あなたは犬を飼ってもいい人ですか?客観的に見てみよう




動物福祉

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

突然ですが、あなたは自分が「犬を飼ってもいい人」かどうか考えたことはありますか?

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬を飼える環境に住んでいるかとか、経済面とかでの話ではなく、性格とか、精神面のお話です。

 

むやみに犬に暴力をふるったり、カッとなって手を上げたり、弱い者いじめをするような性格ではありませんか?
気分によって接し方を変えたり、可愛がっているといって「可愛がり」をしたり、無理強いや強制をしたり、
無理難題を押し付けて笑うような人ではありませんか?

言うことを聞かないと無理矢理言うことを聞かせようとするような人ではありませんか?

 

犬を飼う前に、犬を飼える環境や経済力があるかどうかを考えるのはもちろん大事だけど、それ以上に、
自分が犬を飼える人かどうか、犬を飼ってもいい人かどうかを考えてみるのもすごく大事なことなんですよ。

 

 

事例:犬を飼ってはいけない人

わたしがペットショップで働いてた時のことです。

40代くらいでしょうか、女性が一人でやって来て、ポメラニアンの子犬を購入していったことがありました。

接客されているのを見た限りではいたって普通の女性で、ポメちゃんのことを本当に気に入ったようで、
「可愛い、可愛い」って言ってました。
ポメちゃんは少し風邪気味だったので、購入したその日には連れ帰らないで、後日引き取りになったので、
それまで店舗で預かることになりました。

 

だけど購入した数時間後にその女性の旦那さんだという人がやって来て、お金は返してもらわなくていいから、
購入をキャンセルしたいと言ってきました。

理由を聞くと、その女性はついこの前も気まぐれで子犬を買ってきたそうなんだけど、
子犬が泣いたりオシッコを失敗すると蹴飛ばして暴力を振るって、ご飯もあげたりあげなかったり、
気が向いた時にしか世話をしない状態で、やむなく里親を探したんだそうです。

しかもそれが初めてじゃなくて、今までにも何度か気まぐれで子犬や子猫を買ってきて、
ほとんど世話そしなかったので里子に出したということを繰り返してきたんだとか。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そんな状態じゃあ新しく買ったポメちゃんも同じことになりますよね。

 

通常は一度購入が決まった生体をキャンセルなんてぜったいにしないんだけど、
お金も返さなくていいってことだし、そういう理由ならと、そのポメちゃんの購入はキャンセルになりました。

旦那さんが来てくれなかったらポメちゃんはその女性に連れ帰られて、暴力を振るわれてご飯をもらえずに、
ネグレクトされていたことでしょう。

 

こういう人は絶対に犬に限らず生き物なんて飼うべきじゃないんだけど、こんな人でもお金さえ出せば
なんの資格もなく、簡単に命を買えてしまうのがペットショップの恐ろしいところです。

【ペットショップ体験談はコチラ】
ペットショップで買った子犬を返品は可能?返品された子犬はどうなるの?
二度とペットショップで働きたくない理由!元店員が見た実態

 

 

飼い主は「資格制」にすべき

何度もブログで描いてるけど、犬に限らずペットを飼う人は資格制にすべきですよね。

 

  • 生き物を飼いたい人は事前に講習・試験を受けるなりして、生き物の飼育に必要な知識を身につけておかなければならない。
  • 生き物を一度でも捨てたり、身勝手な理由で手放した時には資格を剥奪されて2度と生き物は飼えない。
  • 本当にどうしようもない場合のみ、施設への持ち込みは許可されるが、新しい飼い主が見つかるまでの費用は飼い主持ち。
  • 失職などで費用の工面ができない時には補助金が支給されるが、それは返さなければならない。

 

学生時代に友人たちとそんな「ペット飼育資格」について話し合いました。

でもペットショップのあの一件から、ただ資格を取るだけじゃなくて、精神鑑定というか、ペットを飼える性格かどうかっていうのも
確かめる必要があるなって思うようになりました。

 

ペットを飼える性格かどうか

生き物への嗜虐性がある人でも、ペット飼育資格は勉強さえすれば取れるものです。

そういう人が資格をとって、ペットを飼って虐待しないとも限りません。

ちょっとしたことでカッとして手を上げたり、思い通りにならないと暴力を振るったり、可愛がっていると言いながら乱暴なことをしたり、
気分によって世話をしたりしなかったり。

 

そういうのを防ぐために、適性診断みたいなのが必要です。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そこまで必要?って思われるかもしれないけど、今の犬たちの現状を見るとぜったい必要です。

 

イギリスではベビーシッターを志す学生たちに、適性診断をするのだそうです。
1週間、赤ちゃんそっくりの人形のお世話をするという内容で、その試験中は思い通りにならないことばかりが起きて、
学生たちを追い詰めていき、精神的に追い詰められた時に自分より弱い相手に対してどう接するかを見るのだそうです。

優しく正しい接し方をするのか、それとも自分のイライラをぶつけてしまうのか、その試験で判断し、
適正がないと判断された学生は除籍されると聞きました。

 

同じように、ドイツなどでは保護犬の飼い主候補にここまでのものではないけど適正診断をするそうです。

こういう適性診断が、ペットの福祉と生活の質を守るために必要なんです。

 

 

犬を飼う前に自分を客観的に見てみよう

でも残念ながら、今の日本にこういう資格や適性診断はありません。

だから、犬を飼おうと思った人は、一度自分を客観的に見つめなおして下さい。

自分は追い詰められた時、思い通りにいかないことがあった時、自分より弱い相手にどう接するのか。
イライラしていても八つ当たりしないでいられるか、どんなことがあっても犬を愛していられるか。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

って、わたしも人のことは言えないけどね。

 

特にはじめのうちは、思い通りになんていかないことだらけです。
子犬は夜泣きするし、トイレの失敗は当たり前だし、あなたの大事なバッグをかじってボロボロに破壊します。
そういう時に、投げ出さずに正しく接することができますか?

 

犬を飼う前に、犬を飼ったことで起こるいろんなトラブルを考えてみて下さい。
そのトラブルが、今の日常にすでにあるストレスやイライラに追加されるってことです。

その時、自分はどういう行動をしますか?

今、すでに毎日がイライラしててストレスまみれで、その上、だれかに八つ当たりすることが多いっていう人は、
そのうえ犬を飼う心の余裕なんてないはずです。

癒しを求めて犬を飼う、っていうのは一番やっちゃいけないことですよ。

 

犬を飼うっていうと、住居環境とか経済面に重点をおいて考えがちだけど、精神的に自分が犬を飼える人かどうかっていうのも、
よくよく考えて欲しいなって思います。

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました