愛犬の噛み癖や攻撃行動はあなたの無意識の乱暴が原因かも?




犬との接し方・信頼関係

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

今回は、犬の噛み癖や攻撃行動は、飼い主の乱暴な接し方が原因かも?
ということについてお話します。

 

わたしはいつも、アニマルプラネット(CS放送)でやってる、
「猫ヘルパー~猫のしつけ教えます~(原題:MY CAT FROM HELL)」
という番組が好きでよく見ています。

 

猫を愛してやまない猫ヘルパー、ジャクソン・ギャラクシー氏が、これでもかと狂暴になったり、
あちこちオシッコしたり、喧嘩ばかりする同居猫や、夜中の3時に犬のような遠吠えをするようになったりと、
ありとあらゆる問題行動を抱えた猫と、その飼い主さんたちを豊富な知識と確かな経験で
改善に導いていくという内容です。

 

ジャクソン氏はこの通り、めっちゃファンキーなおっさん。

 

 

かなりいかつい風貌でご立派な刺青(よく見れば猫)、ダメ押しのようにスキンヘッド。

 

しかし見て下さい!

 

彼の猫への愛に満ち溢れたまなざしを!

 

どんな猫でもこの深い優しさと愛情、慈しみの心を持って接し、
多くの猫と飼い主を救って来たまさに「CAT DADY」なんです!

 

この風貌で愛車がピンクのオープンカーとかいうんだからそのギャップに愛おしさが止まらない。

 

さてそんなキャットダディ・ジャクソン氏の猫への接し方と問題解決の手法を、
わたしは毎回犬への接し方と問題解決の参考にさせてもらってます。

 

番組には飼い主や同居猫に飛び掛かって、噛みついたり引っかいたりと
攻撃的な猫がたびたび登場します。

 

そんな猫の飼い主にジャクソン氏がよく伝えている原因が、
「あなたの乱暴な接し方がいちばん悪い」ってこと。

 

これは猫だけでなく、犬の攻撃性の場合もその原因は飼い主の乱暴な接し方
って場合が多くあります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

多くの飼い主さんは、自分が犬や猫に乱暴な接し方をしているなんて気づいてませんからね。

 

ただ遊んでいるだけのつもりだったり、犬猫は喜んでいると勘違いしている
ってことがほとんどです。

 

でも、飼い主の無意識の暴力にさらされている犬猫は、
「やめて」「嫌だよ」と必ず意思表示をしています。

 

その意思表示を無視したり、気づかないでいると、犬猫たちは自分の身を守るために
攻撃するようになってしまうんです。

 

自分は犬猫に乱暴なことはしていないはずなのに、なぜか愛犬(愛猫)が
自分に攻撃的だとお悩みの飼い主さん、ぜひ読んでみて下さい!

 

 

無意識の「乱暴な接し方」とは?

乱暴な接し方をしてしまっている飼い主さんは、多くが無意識です。

 

いくつかのパターンがあるのでご紹介しましょう。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

自分があてはまっていないか、考えながら読んでみて下さい。

 

溺愛の度が過ぎているケース

まず一つ目は、飼い主さんは愛犬・愛猫を可愛がっているつもりなんだけど、度が過ぎているというケースです。

 

例えば、番組でやってた攻撃的な猫とその飼い主さんのケースを紹介すると、
飼い主は根っからの猫好きで、愛猫がなにをしても許しちゃうという超絶溺愛タイプでした。

 

愛する猫が可愛すぎて可愛すぎて、ついつい赤ちゃんのように接してしまいます。

 

抱っこする時もまるで人間の赤ちゃんを抱っこするように、仰向けにしてお腹を撫でて、
そのままお腹に顔をうずめてキスをするって状態でした。

 

これは一見、可愛がっているように見えるけど、猫にとっては大迷惑です。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

この様子を見たジャクソン氏の唖然とした顔は見ものでしたよ。

 

抱き上げられる時、猫は嫌がって飼い主の腕に爪を立てて、高い声で鳴いて抗議してるし、
お腹を撫でる手には噛みついています。

 

キスされた時には飼い主の顔を蹴り上げていました。

 

抱っこされると毎回こんな状態なので、猫は抱っこされることを嫌がって、
少しでも飼い主が近づいてくると臨戦態勢になり、それに気づかない飼い主が
そばに来ると引っかいて攻撃していました。

 

犬にとっても猫にとっても、お腹は急所であり、弱い部分です。

 

リラックスしている状態で自分から寝転んで見せることはあるけど、
抱っこされて無理矢理仰向けにされて、挙句に撫でまわされたり顔をうずめられたりされたら
たまったもんじゃないでしょう。

 

撫でたり顔をうずめたりっていうのは、可愛がっているつもりでやっている飼い主さんがほとんどだろうと思います。

 

でも犬猫にとってみればいつ急所を攻撃されるかわからない、非常に危険な状態なんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

必要以上にお腹を触るというのは、たとえ信頼関係ができていたとしても
やっちゃいけない行為なんですよ。

 

また、小型犬の飼い主さんは愛犬をいつも抱っこしてるって人が多いです。

 

歩いている愛犬を捕まえて抱っこして膝にのせてみたり、部屋を移動する時にも愛犬を抱っこして連れて行ったり。

 

これも、常に愛犬と一緒にいたいという気持ちから、もしくは「この子はわたしと離れると寂しがる」という思い込みからでしょう。

 

でも、どこかに移動しようとしている時に捕まえられて膝にのせられ(=拘束)たり、
自分はこの部屋にいたいのに飼い主が移動するたびに抱っこされて移動させられたりしたら、
だんだん飼い主に不信感を持つようになって、抱っこされるのを嫌がって噛みつくようになることもあります。

 

可愛がっているつもりの行動でも、犬猫にはそれが迷惑極まりないものだったり、
乱暴な接し方になってしまっているケースはよくあります。

 

遊びが乱暴なケース

二つ目に、遊びが乱暴になってしまっているケースがあります。

 

特に犬は、引っ張りっこや追いかけっこ、プロレスごっこなど、
多少乱暴な遊びのほうが喜ぶと誤解している飼い主さんが多いので、
遊びによる攻撃行動が起こりがちです。

 

以前あったのが、飛び掛かってくる犬の体を押して突き飛ばす、というのを永遠を繰り返す遊びをやってたら、
いつの間にか飛び掛かる時に噛みつくようになってたってことがありました。

 

犬の遊びを真似してプロレスごっこをしたり、犬の顔を両手で挟んで振ったり(は?)、
手をおもちゃにして遊んでいたら噛むようになったってこともあります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

また、子どもが犬の尻尾をつかんで遊んでいたら噛むようになった、という
そりゃあ当たり前だわってこともありました。

 

犬と遊ぶ時は必ずおもちゃを使って、間違って人間の手を噛んで来たら「イタッ」と言って
すぐに遊びを中断します。

 

【子犬の甘噛み・噛み癖の正しい対処法】
子犬の甘噛み・噛み癖への間違った対処法と正しい対処法

 

また、犬と遊ぶ時は過剰に興奮させないで、犬が自分で興奮を鎮められるようにします。

 

それができない時は飼い主が遊ぶ時間を計算し、5分遊んだら休憩というようにしてあげましょう。

 

ボール投げやディスク遊びをいつまでもやっていると、興奮がなかなかおさまりません。

 

それを毎日繰り返していると、興奮が鎮まらずにストレスが積み重なって、
結果、攻撃的になるってことがあります。

 

猫の場合も、子ども相手に追いかけっこをして遊んだり、手をおもちゃにして遊んでいると、
人間を噛んだり引っかいたりするようになります。

 

乱暴な遊びは犬猫に攻撃行動を教えてしまうことになります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

過剰に興奮させてそれがストレスにならないよう、正しい遊び方をしてあげましょう。

 

「しつけのつもりだった」というケース

1歳未満の子犬や子猫の攻撃性で多いのが、「しつけのつもり」で乱暴な接し方をしているってケースです。

 

先日放送された番組で、「母猫のしつけを真似して子猫の首を噛んでダメなことを教えたら、
攻撃的になった」って飼い主さんがいました。

 

猫も犬も、母親が子どもの首元を噛んだりするのを見かけることがありますけど、
犬猫の顔周りと歯の根元には高感度の圧受容器があって、それで力加減を絶妙に調整してるんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

当然だけど、人間にはこんなことできませんからね。

 

ジャクソン氏も、「母猫の真似が人間にできるはずがない」って言ってました。

 

よく、母犬、母猫がこんな風に子どもをしつけているから、それを真似して、
鼻をピシッと叩いてみたり、首根っこをつかんでしつけをすると効果的だって言うトレーナーいますけど、
これはとても危険なことです。

 

母犬や母猫の真似は人間には到底できないことです。

 

真似しているつもりでそんなことをやると、子犬、子猫を傷つけてしまって、
結果的に身を守るために攻撃的にしてしまうことになります。

 

母犬や母猫がやるしつけは、犬猫だからこそできることなんです。

 

しかも「しつけのつもり」でやっている場合、攻撃的になった犬猫をしつけるために
さらに乱暴な接し方を重ねることになるので、最悪の悪循環です。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

殴る・蹴るやリードショックなどのいわゆる体罰を繰り返していたら攻撃的になった、
っていうのはもはや当たり前のことなので、ここではあえて詳しくは書きません。

 

 

自分の接し方を見直そう

  • 溺愛の度が過ぎている
  • 遊びが乱暴になっている
  • しつけのつもりで乱暴な接し方をしている

 

以上3つの「無意識の乱暴」パターンを紹介しました。

 

多くの飼い主さんは気づかずにこれらをやって、愛犬・愛猫を攻撃的にしてしまっています。

 

無意識なのでまさか自分の接し方が悪いとは思ってないし、どうして犬猫がこんなにも
自分に攻撃的なのかわからなくて途方に暮れている方も多いでしょう。

 

番組に登場する飼い主さんたちもジャクソン氏に指摘されるまで気づかずに、
もう改善なんて無理なんじゃないかって諦めかけている人が多くいました。

 

でもこれら「無意識の乱暴」が原因である場合は、飼い主さんが意識して自分の接し方を改めればいいだけなので、
徹底して正しい接し方を守れば改善も早いことが多いんです。

 

本当はこういった乱暴な接し方ははじめからしないのが一番です。

 

そのためには犬猫の「やめて」「嫌だよ」と伝えてくれるカーミングシグナルを見逃さないことです。

 

はじめは、舌をペロッとしたり、顔や目を背けたりという、見逃してしまいがちな小さなシグナルです。

 

でも、犬の言葉であるボディシグナルをぜったいに見逃さない!ってくらいの気概で見ていれば、
どんな小さなシグナルにも自然と気づけるようになります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

あなたも普段から、意識して自分の接し方が乱暴になってないか注意してみて下さい。

 

【犬の言葉「カーミングシグナル」とは?】
「カーミングシグナル」飼い主なら知っておきたい『犬の言葉』の正しい知識

 

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました