(実体験)

 

 

わたしはいつも、ブリーダーだけじゃなくて、
飼い主も資格制にするべきだって思ってます。

 

イギリスのベビーシッターの試験なんですけど、
赤ちゃんのぬいぐるみと一週間一緒に過ごして、
その間、うまくいかないことや思い通りにいかないことがあった時、
赤ちゃんが泣き止まないとかのことが起こった時、
その人が赤ちゃんのぬいぐるみに対してどう接するかをテストするんだそうです。

 

自分の感情をぶつけたりしないか、イライラをぶつけないか、
自分より弱い相手に対する接し方を、試験官は見てるんだとか。

 

犬猫の飼い主になるためにもそういった資格試験、必要なんじゃないかな。

 

もちろん、必要な知識を持っているかっていう
筆記試験も必須だし。

 

その試験に合格して飼い主になる資格を得た人だけが、
さらに飼いたい犬種を飼える自宅環境・生活環境かどうかを合格して、
初めてブリーダーから子犬が買える。

 

そしてブリーダーも、資格を有した飼い主にのみ
子犬を売ることができる。

 

資格を有した飼い主は、毎年決まった額(犬税みたいな)のを収めて、
その税金でブリーダーは犬を繁殖させる。

 

そして、犬を虐待したり、捨てたりした飼い主は
資格をはく奪されて、二度と犬を飼うことはできない。

 

猫も同じような感じ。

 

そうすれば必要以上の繁殖もないわけだから、
近親交配をさせたり、それによる遺伝病の蔓延も
防げるんじゃないでしょうか。

 

今みたいに、だれでもお金さえ出せば
バンバン犬猫買えちゃうって状況のままじゃ
何も変わらないと思うんだよね~。

 

日本の動物愛護ってなんでこんな牛歩っていうか、
新しい法案できたとしてもやる気あるのかわからないようなのばっかなんでしょうね。

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

<犬日記おまけ>

 

一番暑がってたのがおじじ。

 

 

水がぶ飲みだったよ。

 

これからは涼しくなるまで近場でもお出かけ厳禁だね。

 

 

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました