「何もしない」犬との関係構築の基本




基本理念

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

 

 

コチラの記事「まったり犬育「基本理念」…犬と友達になるために」では、
まったり犬育の3つの基本理念についてお話しました。

まったり犬育3つの基本理念

  1. 犬を叱らない
  2. 犬に服従訓練をしない
  3. 犬の嫌がることをしない

 

3つとも何かを「しない」なんですね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そうです。まったり犬育の基本は、
犬に対して「何もしない」ことです。

 

「何もしない」というのは、犬のストレスマネジメントを行う上で、
基本中の基本です。

 

愛犬との関係が悪化してしまっている飼い主さんから相談を受けた時、
わたしはまずストレスマネジメントをやってもらうようお願いします。

熱心な飼い主さんであればあるほど、
厳しいトレーナーについて学び、たくさんのコマンドを使って
愛犬に言うことを聞かせることで関係構築、
問題の解決をはかろうとします。

 

でも、トレーニングをしてコマンドを使うやり方では、
100%上手くいきません。

というか、上手くいったという例を見たことがありません。

 

わたしに相談を寄せて下さる飼い主さんの多くが、
その程度はどうあれ少なからずコマンドを使ったトレーニングを愛犬にやり、
その結果関係が悪化してしまってどうにも困ってしまっているという状況です。

 

一見、噛みつきや飛びつきなどの問題行動が、
トレーニングによってよくなったように見えることもあります。

でもその裏で、自傷行為や常同行動などの、
新しい形で問題が出て来ることが多いんです。

 

そこでわたしはいつも、飼い主さんに「何もしないで下さい」
とお願いするんです。

「何もしない」ことで、こじれてしまった愛犬との関係を
一度リセットするのです。

 

とはいっても、「何もしない」ってどうすればいいんですか?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

慣れるまではちょっと難しいかもしれませんね。詳しくお話します。

 

愛犬との関係が悪化してしまっているという飼い主さんはもちろん、
これから犬を飼う予定の方にも、犬との関係構築に欠かせないことなので
ぜひ読んで欲しいです。

 

 

「何もしない」は犬との関係構築の基本

ストレスマネジメントを始める時、
まったり犬育の基本理念である「叱らない」「服従訓練をしない」「嫌がることをしない」
に加えて、「何もしない」ということを飼い主さんには徹底してもらいます。

これはすでに愛犬との関係がこじれてしまっている場合はもちろん、
里子を迎えるとか、一時預かりとか、買ってくるとか、
犬を新しくお迎えする時にも重要なことです。

ぜひ覚えておいて下さい。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬が新しく家にやって来た時、
わたしたちはまずどうしていますか?

そうですね…考えに考えた名前をつけますかね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そうですね。それで、その名前をしょっちゅう呼びながら
みんなで構ってしまいますよね。

そうですね…良くないと思いながらも、
ついつい構ってしまいます。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

実はこれが一番よくないんです。

 

犬をお迎えする時も、すでにこじれた関係をリセットする時も、
「何もしない」ことが大事です。

 

数日間は食事の世話と散歩だけして、ジロジロ見たり、
うるさく話しかけたり、触ったり撫でたりしないようにしてあげます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

特に日頃から厳しくしていて、そのことに自覚と罪悪感がある飼い主さんは、
罪滅ぼしの意識なのか何もないのに愛犬に話しかけて甘やかしがちです。

ギクッ…

 

厳しくしている自覚があって、罪悪感があるのだとしても、
そっとして放っておいたほうが大事です。

そっとして、落ち着かせてあげるんです。

 

悪いことをしたら無視をしましょうというような、
愛情遮断や無視とかの罰ではないので、
目が合ったらにっこりして瞬きとかのカーミングシグナルを出してあげて、
「大好きだよ」と伝えてあげます。

 

犬のほうから寄ってきた時も撫でちゃダメですか?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そういう時は、瞬きして舌をペロッとしたり、
顔を背けるとかのカーミングシグナルで応えてあげて、
あとは知らん顔のほうがいいです。
犬に触るのはもっと落ち着いてからですね。

 

構わないということが出来ないせいで、
犬を興奮させてしまっている飼い主さんは多くいます。

この構いすぎが分離不安の原因にもなっていることが多いんです。

 

 

関係構築は少しずつ

「何もしない」を続けていると、だんだん犬が落ち着いてくるのがわかります。

 

だいたいどれくらいで変化がわかりますか?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

早ければ1週間ほどです。もちろん個体差はありますよ。

 

そしたら、少しずつ関係を築いていきましょう。

犬がそばに来たら、犬の横に座ってそっと撫でてあげることから始めます。

 

のんちゃんのような神経質な子は、ご機嫌でゴロゴロしている時や、
お散歩後に満足して落ち着いている時なんかに、
ちょっと耳の後ろをかいてあげるところから始めます。

 

はじめは一撫ででいいのです。

この時に小さな声で「いい子だね」と囁くのもいいですが、
何度も繰り返すとうるさいので1回だけにしましょう。

 

人がそばに来ることを警戒するようになってしまっている子は、
警戒しなくなるまで「何もしない」を続けます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そばに近づくと耳を伏せたり、体を固くしたり、
顔を背けて舌をペロッとするのは緊張している証拠なので、
そういう行動が見られた時は近づくのをやめてあげて下さい。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

また、区別がつきにくいですが、
近寄って来た飼い主に対してお腹を見せるのも緊張しているため
であることがあります。

お腹を見せるのって相手を信頼しているからじゃないんですか?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そういう場合もありますが、「もうやめて「近寄らないで」
のカーミングシグナルのことも多いんですよ。

どうやって見分ければいいんでしょう?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

体の力の抜け具合や、表情が強張っていないかなど総合的に見て、
緊張しているのか「撫でて~」の合図なのか判断してあげて下さい。

 

特に噛み癖のある子の場合は、判断を間違えて撫でてしまうと
噛んでくることがあるので、要注意です。

 

犬の緊張が解けない時は

なかなか犬の緊張が解けない時はどうすればいいんでしょう?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

少し離れたところから、横向き、お辞儀、瞬きなどの
カーミングシグナルで会話して「嫌なことはしないよ」と伝えてあげて下さい。

 

特に噛みつきがある子は慎重にしないといけません。

かつて噛んだ時と同じ状況にしてはいけないからです。

 

噛みつきがある子が、人がそばにいる時に唸ったり歯を剥きだしたりしたら、
絶対叱らずにすぐに離れてあげて下さい。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

唸っている犬を叱ってはいけません。
唸るのを叱っているうちに、唸りを飛ばしていきなり噛むようになってしまったら、
関係は一気に悪化します。

 

散歩中も黙って歩く

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

散歩中も「ツケ」や「マテ」などのコマンドは、
一切使わないようにしてあげて下さい。

どうしてですか?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬にリラックスして歩いてもらうためです。
黙って歩くというのは犬との関係構築に重要ですし、
まったり散歩の基本でもあります。

 

まったり散歩は、リードが張った時に固定して、
言葉ではなくボディランゲージで行きたい方に体ごと向けて
「こっちに行こうと」と誘うことから始めます。

なので、言葉には出さずに自分の体の動きと
それに対する犬の反応に集中しましょう。

 

それと、散歩の時はハーネスとロングリードで
自由ににおい嗅ぎをさせるというのが大切です。

 

まったり散歩では最大限、犬に自由に歩いてもらうことを大事にしているので、
「ツケ」「マテ」などのコマンドを使うことは原則として禁止です。

 

熱心な飼い主さんほどトレーニングモードになって
「ツケ」などを教えたがるのですが、
それよりも静かで落ち着いた場所に連れていって、
犬の自由に歩かせてあげたほうがよほど良い関係を築けます。

 

まずは「何もしない」で関係構築をはかった方が、
普段から意識のどこかで飼い主さんを気にして歩いてくれるようになるので、
いざという時に飼い主のほうを見てくれるようになります。

その時にボディランゲージで誘導してあげると、
コマンドを使うよりも上手くいきます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

それから散歩におやつを持っていく飼い主さんは多いですが、
まったり犬育では基本的におやつは使いません。

落ち着いて歩けたことに対するご褒美におやつを使う飼い主さんは多いですが、
おやつというのはかえって犬の興奮をあおり、正常な判断が出来なくなってしまいます。

飼い主のコマンドに従って上手く歩けることではなく、
犬が自分で判断して落ち着いて散歩できることが目標なので、
おやつは使いません。

上手くいった時にはにっこりしてうなずくくらいでいいのです。

 

おやつがあると楽だなあって思っちゃったりするんですけど…

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

あまりおやつパワーに頼りすぎると、
一見上手に出来ているように見えても
おやつを使わないと何もできないということになってしまうんです。

おやつがないと出来ないっていうのは、
本当の意味で出来ることにはならないんですね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

その通り。
おやつは散歩の途中の公園なんかで、犬も人も落ち着いて食べれば
リラックスすることが出来ますよ。

 

 

問題行動の改善にも「何もしない」が大事

問題行動にお悩みの飼い主さんも、いきなり改善に取り組みのではなく、
まずは愛犬との関係をリセットして再構築することが必要です。

 

再構築までにはどれくらいかかるんですか?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

明確には言えないですね。犬によっても違いますし、
関係が悪化してからどれくらいたっているかにもよります。

じゃあ、犬がどうなったら関係が再構築出来たってわかりますか?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

目安としては、飼い主さんがいる部屋で犬が完全に
くつろげるようになったらですね。

 

それまでに1週間でいい子もいますし、
1ヶ月、3ヶ月、半年、1年かかる子もいます。

 

参考までに、のんちゃんは5ヶ月ほどかかりました。

サークルに引きこもっていたのんちゃんが自分から外に出て来て、
部屋の真ん中で横倒しで寝るようになったので、
大丈夫だと判断しました。

今はわたしがいてもいなくても好きなところで寝ています。

 

相談を受けた飼い主さんの話を聞いていると、
「何もしない」を徹底しているとだいたい1週間ほどで
変化が現れて来ることが多いです。

ずっと興奮しっぱなしで家族の誰かにつきまとって吠えたてていたり、
散歩の時に目を血走らせてグイぐう引っ張ったり、
手を出されると噛みついてきた子が、「何もしない」を徹底すると
みるみる落ち着いて、お気に入りの場所で寝るようになるんです。

写真を見せてもらうと、表情が違うのが一目でわかります。

 

 

「あれこれやる」のが一番よくない

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

愛犬に問題行動が現れると、飼い主さんはそれを直そうと
あれこれ試してみますよね。

そうですね。ネットで調べたり、トレーナーさんに聞いたり…
コマンドを教えたり、毎日30分仰向けにしたり、
散歩の時に首が吊るほどリードを短く持ったり。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

その「あれこれやる」のが一番よくないんです。

 

相談をくださる飼い主さんの多くが、
問題行動を直すためにあれこれやってみたけどちっとも改善しなくて、
むしろ悪化してしまったという状態になっていることが多いです。

 

トレーニングも上手くいかない。
トレーナーに教えてもらったコマンドも聞かない(トレーナーがやると出来る)。
毎日仰向けにしているけれど毎回ものすごい暴れようでちっとも落ち着かない。
撫でようとすると噛む。
ほんと困った。

そんなことを言う人がとても多いのです。

 

なのでわたしは、その飼い主さんたちにも
「何もしないで下さい」とお願いするんです。

 

トレーニングに通うのも、コマンドで言うことを聞かせようとするのもやめて下さい。

仰向け抱っこなんてもってのほかです。

触ろうとすると噛むなら噛まなくなるまで
触らないで下さい。

 

ご飯をあげたり、散歩に連れて行ったり、
必要であれば薬を塗ったり、
必要最低限のお世話だけしてあとは犬の自由にさせておいて下さい、
とお願いするのです。

 

 

「何もしない」とは?

「何もしないで下さい」

 

そういうと多くの飼い主さんは戸惑います。

 

コマンドトレーニングを頑張ったり、トレーナーについてトレーニングを学んだり、
それまで犬に何かを「する」ことで問題改善をはかってきた飼い主さんは、
それまでやっていたことを全部やめて「何もしない」でいるというのは、
それだけで不安なんでしょう。

さらに、犬が退屈してしまわないか心配だし、
退屈した犬がいたずらしないか不安にもなります。

 

でも、実際にこの「何もしない」を徹底してみると、
犬はみるみる笑顔になり、穏やかで落ち着いた生活が出来るようになるんです。
もちろんそうなるまでに個体差はありますが。

 

決して退屈なんてしないし、むしろ楽しそうで元気いっぱいです。

のんちゃんは山に行った時も、まったり歩きつつ
地面に鼻をくっつけて何かのにおいを追跡してとても楽しそうです。

るーこはマツボックリやドングリを見つけて
おもちゃにするのが大好きです。

そういう時に犬たちはとても生き生きしています。

 

犬たちに穏やかで落ち着いた日々を過ごしてもらうには、
飼い主は犬に必要ないこと、負担になるようなことは
「何もしない」を徹底する必要があります。

 

叱ったりしない、コマンドを出したりしない、
命令に従わせようとしない、嫌なことをしない、
サークルに閉じ込めたりしない、仰向け抱っこをしない。

 

「何もしない」ことでストレスの原因を徹底的に排除し、
ストレスレベルを下げていくんです。

苦手なことに慣れさせ、留守番をさせたりするのはその後です。

 

まったり犬育はこれにつきますし、逆に言えばそれらしい「すること」
といえばこれだけなのです。

「やっている感」が全くないので効果を実感するには時間がかかるし、
次の目標があってそれを目指すというものでもありません。

 

犬のしつけを頑張ろうと思っている人には肩透かしで、
物足りないと思うこともあるでしょう。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でも、犬のしつけって飼い主さんが満足するためにやるものじゃないんです。

 

続けていれば、あんなにひどかった引っ張りが改善されたり、
ギャン吠えだった他犬をスルー出来るようになったり、
苦手だったものがいつの間にか平気になっていたりします。

犬に無理なく、負担をかけずに、飼い主にとっての問題行動を改善するためにも、
「何もしない」というのはとっても大事なことです。

 

 

「何もしない」でいい子になる?

でも本当に「何もしない」ことで犬がいい子になるんですか?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

え?わたしは一度たりとも、「何もしないで犬がいい子になりますよ」
なんて言った覚えはないですが?

え!?

 

よく受けるこの質問。

 

本当に「何もしない」で犬がいい子になりますか?

 

犬がいい子になるかどうか…

 

それは、あなてにとってどんな犬が「いい子」であるかによって
変わってきます。

 

もし、あなたにとっての「いい子」が、
トレーニングがバッチリ出来て、コマンドにはどんな時でも従い、
飼い主には絶対服従で忠誠心の強い犬だというならば、
「何もしない」を徹底しても「いい子」にはなりません。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

この質問に対してわたしがお答えできることは、
「何もしないをすればまったり犬になりますよ」
ということです。

 

まったり犬育とは、まったり犬をまったり育てて、
まったり暮らすためのものです。

そしてまったり犬とは、一緒に暮らしていて楽な犬、
一緒にいたいと思う犬のことだとわたしは思っています。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

具体的に言うと、

  • 会話が出来る犬
  • 日がな1日寝ている犬
  • 飼い主がいなくても平気な犬
  • 基本ぼんやりしてる犬

こんな感じですかね。

 

 

飼い主がコマンドを出さなくても自分で何が正しいか判断できて、
自分で考えて行動することが出来て、
精神的に落ち着いて毎日を穏やかに過ごしている犬が、
ここでいう「まったり犬」です。

 

無駄に興奮したり、走り回ったりしないし、
1日の大半を寝て過ごしています。

 

なるほどお…まったり犬って、「犬との理想の暮らし」の
「理想の犬」みたいな犬ですね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そうですね。わたしは今、まったり犬2頭と暮らしてますけど、
犬を飼う前に思い描いた「理想の暮らし」にだいぶ近いです。

 

「何もしない」を徹底すれば犬がいい子になるか…はわかりませんが。

 

一緒に暮らすのが楽で、毎日穏やかに落ち着いて過ごせる犬と
一緒に暮らすことが出来るようになりますよ。

 

 

「何もしない」のは犬のため

犬のことをよく見てあげて、犬に合わせて、
「何もしない」を徹底するのがまったり犬育です。

 

「何もしない」を行うことがストレスマネジメントにもなり、
続けることで犬の心にも余裕ができ、
それまで受け入れられなかったことを受け入れられるようになったり、
飼い主さんが嫌なことをしないとわかれば少しずつ信頼関係も築いていけます。

 

関係構築や問題行動改善のために、あれを「やる」のがいい、
これを「やる」と効果があると言われていますが、
何かをやるというのは飼い主はもちろん犬にとっても大きな負担になることが多いのです。

 

そして、そういうトレーニング法ってだいたい上手くいきません。

上手くいっているように見えることもありますが、
そう見えるだけで根本的な解決にはなっていなくて、
別の形で問題が出て来ることが多いんです。

 

それに、何かを「やる」とそれだけで飼い主側が満足してしまったり、
ただ自分が満足するためにやっているだけの飼い主も多くいます。

 

「何もしない」っていうのは犬のためを思えばこそなんですね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

「する」「させる」トレーニングに疑問をお持ちの方や、
やってみようか迷っている方は、ぜひ勇気を出して
「何もしない」を実践してみて下さい。

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました