愛犬の問題行動の予防と対処その2「飼い主の接し方の改善」




問題行動

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

 

 

3回に渡って、愛犬の問題行動の予防と対処法についてお話しています。

 

 

まったり犬育では愛犬に何かしらの問題行動が見られる場合、
犬に苦痛やストレスをかけず、逆にストレスを減らすことで
問題行動を軽減していくやり方をしています。

 

基本的な対処法は以下の3つです。

 

 

2回目の今回は、飼い主の接し方の改善についてお話していきます。

 

 

普段何気なくやっている行動や、無意識の行為が、
実は犬のストレスの原因になり、飼い主さん自身がストレッサーになっている
ということはけっこう多いのです。

 

逆に飼い主さんが意識して犬のストレスになるような行動をやめれば、
それだけの問題行動の大幅な改善が期待されます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

これは問題行動の予防にもなるので、
今のところ困っていないという飼い主さん、
これから犬をお迎えする予定のある飼い主さんも
ぜひ読んでみて下さい!

 

 

改善すべき接し方のポイントは?

犬というのは基本的に、声が大きい人や大袈裟な動きをする人、
あわただしく動く人などが苦手です。

 

人間でも、こういう人は苦手だという人多そうですね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

ちょっと時間過ごすくらいなら大丈夫だけど、
家でずっと一緒に過ごすとなると少し声を小さくしてと思ったり、
大袈裟に動いたりドスドス歩くのをやめて欲しいと思うでしょう。

 

犬に対しても、それをやらなければいいのです。

 

自分がどういう人と一緒にいて落ち着くかを考え、
犬にとって落ち着ける人になりましょう。

 

 

改善すべき5つのポイント

1.静かで落ち着いた動作を心がける

問題行動がある犬もない犬も、
基本的に騒々しい人や落ち着きのない人は苦手です。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

動物というのは全般的に動きの少ない静かな人が好きなんです。

何もしていなくても犬が自分からそばに寄っていくという人は、
たいていの場合、物腰穏やかで落ち着いた静かな人ですよね。

 

なので第一に、意識して自分自身がなるべく静かに、
ゆっくりゆっくり動くようにしましょう。

 

歩く時も慌てて走ったり、ドスドス足音を立てたりしないで、
ドアの開け閉めも最後までドアノブから手を離さずに
ゆっくりゆっくりやるんです。

 

なんだか大変そうですね・・・

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

日常的に意識すればすぐになれますよ。

 

友人の愛犬はペットショップで閉じ込め虐待されていた子で、
友人が引き取った時はかなりの怖がりでちょっとの物音や人の動きにも怯えていました。

 

友人が慌てて立ち上がったり、家族がドスドス歩いたりするだけで
いつも怖がって逃げてしまっていたそうです。

 

そういう怖がりな子の場合は特に、
動きには気をつけてあげないといけません。

 

恐くて逃げ場がないと、窮鼠猫を噛むで、
飼い主さんに噛みついて噛み癖がついてしまうこともあります。

 

2.大きな声を出さない

大袈裟な動作や素早い動きとともに、
大きな声も出さないようにしましょう。

 

怒った声はもちろん、誰かを読む時につい大きな声になってしまうのや、
大袈裟な褒め言葉も犬を興奮させるし、怖がりな子は怯えてしまいます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

女性は特に声が大きく、また高いことが多いので、
普通に喋っている時も気をつけないと耳障りな声になります。

 

犬がいるところでは静かに話しましょう。

 

そして、犬に話しかける時は、優しく囁くようにが基本です。

 

いつも優しい声で話していると、
散歩中予期せぬトラブルが起きた時についつい大きな声で
「あ、危ない!」と言った時に犬の反応がいい気がします。

 

いつも囁き声で話しているのに急にちょっと大きな声を出すと、
「なになに、どうしたの?」てなるんですかね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

逆に、いつも大声で犬に話しているとそれが当たり前になってしまうので、
本当に危ない時の大声にも反応いしないことがあります。

 

3.命令・コマンドを出さない

それから、命令口調は犬を怯えさせるので要注意です。

 

犬だけじゃなくて人間だって嫌ですよね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

命令したりコマンドを出したりして、
犬をコントロールしようとする発想自体変えることが重要です。

 

問題行動が見られるようになると、
犬をコントロール出来ていないからだというトレーナーがいまだにいます。

 

そこで、犬に命令しコマンドを出して言うことを聞かせ、
犬に恐怖や不安を与えながらコントロールしようとします。

 

でも、問題行動の原因は何度も言っている通り、
恐怖や不安、それにともなうストレスです。

 

これはアメリカの獣医学会も言っていることです。

 

なので、犬に恐怖や不安を与えコントロールするようなやり方は逆効果なんです。

 

 

それから、あれこれ指示を出さないというのは
犬自身に色々と考えさせるために必要です。

 

学生時代のトレーナー講師は、犬には自分で考えて行動させてはいけない、
人間がコントロールしなければいけないと言っていましたが、大間違いです。

 

犬が自分で考えたり、自分の意思を持ったりすると
大変なことになるという都市伝説がいまだに根強く信じられてしまっています。

 

でも犬は人間に従順になることで食べ物や安全な寝床を手に入れてきました。

 

それが出来ない犬は人間に淘汰されてきたんです。

 

人間の生活に適合した行動をするっていうのは、
もともと犬の習性なんですね。

 

昔の犬は何も教えなくてもいい子にしてましたが、
色々教えられている今の犬たちは問題行動だらけです。

であれば、犬に必要ないことまであれこれ指示して教えるということが、
問題行動の大きな原因だと考えるのが自然ではないでしょうか。

 

あれもこれも教えてやめさせようとしなくても、
環境を整えて穏やかに接していると、
犬は落ち着いて極端な問題行動はしなくなります。

 

それを待ってあげましょう。

 

4.叱らない

最近では犬に命令しないと言いながら、
「ダメ」「ノー」「イケナイ」をはっきりした口調で連発し、
一方で大袈裟に褒めるというやり方が主流になってきているようですが、
これはやめておきましょう。

 

困った行動を「ノー」なんて言って叱ってもまずなおりません。

 

でも、叱ったことで犬が動きを止めたり、
問題行動をやめたりしますよね?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

それは、叱ったことで犬が理解したわけではなく、
叱ったことで犬を怖がらせてしまったと考えたほうがいいです。

 

こういうことをやっていると、飼い主を様子を常にうかがう
ビクビクした犬になってしまいます。

 

飼い主がストレッサーになってしまうので、
犬にとっても飼い主にとってもよくありません。

 

 

「ノー」や「ダメ」などの言葉は叱っているわけではなく、
いけなことをやめさせるためのコマンドだって
説明するトレーナーもいますよね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でも、例え飼い主は叱っているつもりはないのだとしても、
「ノー」なんかの否定的な言葉を発すれば、
犬は雰囲気で飼い主は自分のことを快く思ってないのだということを察します。

 

出来るだけ感情を出さずに「ノー」と発するようにと言われても、
ためしに犬のいないところで「ノー」と言ってみるとわかると思いますが、
否定的な言葉にはどうしても否定的な感情が出てしまうんです。

 

その否定的な感情は、犬を不安にさせます。

 

いつも「ノー」だの「ダメ」だの言われている犬は自分に自信がなく、
いつもビクビクして飼い主の顔色を窺っている子が多いです。

 

それにコマンドのつもりで「ノー」と言っているのだとしても、
コマンドを出されることが犬のストレスになるというのは先ほども説明した通りです。

 

 

また、いつ「ノー」と言われるかわからないので、
自発的に行動を起こすことが少なくなります。

 

そして一番問題なのは、飼い主さんが「ノー」と言いたくなるような犬の行動は、
実は問題行動ではないことが多いんです。

 

どれもこれも犬の本能的な行動で、飼い主さんには困った行動でも
犬にはそれをやる理由がちゃんとあるんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

なぜ犬がその行動をやるのか、叱ってやめさせるのではなく、
理由を見つけてあげることが飼い主の仕事です。

 

例えば飼い主が部屋から出ようとすると噛みつく犬は、
子犬であればじゃれているのだろうし、
分離ストレスによる行動の可能性もあります。

 

コーギーは家畜の足に噛みついて群れをまとめる仕事をしていたので、
よく部屋を出ようとする飼い主の足に噛みついて群れに戻そうとするという話を聞きます。

 

 

なぜその行動をやっているのか、
叱ってやめさせるのではなく、理由を見極めて対処しましょう。

 

いずれにしろ「ノー」と言ったところで解決しません。

 

5.しつこく撫でまわさない、話しかけない

接し方で大事なのが、犬をしつこく撫でまわしたり触ったり、
何かあるたびにいちいち話しかけないということです。

 

犬の方から寄って来て撫でてくれとお腹を見せたり、
顔を近づけて来たりした時にだけ、落ち着いて2、3回撫でてやり
あとはそっとしておきましょう。

 

常に犬の方を気にして見たり、ひとりごとのようにずっと話しかけているというのも、
犬にとっては落ち着きません。

 

ついついやりがちなことですよねえ。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

撫でたり話しかけたりというのが癖になってしまっている
飼い主さんは多いので、日常的に意識してやめていくことが大事です。

 

うちの子は人間に撫でられたり構ってもらうのが好きで、
いつも人間のそばにいたがってちょっとでも離れると寂しがる
と信じ込んでいる飼い主さん、特にチワワなどの小型犬の飼い主さんに多いですが、
実のところ犬がうざがっていることが多いです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

自分だって家族や同居人に同じことされたらいやではないでしょうか。

自分がされて嫌なことは犬にもやっちゃダメってことですね。

 

 

自分にとって落ち着ける人に自分がなる

犬にとってどう接してあげればいいのかと考える時、
自分だったらどういう人と一緒にいると落ち着くかを考えましょう。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

大きな声騒々しく喋る人よりも、
落ち着いた静かな声で話してくれる人のほうが一緒にいたいんじゃないでしょうか。

廊下をドスドス歩いたり、大袈裟なアクションをしたり、
ドアをバタンッと閉めるような人は一緒にいてもうるさいし落ち着きませんよね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

いつもブツブツ独り言を言っているのかと思ったら実は自分に話しかけていたり、
そばに来るたびにあちこち撫でて来る人なんて仕事でも一緒にいたくないレベルですね。

 

犬にとって自分がそういう人になっていないか、
よく考えてみましょう。

 

自分が人にやって欲しくない行動を、
一つ一つ意識してやめていくんです。

 

家族や友人に自分を客観的に見てもらうのもいいでしょう。

 

 

自分が一緒にいたいと思うような人、
一緒にいて落ち着ける人に自分がなりましょう。

 

そうすると、犬にとって一緒にいて落ち着ける飼い主になれるんです。

 

次回は、ストレスマネジメントについてお話します。
》愛犬の問題行動の予防と対処その3「ストレスマネジメント」

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました