観光地の看板犬はストレスいっぱい?犬連れ旅行の恐るべき実態




犬のストレス

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

今やるのはちょっと違うんじゃないかって意見も多い、
「GoToキャンペーン」なるものが始まりましたがみなさまいまがお過ごしでしょうか。

 

今週末は4連休でもあります。

 

こういう連休って、愛犬を連れてリゾートや観光地、
ペット可のホテルに泊まりに行ったりする人も多いんじゃないでしょうか。

 

わたしはもともと、あまり出かけるのが好きじゃないし、
犬を飼ってからは全く行かなくなりました。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

最後に泊まりで旅行に行ったのは高校の卒業旅行です。京都に行きました。

 

犬を連れていけるところに行くって手もあるけど、
わたしはどうも気が進まないんですよね。

 

愛犬とのお出かけ、飼い主さんは愛犬も楽しんでるって思ってることが多いけど、
知らない場所に連れて行かれて、なおかつそこが人混みの観光地だったりすると、
もう犬はカーミングシグナル出しまくりのストレスまみれです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

人混みを歩いてる犬を観察してると、見かける犬全員がなにかしらのカーミングシグナル出してるんですよね。

 

それに、そんな観光地にあるお店で「看板犬」をやらされてる犬たちも、
大きなストレスを抱えています。

 

今回はそんな犬連れ旅行の実態と、看板犬のストレスについてお話します。

 

 

犬連れ観光地の実態

吠えまくる犬たち

のんちゃんを飼い始めた頃、同じ犬飼いの友人たちと何度か犬連れで遊びに行ったことがあるんだけど、
その数回でもうこりごりになりました。

 

犬を連れて旅行に行くとなると、行くところは犬連れ可のモールだったり、
カフェやホテルになると思うんだけど、そうい

うところには必ずといっていいほど
ワンワン吠えまくる犬たりがいるんです。

のんちゃんも友人の犬たちも、あまり吠えない落ち着いた大人しい子たちだったんだけど、
周りに吠える犬がいると興奮して吠えたり、リードを引っ張ったりするんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬の興奮って、悪い意味で伝染してくんですよね。

 

そんな風になっちゃうところには連れていきたくありません。

 

吠え声は、吠えている犬にとってももちろんだけど、周りの犬にも、
そして人にも非常にストレスになります。

 

そういう犬が集まる場所にはトラブルも増えるし、せっかくリゾートに行ったのに、
ちっともリフレッシュできませんでした。

 

ペット可ホテルの恐るべき実態

わたしはペット可のホテルには泊まったことはないんだけど、
よく犬連れで旅行するって人からペット可ホテルの恐るべき実態を聞いたことがあります。

 

ホテルに泊まったら、食事中にレストランで犬が吠えてるのは当たり前。

 

夜中も早朝もかまわず吠えてるからうるさくて寝られない。

 

廊下がマーキングのあとだらけで部屋がオシッコ臭がしたとか、
他の泊り客の犬にマウンティングされたり、噛まれそうになったとか。

 

そんなことがつづいたから、その人は車中泊ができる車を買って、
泊まる時は友人や知人、親戚の家に泊まるようにしてるんだそうです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

もちろん、そんなにマナーの悪い飼い主や犬、ホテルばかりじゃないと思います。

 

でも、散歩中に見かける犬や、ドッグランでのマナーの悪い飼い主を見れば、
ペット可ホテルがこんな実態だっていうのもうなずけちゃうんですよね。

 

 

「看板犬」はストレスいっぱい!

さてそんな観光地のドッグカフェやホテルには、たいていの場合、
「看板犬」なる存在がいます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

お店のホームページにもよく看板犬が紹介されていて、
その犬目当てでお店に来るお客さんもいるくらいです。

 

でも、マナーの悪い犬、飼い主が多いリゾート地や観光地で
看板犬をさせられている犬たちは、当然だけどストレスがたまります。

 

他の犬の吠え声がうるさいのはもちろん、不特定の人や犬が出入りする、
知らない人に触られる(しかもだいぶ雑な扱い)などは、ストレスの原因です。

 

落ち着いた犬というのは昼間ほとんど寝てるものだけど、
あんなうるさい場所じゃ寝たくても寝てられません。

 

「看板犬」は店の宣伝にもなるし、訪れる人には可愛くて癒しになるけど、
あくまで人間にとって都合のいい存在なだけで、看板犬という立場を
心から楽しんでいる犬はいないんです。

 

 

学生の頃、オーストラリアに行った時に寄ったカフェの庭で、
でっかいマリノワがでんっと寝そべってました。

 

ちょうどテラス席に向かい出入り口のところだったので、
またぐしかなかったんだけど、困ってたら飼い主である店員さんが、
「今その子寝てるから、店内の席にして」って言ったんです。

 

訪れる他のお客さんも、その子には全く関心を示しません。

 

こうやって、人にも犬にもかまわずに寝てられて、お客さんもマナーがいいのであれば、
看板犬も問題ないんだろうけど、日本ではこれは無理でしょう。

 

どうして日本では無理なんですか?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬を放っておくってことが日本人にはできないからです。

 

店に犬がいれば触りたくなるし、お店の人もその犬を「看板犬」のつもりで店においてるなら、
どんどん触ってもらおうとするし、寝てる犬をわざわざ起こしてまで
お客さんと一緒に写真を撮らせようとしたりします。

 

そんな状況じゃ、道をふさいで寝てるあの子のようにはいきません。

 

 

犬はお出かけを楽しんでる?

犬を連れて旅行するのが好きだって方。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

本当に犬がお出かけを楽しんでいるか、よく考えてみたほうがいいですね。

 

以前のわたしのように一人暮らしで、どうしても何日か家をあけないといけない、
特別な事情があってよそに犬を預けることができないって時には連れて行くしかないかもしれません。

 

でも、連休とかの人が多くなる時に、人がたくさん集まるような場所に、
あえて犬を連れて遊びに行くっていうのは犬好きのすることじゃありません。

 

犬にとっては迷惑極まりないです。

 

人の多い観光地に連れて行かれたイヌは、カーミングシグナル出しまくりで
本当に可哀そうな状態になってます。

 

舌をペロペロしたり、欠伸したり、お辞儀したり。

 

飼い主はウィンドウショッピングや買い食いに夢中で、
犬が嫌がってるってことにも気づきません。

 

それどころか、ストレススマイルを見て笑顔を浮かべて楽しんでる、
なんて思い込んで、犬もお出かけが好きなんだって勘違いするんです。

 

自然を満喫できるような場所に、短時間の移動で行くならいいだろうけど、
混雑する場所に長時間かけて行くってのはいかがなものでしょう。

 

移動というのは犬にとって大きなストレスになるし、
そのストレスの先に待ってるのは、人混みの中の移動というさらなるストレスです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

お出かけが基本嫌いなわたしには発狂しそうな仕打ちです。

 

もうわたし車で待ってるとか言い出しそう。

 

 

最近では犬と一緒にお出かけすることを推奨するような記事ばっかり目立ちます。

 

一緒にどこか遊びに行きたいって思ってるのは飼い主だけで、
犬のほうは家でゆっくり過ごしたいって思ってるはずです。

 

観光地で接客させられる看板犬のことも考えてあげましょう。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬を飼ってる人は、散歩だけしてあとは家でゴロゴロ過ごすっていうのが、
連休の正しい過ごし方ですよ。

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました