転職や新しいことを始める時に親に相談してはいけない3つの理由




働き方

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

わたしは新卒で入った会社を1年足らずで辞めています。

 

会社を辞めるかどうするかで悩んだ時、親にそのことを相談しました。

 

そしたら、「まずはその会社で3年がんばりなさい」
って反対されたんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

いま思えば、当たり前のことだし、
相談した自分すごく馬鹿だなって思うんです。

 

わたしみたいに転職しようか悩んでる時とか、
何か新しいことを始めようと思っている時、

 

「親に相談したら反対された」

 

って話はよく聞きます。

 

そういう時に、親が反対するのって当たり前なんですよね。

 

親は子どもが心配だし、安定した生活を送ってほしいって思うものだから。

 

だから、わたしは最近、何か始めようって思った時は、
自分で決めて、やるってことを決めてから親には「報告」って形をとっています。

 

今、わたしは無職で家でパソコン使って稼いでるけど、
それも自分で先に決めて、親には報告だけしました。

 

今回は、「親にアドバイスを求めないほうがいい理由」についてお話します。

 

 

親にアドバイスを求めないほうがいい3つの理由

1、親は昔の自分を知っている

親はあなたが生れた時から現在にいたるまで、ずっとそばで見てきて、
あなたの性格をだれよりもよく理解している存在です。

 

だからこそ、あなたが何か新しいことを始めようと思った時に、
「あなたにはできないよ」「あなたの性格じゃ無理だよ」
って言うこともあります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

それは昔からのあなたの性格をよーーーーーく知ってるからです。

 

でも、新しいことを始めるのに昔の自分は必要ないんです。

 

昔のことよりも、新しいことを初めて「今後どうなりたいのか」のほうが大事です。

 

だから親に「無理だよ」って言われたからってやめちゃうの、もったいないです。

 

逆に、親にそう言われたくらいで諦めちゃうなら、
その程度のものだったってことですね。

 

2、親は子どもの安全を願うもの

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

わたしは親ではないけど、もし自分の子どもが
「ちょっと世界一周してくる!」とか言い出したら
全力で止めると思います。笑

 

「そんな危険なことしなくたっていいじゃん!
日本にいて安全で健康に暮らしなよ!」って。

 

だからあなたが何かに挑戦しようとした時、
親はどうしても引き留めたくなっちゃうんです。

 

「偉業なんて達成しなくてもいいから安全に生活してくれ」って。

 

だけど、そういう親の気持ちもわからないではないけど、
結局はあなたの人生はあなたにしか進めないんです。

 

親の気持ちを優先するのか、自分の気持ちを優先するのか、
状況によっても違うと思うけど、自分の中でしっかり決めておいたほうがいいですね。

 

ちなみにわたしは親の気持ちを優先してよかったことが一度もないので、
これからも自分の気持ちを優先して物事を決めると思います。

 

3、親が歩んだ時代と、自分が歩む時代は違う

親があなたの年齢の時に歩んできた時代と、
あなたがこれから歩む時代は全く違います。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

だから、親の言うことが必ずしも正しいとは限らないんです。

 

わたしの父親の時代は、新卒で入った会社に定年まで勤めるのが常識でした。

 

でも、今はそうじゃないですよね。

 

時代によって、なにがいい選択なのかは変わってくるんです。

 

父や母が「わたしが若いころはこうしてた」なんてアドバイスは、
ほとんど前向きな決断には役立ちませんね。

 

 

だれに相談すべきか?

自分の進みたい方向に進んでいる人

親にアドバイスを求められないなら、だれに相談すべきなのか?

 

簡単です。

 

自分がこれから進もうと思っている方向にすでに進んでいて、
なおかつ結果を出している人(その道で食ってる)がいいです。

 

結果を出している人は、結果を出すためにどうすればいいか
をすでに知っています。

 

だから、あなたが動き出すために前向きな意見をくれるんです。

 

だけど、そういう人にアドバイスをもらうためには、
まず自分がどのみちに進みたいのか、その道に進んでどうしたいのか、
結果、どういう人生を歩めるようになりたいのかを決めておく必要があります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

自分の進む方向がわからない人は、自分の身近にいて
尊敬できる人を思い浮かべるといいですね。

 

話を決める人ならちょくせつ話を聞いてみる。

 

そうすれば自分の進みたい道を自分で決めるためのヒントが得られるはずですよ。

 

反対されてやめるくらいならその程度ってこと

さっきも言ったけど、親に反対されたくらいでやめちゃうようじゃ、
その程度の意気込み、覚悟だったってことです。

 

本当にやりたいこと、実現したいことであれば、
親に限らずだれに反対されようとやってみるもんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

だれかに相談して決めるのも大事だけど、
時には自分だけで決断して行動することも大事ですよ。

 

【そのほか働き方に関する記事はこちら】
新卒で入った会社を1年足らずで辞めたけど、後がないなんてことはなかった
「会社で働かないと生きていけない」なんてことはなかった
「会社辞めたい」って思った時に考えてほしいこと

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました