ペットショップではご飯がもらえないせいで子犬が死んでいる!店で一番多い子犬の死因




ペットショップ体験談

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

先日、知恵袋を見ていた時に、

 

「ペットショップで一番多い死因は何ですか?」

という質問に対して、

 

「パルボウイルス感染症です」

と答えているのを見ました。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

う~ん、わたしの経験だとちょっと違う。

 

確かにパルボで亡くなる子はいるけど、パルボにかかる子が少なくなってきてるので、
ペットショップでの子犬の死因第一位にはならないんです。

 

ペットショップで一番多い子犬の死因は、「低血糖」です。

 

低血糖で亡くなる子、何頭見送ったかわかんない。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

では、エキスパートがそろっているべきペットショップで、
なんでこうも頻繁に低血糖が起こってしまうんでしょうか?

低血糖ってお腹が空きすぎるのが原因でもありますよね…
まさか、ちゃんとご飯もらえてないとかじゃ…

 

そう、その原因は、ペットショップの店員がちゃんとご飯あげてないからなんです。

 


 

子犬の食事は1日3回以上なのに…

子犬の低血糖を防ぐには1日3回以上の食事が必要です。

 

もし、それが出来ないのであれば子犬を飼うべきではありません。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でも、ペットショップでは基本的に、どんなに小さい子でもご飯の回数は1日2回です。

 

売れ残って生後4ヶ月になってしまった10㎏超えのレトリバーでも、
お店に来て間もない生後2ヶ月ちょっとの500㎏そこそこのチワワでも、
ご飯は原則的に朝と夕の2回だけです。

 

朝は8時ごろ、夜ご飯は夕方5時から6時の間です。

 

その間、およそ9時間です。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

体の小さい子は食事と食事の間が6時間も開けば低血糖になってしまうのに、
9時間もあいてしまうんです。

 

しかも、夜ご飯と朝ごはんの間には15時間ものあきがあります。

 

そりゃあ低血糖になれって言ってるようなもんですよね。

 

 

全ての子犬がお腹いっぱい食べるわけではない

子犬の中には食べムラがある子も多いです。

 

店員が気になって食べなかったり、遊びに夢中で食べなかったり、
食べている最中にお客に抱っこされちゃってご飯を中断させられたり、
ペットショップの子犬っていうのはとにかく食べません。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

特に、一番たくさん食べて欲しい小型犬の子犬は、ほとんど食べないって子が多いんです。

 

吐かない程度に、お腹ぽんぽんになってほしいんですけど、触ってみてもお腹にご飯がほとんど入ってない。

 

それでもっと食べさせようとするけど、全然食べない。

 

そういう子が多いので、必然的に低血糖で倒れる子も多いんです。

 

 

「強制給餌」を面倒くさがる店員が多い

なかなか食べなくてお腹いっぱいにならない子犬には、店員が帰る前に「強制給餌」をしてから帰るっていう決まりがありました。

 

遅番の店員は、a/dの缶詰に、粉ミルクとブドウ糖を混ぜたものを、体重1㎏未満の子犬に与えてから帰るんです。

 

体が小さくても自分でよく食べてくれる子犬は、お皿に入れれば食べてくれるけど、
自分ではなかなか食べない子には、これをシリンジで子犬の口の中に流し込んで、お腹がいっぱいになるまで食べさせないといけません。

 

これが「強制給餌」です。

 

店員が帰るのがだいたい夜10時くらい。

 

翌日、早番の店員が出勤してくるまでに9時間くらいあいちゃうけど、
これをしっかりやれば、店員がいない間に子犬が低血糖になってしまうのをだいぶ防げるはずなんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でも、これすごいめんどくさい作業なんですよ。

 

子犬の口の中に無理矢理流し込むわけだから、子犬だって嫌がってべえって吐き出すし、
なかなかお腹いっぱいにならないんです。

 

頭数が多いと、全員に与え終わるまでに1時間以上かかってしまうこともあります。

 

そんなことになると、帰るのが11時過ぎちゃうこともあります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そのせいで、強制給餌を面倒くさがってやらない店員が多いんです。

ひど・・・

 

ペットショップで低血糖になってしまう子犬が多いのは、面倒くさいって理由で子犬の命を守るための業務をおろそかにする、
クズでバカで知識不足な店員たちのせいです。

 

わたしは生体管理スタッフで、子犬たちに5時の夕ご飯をあげて、食べなかった頭数分の強制給餌の準備をしたら帰るっていう業務形態でした。

 

でも、店員たちがちゃんと強制給餌してないって気づいてからは、自分で強制給餌するために夜10時くらいまでずっと残ってました。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

毎日5~6時間のサービス残業。
やってられるか。

 

そのせいで色々のんちゃんにも迷惑かけたし、わたしもしんどくなってきたし、
ちゃんと後を任せられる後輩が入ってきたのでやめました。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

やめる時、マネージャーはまともな人だったので、店長を筆頭に店員たちの怠けっぷりを全部暴露してみたら、
1か月後には店長はクビになって店員も総入れ替えになったって、後輩から聞きました。ちょっとすっきりした。

 

 

ペットショップは子犬子猫が「殺される場所」であってはならない

もちろん、ちゃんと動物のことが好きで、自分で勉強もして、責任もって店にいる生体をお世話している店員もいました。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

わたしがいた店舗の店員がただクズ過ぎただけかもしれないけど、他の店舗でも同じような確率で低血糖が起きてるから、
どこも似たような感じなのかな~って思わざるを得ませんね。

 

たった一人、すごくいい店員がいても他がみんなダメだったら、一人だけじゃ腐りきった店を変えられないですもんね。

 

ペットショップ店員は、自分はちゃんと動物好きだと思ってても、行動がどうしても動物好きな人の行動には見えないことが多い。

 

本当に動物が好きなわけじゃなくって、動物好きでペットショップで働いてる自分が好き、みたいな頭オカシイのが多かった。

 

わたしの運が悪かっただけかもしんないけど。

 

本社にもそういうオカシイのにちゃんとした教育をしないから、ますますペットショップがおかしなことになってく。

 

ペットショップで、ご飯をもらえないせいで子犬が死んでく、ってことが起きてる時点でおかしいと思わなきゃいけないんです。

 

あまりにも低血糖が起こりすぎるから、子犬が低血糖になるのは当たり前みたいな雰囲気だったけど、
店員が正しい知識を持って、責任持ってお世話すれば防げることだし、決して起きて当たり前のことじゃないんです。

 

資格もなく、専門学校で勉強したわけでもなく、ただ動物が好きってだけで働いてる店員が多いんだから、
そこらへんの教育を徹底しないと日本のペットショップは子犬・子猫が殺される場所になってしまうのではと思うんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

…いや、多分というか間違いなくすでにそういう場所になってますよね。

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました