ドッグトレーニングは「コミュニケーション」にはならない!犬との意思疎通の基本




基本理念

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

今日は、ドッグトレーニングは犬とのコミュニケーションになるのか?
ということについてお話します。

トレーニングを通じて愛犬とコミュニケーションを取りましょうって
よく言われますけど…
実際のところどうなんでしょう?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

手っ取り早く結論から言うと、
ドッグトレーニングでは犬とのコミュニケーションはとれません。

 

 

良好な関係を築くためにはコミュニケーションが
必要不可欠です。

それは、犬と人との関係でも変わりません。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

人間同士でのコミュニケーションって、
どういうものだと思いますか?

「自分の気持ちを相手に伝えること」とか、
「相手の言いたいことを理解すること」…
「お互いに理解し合うこと」でしょうか。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そうですね。では犬は?

 

 

犬とのコミュニケーションというとどんなものを思い浮かべるかと聞くと、
冒頭に挙げたようにドッグトレーニングのようなものを
思い浮かべる人が多いようです。

 

人の指示に従って犬がトレーニングをしていたり、
アジリティやディスクをやっていたり、
そんな様子を犬とのコミュニケーションとして挙げる人が多いなと感じます。

 

 

でも、コミュニケーションはよく例えられているように、
「キャッチボール」でなくてはいけません。

それは、犬と人とのコミュニケーションでも同じです。

 

その点で言うと、ドッグトレーニングは犬との
コミュニケーションの手段にはならないのです。

 

なぜかと言うと、キャッチボールになっていないからです。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

どちらかというと、人間が一方的に自分の欲求を伝える
ドッヂボールですね。

そうですね…

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬との「キャッチボール」なコミュニケーションをするには
どうすればいいのか、詳しくお話します。

 

 

コミュニケーションとは?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬でも人でもコミュニケーションが大事というのはわかるけど、
コミュニケーションというものがそもそもよくわからないという
人も多いのではないでしょうか。

確かに、犬と人だと言葉が通じませんから、
難しく感じますね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そこで、コミュニケーションの意味を調べてみました。

 

 

  1. 社会生活を営む人間が互いに意思や感情、思考を伝達し合うこと。言語・文字・身振りなどを媒介として行われる。「―をもつ」「―の欠如」
  2. 動物同士の間で行われる、身振りや音声などによる情報伝達。

[補足]「コミュニケーション」は、情報の伝達、連絡、通信の意だけではなく、意思の疎通、心の通い合いという意でも使われる。「親子の―を取る」では親が子に一方的に話すのではなく、親子が互いに理解し合うことであろうし、「夫婦の―がない」という場合は、会話が成り立たない、気持ちが通い合わない関係をいうのである。

goo辞典より

 

その他のサイトでも調べてみましたが、
一般的にコミュニケーションとは、
意思や感情、思考などの「情報伝達」という意味のようです。

 

 

ここで大事なのが、どちらか片方が一方的に自分の意思や感情を押しつけたりするんじゃなく、
お互いに情報を伝達し合い、相手のことを理解しようとする、
ということです。

 

 

実際、コミュニケーションはよく「キャッチボール」に例えられます。
「言葉のキャッチボール」みたいな。

 

キャッチボールは、相手の取りやすいようにボールを投げ、
相手から投げられたボールを落とさず拾えるよう努めるものです。

 

コミュニケーションでも、相手がわかりやすいように自分の気持ちを伝え、
相手が伝えてくれる気持ちを間違えずに理解しようとする姿勢が大事なのです。

 

 

ドッグトレーニングはコミュニケーションになる?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

さて、以上の点を踏まえた上で、ドッグトレーニングがコミュニケーションになるか考えてみましょう。

 

 

まず、ドッグトレーニングとはどういうものをいうのでしょうか。

 

ドッグトレーナーやしつけ教室のサイトをいくつも訪問し、
その人たちがドッグトレーニングをどのように考えているのか見てみたのですが、
まとめてみるとこんな感じでした。

 

犬が人間社会に適合して、人間と一緒に暮らしていくために、
人間社会のルールを教えるためのもの。
人間がやって欲しいこと、やって欲しくないことを犬に理解させ、
犬が人間社会で暮らしやすいようにするために必要なことである。

 

実際にやっているトレーニング内容はともかくとして、
サイトにはなかなかマイルドなことが書かれていました。

 

 

最近では「トレーニング」という言い方は敬遠されるようになって、
「しつけ」という言い方に直されていることが多いです。

 

しつけというと、トイレのしつけとか、「オスワリ」とか「フセ」とかも
簡単なコマンドを教えることだったり、散歩の練習など、家庭犬であればどの子も
教わるようなことを思い浮かべますよね。

 

でも中には「しつけ」と言いつつとてもしつけの範疇におさまりきらないような
厳しいことを、「犬のコミュニケーションのため」と称してやっていることも
まだまだあります。

 

「ドッグトレーニング」と言われてあなたが思い浮かべるようなものです。

 

 

すなわち、軍隊のようにトレーナーの脇をぴったりくっついて進行したり、
「スワレ」と言われたら即座に座り、「マテ」と言われたらご飯を前にしていようが
ボールを追いかけている途中だろうが止まり、「フセ」と言われれば水たまりの中でも伏せる。

 

これは実際に「犬とのコミュニケーションのため」にドッグトレーニングをやっている
という人のトレーニング内容です。

 

その他、警察犬の訓練で、襲撃訓練や臭気選別もやってましたね。

 

トレーナーのコマンドには即座に従い、間違えてはならず、
間違えたら耳を引っ張っられて怒られる。

 

襲撃訓練ではテンションをあげるために、
叩いたり蹴ったりすることもあります。

 

 

こ、コミュニケーション…???

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

これは特にひどい例なんですけど、
堂々と「コミュニケーションのため」と言っている人たちには、
犬に対してこんなトレーニングをしていることが多いんです。

 

 

果たしてこれはキャッチボールという意味での
コミュニケーションになっているでしょうか?

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

人間が一方的にボールを投げつけるだけのドッヂボールですね。

 

人間が犬に対して一方的に、どうして欲しいか伝え、
犬がそれに従っているだけです。

 

犬が「もう嫌だ」「もうやめてあれをしたい」という気持ちをいくら伝えても、
人間側はそれを理解しようとしないのです。

 

それどころか、嫌だと言って逃げ出そうとすると捕まえて叱るんです。

 

 

「しつけ」と言ってオスワリやフセなどを教えている時も、
犬が飽きて来たり、嫌気が刺しているのにも気づかないで、
そのままやらせてしまうと「ドッヂボール」になってしまいます。

 

ドッグトレーニングがコミュニケーションにならないのは
一目瞭然ですよね。

 

そもそも日常的に何かしらのトレーニングを受けている犬は、
ストレスホルモンの数値が高く、ストレスレベルが高い状態であえることがわかっています。

 

飼い主が遊びのつもりでやっていることだとしても、
人間が考えたアジリティやディスクなどの遊びや、
トレーニングというのは犬にとっては本来必要ないものなんです。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

トレーニングやドッグスポーツを日常的にやっている犬は、
問題行動が多い場合があるんですよ。

コミュニケーションをとるつもりでやっていることが、
実はストレスになってたり、
コミュニケーションどころかドッヂボールでしかないなんて、
悲しすぎますね。

 

 

犬とのコミュニケーションの基本

じゃあ、犬とはどうやってコミュニケーションをとればいいんでしょうか?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

人間相手のコミュニケーションと基本は変わりませんよ。

 

 

まずは、自分のことを理解してもらおうとする前に、
相手のことを理解するように努めましょう。

 

はじめに自分のことばかり話すと、
相手に呆れられてしまうし、相手の話を聞くチャンスを逃してしまいますよね。

 

犬の場合も、自分が犬にどうして欲しいのかは後回しです。

 

まずは、犬が何を従っているのか、
どうすれば快適なのかを理解してあげましょう。

 

 

人間はコミュニケーションに言語を使うのが一般的ですが、
犬がボディシグナルやカーミングシグナル、表情、もしくは臭いなど、
非言語的なコミュニケーションをします。

 

犬の表情は人間とよく似ているので、
よくよく観察して慣れればとてもわかりやすいです。

 

笑顔に見えても実はストレススマイルという場合もあるので、
状況によって犬がどんな気持ちか、その時にどんな表情をしているかを
観察してあげましょう。

 

見分けがつくようになればさらにわかりやすいでしょう。

 

ボディシグナル、カーミングシグナルについては、
どんな状況でどんなシグナルを出しているのか、
状況と合わせて考えてあげるようにしましょう。

 

同じ尻尾を振るのでも、左右どっちに降っているかや、
バッサバッサ大きく振っているのか、ゆっくり振っているのかによっても
犬の気持ちは違ってきます。

 

 

そして、自分の気持ちを犬に伝える段階になっても
犬にわかりやすいように伝えないといけません。

 

犬には人間の言語は、雰囲気やイントネーションでなんとなくわかるかもしれませが、
意味を完全に理解することは出来ません。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

人間同士の場合、言葉が通じない相手にどうやって伝えますか?

ジェスチャーを使ったり、自分が相手の言葉を理解しようと勉強しようと思います。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬に対しても、「犬の言葉」であるボディシグナルやカーミングシグナルを、
勉強して使ってあげるようにしましょう。

 

 

こちらが犬の気持ちを理解しようという姿勢でいると、
犬もわかりやすいように伝えてきてくれます。

 

そのうち、犬もこちらのことを理解してくれるようになります。

 

犬が「窓開けて」と言ったら開けてあげる、
「疲れた抱っこ」と言えば抱っこしてあげて、
「おやつちょうだい」と言ったらあげる。

 

逆に人間が散歩中に「もう帰ろうか」と言えば聞いてくれるようになるし、
「そこちょっとどいて欲しいな」と言えばどいてくれるし、
「花壇の中入らないでね」と言えば気をつけてくれるようになります。

 

犬とのコミュニケーションも、そんな風にゆるい感じでいいんです。

 

 

犬の伝えたいことがわからないとお困りの飼い主さんは多いですが、
コミュニケーションが出来るようになればそんなこともなくなります。

 

 

「ドッグトレーニングでコミュニケーション」っていうのは、
人間ばかりがボールを一方的にぶつけて、
自分がどうして欲しいかを犬に理解させ、思い通りに動かすための
都合のいい考え方です。

 

そうではなく、お互いにボールを投げ合い、キャッチして、
お互いに理解し合える関係を目指すんですね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

日常生活でもついついコマンドを使ってしまうという人は、
まずは意識してやめてみるようにしましょう。
そして、「犬の言葉」でコミュニケーションがとれるように練習してみて下さい。
練習あるのみですよ!

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました