男性が犬をアクセサリーとして飼うと質が悪い




犬との接し方・信頼関係

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

わたしが今年の3月まで働いてた職場の芝生広場に、よく愛犬を連れて散歩に来てた人がいたんです。

背が高くてがっしりした体格のいいおじさんで、カウボーイハットに革ジャン、先のとんがった靴と、
なんだか妙に気取ったおっさんでした。

 

で、その連れてる犬はっていうと…

断耳してピンっと立たせた耳のドーベルマン、チョークチェーン付である。

 

「犬をアクセサリーにする」っていうと、トイプーやチワワなど、小型犬を買って可愛い服を着せて連れまわしたりと、
女性がよく批判されてるけど、男性もこうやって犬をアクセサリー化することがあるんですよね。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

しかも、男性が犬をアクセサリーにすると、女性よりもよっぽど質の悪いことになるんです。

 

 

「力の象徴」としてのアクセサリー

女性が犬をアクセサリーにする場合、「可愛らしさ」を求めていることがほとんどです。

可愛い小型犬にリボンをつけたり服を着せたりして(ウゲェ)、あちこち連れまわしたり、SNSにアップしたりして、
周りから「可愛い!」って言われるのを喜んでるんですよね。

 

でも男性は、小型犬じゃなくドーベルマンやロットワイラー、グレートデン、ピットブル、土佐犬などなど、
いかにも強面の強そうな犬に、チョークカラーやピンチカラーをつけて、自分もキメッキメの服装をして連れ歩きます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

どうも、こういう男性は「力」への強い憧れを持っているように見えます。
そしてたいていナルシストです。

 

女性が小型犬に「可愛らしさ」を求めるように、男性は強面の大型犬に「力」とか「強さ」とか、
そういったものを求めてるんです。

そういう犬を連れていると、自分が「力」を持った「強い」存在になったように思えるんでしょうね、きっと。
実際、大型犬を従えてる男性って、そう見えますもんね、残念ながら。

つまり、キメッキメの男性は強面犬たちを、「力の象徴」としてのアクセサリーとして連れ歩いてるんです。

 

 

しばしば起こる「虐待」まがいのしつけ

「力の象徴」として大型犬を飼った男性は、しばしば自分の力を見せつけるかのように、犬に虐待まがいの
体罰を使った厳しいしつけを行います。

いかにも強そうな強面の犬を屈服させて、言うことを聞かせて、指示通りに動かすのはさぞ気分のいいことなんでしょうね。

近所の秋田犬を飼ってる男性もまさにそうで、体の大きいがっしりした虎毛の秋田犬くんを太いしめ縄のようなリードでつないで、
庭先でトレーニングしているのをよく見かけますけど、首根っこつかんで地面にフセさせたり、ちょっと反応が遅れると叩いたりと、
虐待まがいどころかもはや完全に虐待です。

「犬のリーダーにならなければいけないから」とか、「上下関係が大事だから」とかもっともらしい理由をくっつけてるけど、
ようは自分の支配欲を満足させたいだけだろって。

 

体罰を受けてる犬は、攻撃的な場合がとても多く危険です。

職場に散歩に来てたドーベルマンも体罰を使われているようで、同じように散歩に来たパピヨンちゃんぬ向かって突進していったそうです。
もちろん、飼い主の制止なんて聞くわけもなく、リードを引きちぎる勢い突進してきて、パピヨンの飼い主さんは慌てて建物内に避難したそうです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

60㎏はありそうな大きな強面犬が自分に向かって突進してくるっていうのはなかなかの恐怖ですよね。

 

 

犬に「アクセサリー」であることを求めるな

だいたい、力任せのしつけをしている人に限って、犬は全くその人の言うことを聞かないものです。

だから、「力」を求めている飼い主は余計に厳しく叱りつけて、そうなると犬はますます言うことを聞かなくなるっていう悪循環です。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そりゃそうだ。

 

信頼関係も絆もなく、ただ飼い主の「力」を示すアクセサリーとして飼われて、厳しいしつけをされてきた犬の心は限りなく飼い主から遠いんです。

世間ではこういった強面の犬にこそ体罰を辞さない厳しいしつけが必要という風潮がいまだにあるけど、
それこそ外見で判断しちゃいけないですよね。

強そうな大型犬こそ、罰を使わない、叱らない接し方をして育てて、人との絆をしっかり築いて、間違っても自分より弱い相手を攻撃することがないようにしないといけないんです。

 

犬は自分の「力」への欲求を満たすアクセサリーでも、支配欲を満たすためのものでもありません。

しっかり向き合って、「友達」「家族」「仲間」として関係を築いていきましょう。

 

【大型犬にこそ優しい接し方を】
「犬に優しいやり方」が合わないのは犬ではなく飼い主のほう

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました