大人しくても実は嫌がってるかも?ブラッシング中のカーミングシグナル




まったり犬育

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

 

 

<犬日記>

今日は朝から蒸し暑いですね・・・( ;´Д`)

お散歩がちょっと遅くなっちゃったんだけど、
じっとり汗かいてけっこうしんどかった。

朝に色々やること終わって、
2階の部屋に来ると、ついてくる2頭。

 

のんちゃんはベッドでおもちゃカミカミ。

なんかだいぶ小さくなってる気がするんだけど~?

それはあなたが破壊しちゃってるからですよ(-_-メ)

 

るーこは何が気になるのか、
窓の外をじーーーっと見てます。

きょーはあめふらないといーなー。

何か降りそうな空模様だけどね。

 

 

なんか毎日犬日記更新してると、
変わり映えのしない写真ばっかになっちゃうけど。

 

でもわたしは他の犬ブログ見させてもらう時も、
こういう、毎日同じような写真を見るのが
けっこう好きだったりします。

 

 

ちょっと前に、いつも見させてもらってるブログさんで、
「いつも同じような内容でつまらないってコメントをもらった」
って書いてあって。

 

このコメントをした人はわかってないなーって思ったんだよね。

 

犬を飼ってるからって、毎日お出かけするわけじゃないし、
大事件が起きるわけでもない。

 

毎日毎日、同じように淡々と生活してくだけなんだけど、
むしろそれが大事だし、犬との生活の醍醐味なんだと思うし。

 

 

いつか、犬たちが虹の橋に渡ってしまった時に、
そんな変わり映えのしない毎日がすごく懐かしくなるのです。

 

そんなこともわからずに「つまらない」だなんて、
ほんと、わかってないよねーーー。

 

 

今日もお散歩まで寝て過ごすのよ。

 

ぼくもそろそろねよっかなーーー。

 

だから、毎日毎日変わり映えしない写真を。

 

何十枚、何百枚でも撮っておこうと思うのです(*^-^*)

 

▼1日1回「読んだよ!」のポチッをお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

 

 

さて今日は、飼い主さんっが見逃しやすい、
ブラッシング中のカーミングシグナルについてお話しようかなと思います。

 

 

トイプードルやヨーキーなど、
ブラッシングが必要なトリミング犬種の飼い主さんから、
よくこんな質問をいただきます。

 

うちの子はブラッシングをやろうとするととても嫌がるんですが、
大人しくさせる方法はないですか?

 

これに対しては
「犬が嫌がらないように優しく、そっとやってあげて、
短時間で犬が嫌がる前にやめて下さい」
と答えるしかありません。

 

 

トリミング犬種は必然的にブラッシングが必須になるので、
愛犬をきれいに保とうとする飼い主さんは
毎日頑張ってブラッシングしてるでしょう。

 

でもブラッシングっていうのは、
犬には本来必要ないものだし、犬にとってはされる意味がわからない
ものなんです。

 

そして、犬がなぜ嫌がるかというと、
多くの場合飼い主さんのブラッシングのやり方が乱暴すぎるからです。

 

優しくやっているつもりでも、動画を撮って見せてもらえば雑にやってます。

 

 

トリマーさんも乱暴にブラシを扱うことが多いので、
トリミングに出されることでトリミング嫌いになってしまう子も多いです。

 

暴れて嫌がったりせずに大人しく見えても、
実はカーミングシグナル出しまくりで嫌がってる
ってことも多いです。

 

 

動画を参考に解説します。

 

この動画は、きれいにトリミングされ、
毎日飼い主さんがブラッシングを頑張っているんだろうと
いうことがよくわかるトイプーちゃんが、
ブラッシングされてる動画です。

 

カーミングシグナルをたくさん出してるので、
ぜひ動画を見ながらシグナルを探してみて下さい。

 

 

大人しくしてるので飼い主さんは嫌がってるなんて思ってもないだろうけど、
犬の方は明らかに嫌がってますよね。

 

まず、冒頭から顔を横に向けて
カーミングシグナルを出してます。

 

表情は固く、力が入って緊張してるのがわかります。

 

0:07で瞬きと舌ペロのシグナル。

0:18で大きなブラシが登場しますが、
顔のショボ具合も上昇してしまってます。

0:39で白目が見えてますが、これは
かなり強いカーミングシグナルです。

 

脚や体をブラッシングされている時は、
顔をされる時ほど嫌がっていないですが
全体的に扱いが雑で可哀想です。

 

仰向け抱っこをする時もそうですが、
手足を無理に伸ばしたり、顔を横に向けさせたりというのは、
犬が間接を痛めることがあるのでやっちゃダメです。

 

終始、トイプーちゃんの顔は「ガーン」といった感じで、
BGMになっている物悲し気な音楽と絶妙にマッチしてますよね。

 

 

この動画の飼い主さんもそうだけど、
多くの飼い主さんがブラッシングをする時にブラシの動かし方が乱暴で雑です。

 

わたしも学生の時、トリミングの授業で
ブラシの扱い方としてこうやってザッザッと早く動かすように教わりました。

 

でも、これでは犬が嫌がるのは当たり前です。

 

体はともかく、顔周りをこんな風に乱暴にブラッシングされたら
人間だって嫌でしょうし、ただでさえ顔周りを触られるのを嫌がる犬は多いですし、
目の前でブラシが乱暴に動いていたら目にい入らないかとひやひやしてしまいます。

 

 

それに、ブラシを早く動かしていると
毛に絡まった時に強く引っ張ってしまうことになります。

 

何度かそういったことをされて、その痛みや不快感から
ブラッシングが嫌いになる子もいます。

 

もし、ブラッシングをやる必要があるなら、
この動画の4分の1くらいの速さで、
ゆっくりゆっくり、優しくブラシを動かしてあげて下さい。

 

毛が絡まっていたらブラシを使って解こうとするのではなく、
指でもみほぐすようにしながら解くか、
どうしてもダメな場合はハサミでその部分だけカットしてあげましょう。

 

顔周りをやる時は体をやる時よりもさらに繊細にブラシを動かし、
目を手で覆うようにしながらやってあげるといいです。

 

 

のんちゃんもるーこも、トリミング犬種ではないので基本的にブラッシングは必要ないのですが、
毛玉になりやすい換毛期にはやってあげるようにしています。

 

やる時は動画のように固定したりしないで、
自由に動ける状態でやり、犬たちが嫌がったら逃げたら
それ以上はやらないようにしています。

 

ブラッシングがしょっちゅう必要ないように、
テディベアカットやアフロカットなんて言ってないで、
出来るだけ短くカットしてあげるのも犬への優しさです。

 

 

トリマーさんのところでは、ジャンプーの後でドライヤーで乾かす時に
ブラシで毛を乱暴にすきながら乾かすので、
それを防ぐためにもシャンプーは自宅でやり、カットだけ頼むのもいいでしょう。

 

人に頼むのは楽ですが、犬のためを考えて
出来るだけ負担のない方法を選んであげて下さい。

 

トリミング犬種を飼っている飼い主さんにとって、
犬のブラッシングというのはやって当たり前のことです。

 

必要なのは仕方ないですが、
やり方は優しくやってあげるべきです。

 

ブラッシングの最中、犬が動画のような
カーミングシグナルを出していないか注意しましょう。

 

大人しくて嫌がっていないように見えて、
実は嫌がっていることが多くあります。

 

そして、やっている時にこんなシグナルを出したら
その時点でやめてあげるようにしましょう。

 

 

そんなことをしていたら少しずつしかできないじゃないかと
文句を言う飼い主さんもいますが、それでいいのです。

 

1回に少しずつ、嫌がらないようにやってあげることが、
苦手にさせないためのコツです。

 

トリミング犬種として生まれた以上、
犬にはどうしても必要なことですから、
必要なことが苦手にならないようにしてあげましょう。

【カーミングシグナルの種類はコチラ】
「カーミングシグナル」飼い主なら知っておきたい『犬の言葉』の正しい知識

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

 

 

<犬日記>

この前買ってあげたおもちゃ。

 

牛革の部分はほぼほぼのんちゃんが破壊したんですが、
るーこも一応頑張ってました。

 

ぼくもがんばったヨ!! byるーこ

 

お口がちっちゃいから穴を開けることは
出来なかったけどね(;^ω^)

 

うん、がんばった!!

 

 

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました