正しい犬のしつけとは「コミュニケーション」であるべき




犬との接し方・信頼関係

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

今回は、犬の「しつけ」についてわたしが思うことをお話します。

 

こうしてブログをやってて、のんちゃんやるーこの日常を書いてると、
「よくしつけができてますね」ってコメントいただくことがあります。

 

でも、わたし自身は「しつけがよくできた」なんて思ってないんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

というか、ずっと「しつけ」っていう言い方に違和感がありました。

 

一般的にいわれてる「しつけ」と、わたしが考えてる「しつけ」ってだいぶ違うと思うんですよね。

 

一般的に「しつけ」っていうと、昔ながらのリーダーになれ論をもとにしていたり、
人間社会のルールを犬に覚えてもらうためのものって言われてることが多いです。

 

なんだか、人間が一方的に犬にこうして欲しいことを覚えさせること=しつけ
であるように感じるんですよね。

 

まったり犬育の理念や考え方からすると、そういうのはちょっと違う。

 

なので最近は「接し方」とか「関係作り」って言い方をするようにしました。

 

接し方や関係作りがうまくいけばコミュニケーションも円滑にできるようになって、
無理な「しつけ」なんてしなくても楽に犬と暮らせるようになるってことを、
わたし自身この数年で実感しました。

 

毎日「しつけ」に精を出してるっていう飼い主さん、犬だから「しつけ」をしないと!
っていう考え方を一度とっぱらって、一から犬との関係を見直してみませんか?

 

 

犬の「しつけ」とは

「犬 しつけ」とかで検索すると、だいたいこんなことが書かれてる記事がたくさんヒットします。

 

人間社会で暮らしていくために必要なことを犬に教えること。

 

本屋で適当に手に取ったしつけ本にも、同じようなことが書かれてました。

 

少しまでまでは「オスワリやフセなどコマンドを教え、犬が人間の言うことに従うとうにすること」
って書かれてることが多かったんだけど、今はそれが少なくなったのはいいことだと思います。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

いまだにそう思ってる人が多いのは残念だけど。

 

また「しつけのために叱る」っていうことを書いてる記事もたくさんあります。

 

叱るとはっきり書いてなくても、犬を脅かしたり恐怖心を与える行動で犬を罰してることが多いです。

 

ブログを読んで下さってる方ならご存知かと思いますけど、わたしは犬を叱ることを否定してます。

 

だれがなにを言ってもこれは変わらないです。

 

母犬がやるように叱ればいいって人もいるけど、母犬がやるように犬を叱るのは
人間には到底できないことなんです。

 

それに、同じ動物同士でやるのと、人間が自分より弱い立場の違う種の動物に対してやるのでは
まったく性質が違うし、同列に論ずることはできません。

 

そもそも、自然界の動物の母親は、人間がやるように子どもを叱ったり、罰することはないんです。

 

【自然界のお母さんは子どもを叱らない?】
母犬は子犬を叱らない?母犬と同じように子犬に接するということ

 

人間が「罰している」と思うような動物の行動は、不自然で劣悪な飼育環境でのストレス行動であったり、
動物同士のコミュニケーションが叱っているように見えるだけであることが多いんです。

 

叱ってやめさせるんではなく、叱りたくなるような状況を作らないようにしましょう。

 

もし万が一、そういう状況になってしまっても、叱るのではなく気を逸らすなどで対応し、
二度とそういう状況にならないように工夫をこらすんです。

 

また、飼い主さんが叱りたくなるような行動は、犬の本能に基づいた行動であることはほとんどです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

いたずらなんてそのいい例ですね。

 

ダメでないことを「ダメ!」といって叱ってるわけで、そうするように教えるトレーナーが多いのが問題です。

 

本能に基づいた行動を叱って禁止するのではなく、行動の出し方を変えてあげるんです。

 

靴ではなくおもちゃを噛むようにするために、靴を片付けて犬の大好きな感触のおもちゃを買ってあげるとか、
飽きないようにいろんな噛み心地のおもちゃを買ってあげるとか。

 

引っ張りや吠え、噛みつきなど、ストレスや生活環境、飼い主の接し方が問題の行動については、
叱ってもどうにもならないしさらに悪化させるだけなので、まずは原因究明に専念して、
それを取り除く・改善するのが先決です。

 

犬自体に問題はなく、飼い主の家庭環境や職場環境などストレスや負の感情が溜まり、
八つ当たり的に犬を叱ってる場合もあるので、そういう時は自分のイライラコントロールを
できるようになりましょう。

 

「しつけ」の名の元に犬に無理を強いたり、言うことを聞かせようとしたり、必要ないことまで叱ってやめさせようとしたり、
そういうのが多いけど、わたしが考える「しつけ」はこんなものじゃないんです。

 

 

しつけは「共生するために必要なこと」

わたしは犬のしつけについて、「人間社会で暮らすために必要なことを犬に教えること」ではなく、
「犬と人間が共生するために必要なこと」だって考えてます。

 

なんだか同じように聞こえますけど…

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

この2つは全然違うんですよ。

 

人間社会で暮らすために必要なことを犬に教えるっていう考えだと、
犬だけが人間に合わせればいいっていう考えになりがちです。

 

そうではなく、犬が人間に合わせるだけじゃなくて、人間も同じくらい犬に会わせてあげることが必要なんです。

 

そのための「犬と人が共生するために必要なこと」なんです。

 

 

「共生」に必要不可欠なもの

わたしが考える「犬と人の共生」に必要なものは、円滑なコミュニケーションです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

人間同士でも、いっしょに暮らすにはコミュニケーションが必要不可欠ですよね。

 

そして、円滑なコミュニケーションのためには、「良好な関係」が必要です。

 

良好な関係を築くためには、普段から相手のことを思いやった「接し方」をしなければなりません。

 

普段から思いやりを持って接し、良好な関係が作れていて、円滑なコミュニケーションが取れる友人や家族とは、
いっしょに暮らすうえでなんの苦にもならないでしょう。

 

犬もこれは同じなんです。

 

なので、同じようにすればいいんです。

 

仲の良い友人のささやかな要望をむげに断ったりはしないし、無理難題をふっかけて困らせたりすることもないですよね。

 

犬の要望を聞き入れてばかりいるとどんどんエスカレートしてわがままになるっていまだに信じられてます。

 

でも、これはウソです。

 

自分の頭で考えることができる安定した犬は、むやみに要望を暴走させることはありません。

 

満足するってことを知ってるし、だいたいこの範囲なら相手を困らせないってこともわかってます。

 

ここまでだったらやってもいいっていう限度は、人間がしゃかりきになって教え込まなくても、
人間との付き合いの中で犬が自分で学んでいくことです。

 

でも、ストレスいっぱいで不安が強い犬は、理性的な判断ができずに何かに追い立てられるように行動したり、
どんなに要望をかなえてもらっても満足しなかったり、執着したり、なにかに依存したりします。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

こういうところも人間と同じですよね。

 

そういう犬相手でも、やっぱりこっちがまず思いやりを持って接することが大事です。

 

それを続けて行った結果が、「よくしつけができてるね」って言われるような
わたしと犬たちとの関係なんだと思います。

 

まずは犬のちょっとした要望をかなえてあげることから始めましょう。

 

犬にやるべき「しつけ」っていうよりも、飼い主がやるべき「しつけ」といった感じです。

 

 

「しつけ」という考え方をやめる

「犬=しつけが必要」という考え方はいまだに常識です。

 

トレーナーが教えるのも「しつけ」だし、ネットや本に書かれてることも「しつけ」です。

 

接し方やらコミュニケーションが必要とは言われてはいても、
「しつけのためには正しい接し方やコミュニケーションが必要」って言われてて、
結局は「しつけ」のためなんですよね。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そういうのを読んだり聞いたりするたびに「違うな」って思うんです。

 

現に、ネットや本に書かれてたり、トレーナーに教わった「しつけ」の方法で、
犬との関係がどうにもこうにも悪化したっていう飼い主さんからの相談をたくさん受けてきました。

 

カウンセラーである恩師のもとに、そういう相談がたくさんくるそうです。

 

それどころか、ここ最近急増中なんだとか。

 

中途半端に「犬に優しい」を謳うトレーナーが増えたからじゃないかって言ってました。

 

犬に必要なのは「しつけ」じゃないんです。

 

思いやりある接し方による良好な関係作ること、円滑なコミュニケーションこそ必要です。

 

「うまくしつけるにはどうすればいいか」っていう考え方はやめて、
「うまくコミュニケーションをとるにはどうすればいいか」って考え方にしてみて下さい。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

「しつけ」っていうと、一般的に飼い主が言うことを聞かせるためのものって思われがちです。

「コミュニケーション」っていうと、犬の言うことも聞いてあげなきゃって気になりますよね。

 

犬との「コミュニケーション」を軸に接し方や関係作りをやっていくと、
犬との生活がぐっと楽になりますよ。

 

【合わせて読みたい記事】
「犬の気持ち」を理解するってどういうこと?理解するにはどうすればいい?
「犬の気持ち」が理解出来たら!その次にやるべきとっても重要なこと

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました