そんなことまで?「犬が嫌がること」一覧




基本理念

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

 

 

コチラの記事「「犬の嫌がることをしない」の正しい意味」で、
まったり犬育基本理念のひとつである「犬の嫌がることをしない」ということについてお話しました。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

今回は、犬が嫌がることにはどんなものがあるのかをお話します。

 

まったり犬育では、出来る限り犬にストレスをかけない生活をする
ということを大事にしています。

 

ストレスをかけないために、犬が嫌がることはやめて下さい、
と飼い主さんにお話しています。

 

 

でも正直、どんなことを犬が嫌がるのかよくわからないです…

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

この質問、多いんですよね。

 

 

わたしは自分がどんなことを嫌だと感じるか考えて、
それを犬にもあてはめてみるとほぼ同じなので、
自分の嫌なことは犬にもしないようにしているのですが、
多くの人は自分が嫌なことと犬が嫌なことは別だと考えているようです。

 

自分が嫌なことでも犬は嫌ではないだろう、
これくらい平気だろうと思い込み、
犬が嫌がることをやり続けてしまう人も多くいます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そこで、わかりやすいように、犬が嫌がることを
思いつく限り書き出してみました!

 

犬だけでなく、猫や他の動物にも共通するものです。

 

どんなことを犬が嫌がるのかいまいちわからないという飼い主さん、
ぜひ読んでみて下さい。

 

 

「犬が嫌がること一覧」

「犬が嫌がること」は以下の通りです。

  • 花火や爆竹などの大きな音
  • バイクや車の音
  • トラックのバックする時の音
  • 玄関チャイムの音
  • 掃除機のような騒々しい機械音
  • 人間の怒鳴り声
  • 子どもが騒いではしゃぐ声
  • 甲高い耳障りな声
  • テレビの音
  • 香水などの人工的な香料のにおい
  • 何かに反射してチラチラする光
  • 痛みなどの身体的不快感
  • ケージやサークル、クレートなど狭いところに閉じ込められる
  • 庭などに繋がれる
  • ひとりだけ別の部屋に隔離される
  • 体を拘束される
  • 自分のすぐ横をバタバタと人が通り過ぎる
  • 狭いところで他の動物と一緒にされる(ドッグカフェ、ドッグランなど)
  • 体をベタベタ触られる
  • 乱暴に撫でられる
  • 常に話しかけられる
  • 命令、コマンドを出される(コルチゾール値が上がることが確認されている)
  • やりたくないことを強要される
  • 叱られる
  • 真正面から顔を覗き込まれる
  • 顔を両手で挟まれる
  • 写真を撮られる(特に至近距離)
  • 毛のカット
  • 爪切り
  • シャンプー
  • 散歩後の足拭き
  • ドライヤー
  • タオルで体をゴシゴシ拭かれる
  • 歯磨き
  • 他の動物(人間含む)に吠えられたり攻撃される
  • 物陰から急に誰かが出て来て驚かされる
  • 追いかけられる
  • 真正面から接近される

 

こんなに・・・???

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

今回はこれくらいにしておきますが、
まだまだ、まだまだまだありますよ。

 

 

ついやりがちなことが多い

考えつく限り書き出してみましたが、
探せばもっともっとあるでしょう。

 

一覧を見て思ったんですけど、花火や雷とか避けられないものはあるけど、
飼い主さんがついやりがちなことが多いですね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そうですね。ついうっかりとか、意識しないでやってることが多いです。

 

 

サークルに閉じ込めるというのは悪いことだなんて思わないで、
当たり前のやってしまっている人が多いでしょうし、
犬に近づいてアップの写真を撮るっていうのは犬飼いならだれもが一度はやっていることです。

 

サークル閉じ込めがどれだけ犬のストレスになるかはいつも口を酸っぱくして
飼い主さんに説明していますし、写真に撮られることとか、カメラのレンズを向けられることを犬は嫌がります。

 

特に至近距離での撮影は、顔を背けたり舌をペロッとして
カーミングシグナルを出す子が多いですね。

 

アップでの写真ってそういう顔してる子が多いですよね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

近くで撮るんじゃなくて、ある程度離れたところから望遠レンズで
撮ってあげた方が犬も嫌がりませんよ。
わたしもいつもそうしてます。

 

喋っている時の甲高い声など、
特に女性は意識しないでやってしまうことが多いでしょう。

 

子どもが騒ぐのも決して悪気があるわけではなく、
子どもなので仕方ないと思います。

 

その子どもを叱る親の怒鳴り声というのも
子どもがいる家庭では避けられないことですね。

 

でも、意識して喋る時の声の高さに気をつけて、
子どもにも家の中では犬のために騒がないように協力してもらうことは出来ますよね。

 

 

物陰から飛び出して犬を脅かしたり、追いかけたりというのは、
小さい子どもがやりがちですが、そういう犬をびっくりさせてしまうようなことも、
やらないように親が教えてあげなくてはいけません。

 

 

乱暴に撫でたり、ベタベタ触ったりというのも、
子どもがやる場合は親が説明してやめさせる必要がありますし、
自分がやってしまっている場合は意識してやめなければいけません。

 

 

気づくと犬に話しかけているという人も同様です。

 

 

命令したりコマンドを出したり、やりたくないことを強要したり、
叱ったりというのは、まったり犬育の基本理念に反しています。
【基本理念について詳しく読む】まったり犬育「基本理念」…犬と友達になるために

 

犬との関係構築を妨げ、信頼関係にヒビを入れる行為ですので、
絶対にやってはいけません。

 

叱るのではなく、叱らなくて済むように
環境を整えていきましょう。

 

 

犬の嫌がることは飼い主さんがついついやりがちなこと、
無意識にやっていることが多いです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でもその分、意識すればやめられるということです。

 

 

お手入れ関係は必要ないものが多い

シャンプー、爪切り、毛のカット、散歩後の足拭きなど、
お手入れ関係のことが軒並み犬の嫌がることになってますね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

お手入れ関係のことの中には、
シャンプーのように必要ないものも多いです。

 

歯磨き

歯磨きについては全ての犬に絶対必要というわけではありません。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

歯石がつきやすい体質とそうではない体質があり、
傾向としては大型犬はつきにくく、小型犬はつきやすいです。

 

さらに歯周病になりやすいかどうかも体質によります。

 

 

固い物を噛ませるだけでもだいぶ歯の汚れは落ちますし、
食べるものによっても歯の汚れ具合は違ってきます。

 

なので、様子を見てやってあげればいいのですが、
ひどい噛みつきがあるなど高ストレス状態の時にはぜったいやらない
ようにしましょう。

 

固いものを噛ませるというのも、何でも丸ごと飲み込んでしまう
というような場合はやめてあげて下さい。

 

 

おすすめとしては、鶏の手羽先や手羽中を
骨ごとかじらせてあげる方法です。

 

のんちゃんとるーこも、週に2、3回、
手羽元をバリバリ食べてますが、
おかげで年齢にしては歯がきれいだと獣医さんに褒められます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

ただし、丸のみしてしまうという子には絶対にやっちゃダメです。

 

爪切りと毛のカット

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

一方で、どうしても避けられないのが、
小~中型犬の爪切りと、毛が伸びる犬種のカットです。

 

のんちゃんとるーこも、いつも山登りをしているせいか
切らなければならないほど爪が伸びたことはないのですが、
伸びすぎると折れるので定期的なカットが必要になる場合が多いです。

 

香ストレス状態の時にはやらないのがベストですが、
どうしても伸びてしまうという場合は、
トリマーさんや獣医さんに爪切りだけ手早くやってもらいましょう。

 

毛のカットも、シャンプーなしで必要最低限の目の周りと、
肛門周辺などに限定して、5分以内、最低でも10分以内で
済ませてもらうようにしましょう。

 

こういう要望に応えてくれるトリマーであるかどうか、
あらかじめ確認しておいて下さい。

 

落ち着いてきたら他の部位のカットもしていきます。

 

 

トイプードルなどのトリミング犬種だときれいにカットしたがる飼い主さんが多く、
そうすることが人気ですが、それは人間の見栄や自己満足のためであって
決して犬のためにはなりません。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

きれいにカットするには時間がかかり、
拘束時間も長くなりますからね。

 

邪魔にならない程度に切ってあげればいいんです。

 

犬のストレスのことも考えてあげましょう。

 

また、カットについては、のんちゃんやるーこのように
特別カットが必要ないような犬種でも、
脚の飾り毛や胸毛を切ってもらいたがる飼い主さんがいますが、
必要ないのであればやらないほうがいいです。

 

シャンプー

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

シャンプーにいたっては、むしろやらない方が
犬の毛や皮膚の状態が良いです。

でも、多くの飼い主さんが少なくとも月に1回、
多いと毎週シャンプーするというのが一般的ですよね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

「うちの子は汚い」と思い込んで、犬も、ひどいと猫までも
定期的にシャンプーして必要以上に清潔にしてしまうんです。

 

猫の場合はシャンプーなんて犬以上に必要ないですし、
犬の場合もシャンプーのしすぎでかえって皮膚障害を起こしている子が多くいるんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

フケが出ているから、臭いがきつくなってきたからと
シャンプーする飼い主さんが多いですが、
フケやきつい体臭っていうのはジャンプ―のしすぎが原因であることが多いんですよ。

シャンプーが終わったと同時にすでに全身フケだらけって子や、
シャンプーの翌日にはすえたようなストレス臭がするって子もいますもんね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

もともと肌の弱い子なんかは、よかれと思って薬用シャンプーをしたのに、
かえって皮膚病が悪化してしまうこともあります。

 

2週間に1回はシャンプーされて、どんなにきれいにしても
皮膚の赤みと発疹が消えずにいつもかゆがっていた柴犬が、
飼い主さん都合で1ヶ月くらいシャンプーしないでいたら
皮膚疾患が見事に治ったという例もあります。

 

以来、蒸しタオルで軽く体を拭く程度にして、
シャンプーもしないでいたら皮膚もきれいになり
再発しなくなったそうです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

おまけに、ひどかった噛みつきまでよくなったとか。

 

犬独特のにおいが気になるという人もいますが、
犬なんだから犬のにおいがして当たり前なんです。

 

こういった飼い主さんの過度の清潔志向が
犬を苦しめてしまっているんですね。

 

のんちゃんもるーこも、1年に2回、シャンプーするかしないかですが、
我慢できないほど臭くなることもないし、毛や皮膚がベタベタしたりということもありません。

 

乾燥が原因でのフケはどちらも出てしまいますが、
それもシャンプーするのではなく、犬用化粧水を使っていたら改善されました。

 

 

うちの子は皮膚が弱いと思っている飼い主さん、
一度シャンプーをやめたら思いがけず改善するかもしれませんよ。

 

足拭き

靴を脱いで家に上がる文化の日本で、
どうしても避けられないのがお散歩後の足拭きです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

人間にとってみれば汚れた足を拭いてから家に上がる
というのは当たり前のことですが、
これもわたしたちが思う以上に犬は嫌がっています。

 

足拭きで噛みつくようになる犬もとても多いですし、
例え噛まなくても唸ったり、鼻に皺を寄せたりと
ストレスを抱え込んでいます。

 

しかもたいていの場合、犬が嫌がるのを捕まえて足をむんずと掴んでゴシゴシと拭くので、
犬が唸ったり噛んだりというのは当たり前のことです。

 

 

うちは基本的に、お散歩後に足を拭くことはありません。

 

コンクリートの道路を歩いている以上、
拭く必要があるほど汚れることはありませんし、
雨上がりの山に行って泥んこになった時も
家に帰りつくまでに乾いています。

 

乾かなくても廊下に泥んこの足跡がつく程度なので、
犬を拭くよりは床を拭くようにしています。

 

足を拭くのではなく、濡らしたバスタオルを軽く絞って、
その上を歩かせれば十分きれいになります。

 

 

「嫌がることはしない」を意識しよう

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

あれもこれもと犬が嫌がることを書きだしてしまったので、
「こんなに気をつけなきゃいけないのか」と見るだけでうんざりしてしまって人もいるかもしれませんね。

でもよく見ればわたしたち飼い主がうっかりやってしまいがちなことが多く、
意識すればやらないであげられることですね。

 

足拭きやシャンプーなど、意識を変えなければ難しいこともありますが、
犬のストレスをなくすことを優先してあげましょう。

 

 

命令したりコマンドを出したりせず、
強要せず叱らないというのは、まったり犬育に何より必要なことです。

 

やっているという場合は、まずそれをやめてもらうことから
始めないといけません。

 

 

嫌がることをしないというのは、
噛みつきがある、吠えがひどい、散歩の引っ張りがひどい、
家に迎えたばかりの保護犬など、
ストレスレベルが特に高い犬に対しては徹底してあげることが大事です。

 

ストレスレベルが下がってから、どうしても必要なことには
少しずつ慣れさせてあげましょう。

 

本当に必要ないことは慣れさせる必要はありません。

 

 

嫌がることをしないというのは、
人間相手ならだれもが当たり前にすることです。

 

犬相手であっても同じように接してあげて下さい。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

日常生活の中で、どんなことを犬が嫌がるのかを考え、
それをやらないように意識してみて下さいね。

犬が何を嫌がるのかわかれば、
嫌がることをしないっていうのも自然に出来そうですね。

【「犬の嫌がることをしない」について詳しく読む】
「犬の嫌がることをしない」の正しい意味

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました