【連載】仕事をクビになりまして。第2話「仕事が嫌だと思った理由は〇〇〇〇」




【連載】仕事をクビになりまして

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

 

連載「仕事をクビになりまして。」の更新です。
前回、「仕事がいやだ」という思わぬ自分の本音を聞いた瀧沢かいるー。
第2話の今回は、仕事がいやだと思った理由を考えます。

プロローグから読む

前回のお話

そもそも接客業だし…っ!!!

嫌だと言ったところでどうしようもないとは
わかってるんですけどね。

 

わたしは昔から、人間関係というか、人付き合いというか、
そういうものがとにかく苦手です。

学校でのクラス替え、席替え、卒業して新しい学校での人間関係、
社会人になってからの一からの人間関係構築、大人としての人付き合い、
転職したことによるまた一からの人間関係…

知らない人と何か喋ること、長い時間同じ空間にいるということが、
本当に苦しみでしかありません。

たまにある飲み会とか、忘年会、新年会、歓送迎会、
どれも本当に苦で仕方ない。

仕事帰りにちょっとご飯食べに行こうか、っていうのすら嫌だ。

仕事終わったら早く家に帰ってひとりになりたい。

これは学生の頃から同じで、周りの同級生がマックやらカフェやらに寄り道する中、
いつもひとりだけまっすぐ家に帰るような人でした。

 

でも、周りからはなぜか、
「誰とでも気さくに話せる明るくて喋りやすい人」
だと思われてるようです。

なぜなら、こう↓↓↓だから。

 

 

必要以上に周りを気にし過ぎたり、気を遣いすぎて(自覚はある)、
必要以上にお喋りになったり、空気を読みすぎたりするから。

そして知らない内にHPがゼロになってる。

もうムリ…チーン…

そしてこれを誰に対してもやっちまうのです。

だから、働き始めて3年目になる今の職場の同僚にも、
無意識にやってるところがある。
だからいつも無意識に疲れてる。

やらないでいられる人は、本当に気の置けない友人数人のみです。

 

親友に、

「それちょっとおかしいよ?」

と言われて以来、少しマシになったとは思うけど、
長年、身に沁みついてもはや習慣になってしまったことは
そう簡単には直せないもので。

人の目を気にし過ぎてしまうのが原因なんだろうなと思います。

 

では、なんでこうなってしまったのか?

思い当たることはあります。

次回につづきます。

次のお話

 

▼1日1回「読んだよ!」のポチッをお願いします!
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました