犬をサークルやケージに入れて飼うのは本当に犬のためになっているのか




子犬育て

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

のんちゃんもるーこも、サークルに入るのが大嫌いです。

 

でも、日本では犬をサークルやケージに入れて飼うって当たり前のことですよね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

ペットショップで子犬を買うと、子犬スターターパックとかいって
必ずケージを買わされるくらいですからね。

 

どのサイト、どの本を見ても、犬を飼う時はサークル、ケージの中に、
クレートもしくはベッド、トイレの3点セットが当たり前です。

 

「犬のためにサークル・ケージを用意しましょう」と書いてあります。

 

犬の祖先であるオオカミはもともと巣穴で暮らしていたのだから、
犬は狭くて暗い場所が落ち着くのです、とか。

家中自由に動き回れると縄張りが広くなって犬のストレスになるので、
サークルやケージのみを居場所にしましょう、とか。

犬が安心して暮らせるようにサークル・ケージ大好きにしましょう、とか。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

なんだかもっともらしいというか、そんなもんなのかと思ってしまいそうなことが書いてあるんです。

 

日本では当たり前になっている犬のサークル・ケージ閉じ込め飼い。

 

でも実は、これが犬のストレスの原因No.1だって知ってました?

 

 

本当に「犬のため」?

暗くて狭い場所が好きで動き回れる範囲を狭くしてストレスを減らし、
安心して暮らせるよう、犬のためにサークル・ケージを用意しろ、と書いてあります。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でも、これって本当に「犬のため」を思ってのことなんでしょうか?

 

一度サークルを設置してしまうと、留守番の時とか、来客の時とか、静かにしててほしい時とか、
何かと言えば飼い主さんは犬をサークルに入れようとします。

 

小型犬なら抱っこで入れられるし、大型犬でも「ハウス」のコマンドを教えてしまいさえすれば簡単です。

 

甘噛みしてきたらサークルに入れましょう、と教えるトレーナーもいるくらいです。

 

つまり、サークルやケージは人の都合で犬をしまってしまう場所なんです。

 

ちょっと今は都合が悪いからこの中にしまっておこう、っていう…

 

お も ちゃ か っ !!!

 

サークルに入れてしまえば確かに楽だけど、犬はそこから何も学びません。

 

留守番の時間大人しくしているとか、来客時に静かにしているとか、日中は寝ていればいいとか、
そういうことは何も自分では学ばないんです。

 

せいぜい、サークルやケージって嫌な場所だなあってことくらいです。

 

 

さらに狭いところに閉じ込められてしまえば何の刺激もなく、動き回ることを制限されると、
犬にとって強いストレスになります。

 

その結果、サークル内にあるものを何でも破壊するようになります。

 

ベッドを引き裂き綿を引きずり出し、ペットシーツをビリビリにし、サークルの枠を血が出るまで噛んだり、
真っ赤になるまで自分の足を舐めたり、毛をむしったり。

 

外に出たくてたまらないので、サークルから出されるやいなや大興奮して暴れまわります。

 

同じ場所でぐるぐる回る常同行動(ストレス行動の一つ)や、ひどいとそばにいる人に噛みつくこともあるんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬のためという謳い文句のサークル・ケージ閉じ込め飼いだけど、
犬にとってはストレス以外のなにものでもないんです。

 

サークル・ケージに閉じ込めるのは虐待

ドイツなどのヨーロッパの一部の国では、犬に限らず動物を日常的にサークルやケージに閉じ込めるのは虐待にあたり、
サークルやケージを使うことを禁止しています。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

考えれば当たり前のことですよね。

 

人間の子どもをサークルに閉じ込めれば虐待になるし、大人であっても監禁になります。

 

いずれにしろ犯罪になるんです。

 

人にはダメなのに、何で犬に対してはやっていいんでしょう?おかしな話ですよね。

 

自分がされたらどう思うか考えて下さい。

 

一人狭い場所に閉じ込められて、いつ出られるかわからないという状況になったらどう思いますか。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

わたしは狭い場所も暗い場所も、自力では出られない場所もダメなのできっと発狂します。

 

 

室内フリーだと犬がわがままになる?

室内で完全フリーにしていると、犬がわがままになって手が付けられなくなるからサークルに入れるべきだって人がいます。

 

家全体を縄張りと認識するためだそうだけど、これは果たして本当でしょうか?

 

もし本当なら、サークルを使うことを禁止しているドイツの犬はみんなとんでもないことになっているはずだし、
うちの犬たちだって手がつけられない状態のはずです。

 

ストレス度は、圧倒的にサークル閉じ込め飼いの犬のほうが高いんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

むやみに自由を奪われていると、犬だってイライラしますからね。

 

物理的な自由が、犬の心に余裕を持たせるんです。

 

 

犬が自らサークルに入るのはストレスのサイン

オオカミは巣穴で暮らしていたといいますが、それは巣穴しか安全な場所がなかったからです。

 

オオカミの子孫である犬も巣穴のような暗く狭い場所=サークルやケージが好きだっていうけど、
そもそも巣穴は出入り自由なのに対してサークルは閉じ込められるので全然違うし、
犬は本来、なんの心配もなくリラックスしていれば広々とした開放的な場所を好みます。

 

狭い場所に入っていたり、壁際にピタッとくっついているのはストレスのサインです。

 

実際、極限まで追い詰められた犬が人を噛んですぐテーブルの下に隠れたり、
不安の強い犬が壁から離れなかったりというのはよくあります。

 

うちののんちゃんはストレス度が高かった1歳くらいの頃、1日中サークルに入って出てこなかった時期がありました。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そこしか安心出来る場所がなかったせいだと思うんですよね。
わたしいつもイライラして怒り狂ってたし。

 

今も何か嫌なことがあったり、一人になりたい時はサークルに入ってます。

 

そういう時はそっとしておいてあげます。

 

普段は広いところででんっと文字通り大の字になって寝てるんですけどね。

 

サークルを開けっ放しにしているのに、犬が自ら長時間入っているのは、要注意のサインです。

 

 

サークルの使うのは結局「人のため」

嫌味でもなんでもなく、純粋に質問なんですけど。

 

サークルやケージが好きな犬っています?

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

「サークル嫌だよ~入りたくないよ~」って言ってる犬に対して、
飼い主が無理矢理「この子をサークルで過ごせるようにしたいんです」って言ってるのしか見たことないんだけど。

 

犬のために、犬のことを考えて、犬の安心のために、とか言ってるけど、
サークルやケージを使うのって結局は人のためですよね。

 

 

サークルやケージを使う理由も、正しくはこう。

 

(犬に)家中歩き回られると人のストレスになるので、サークルやケージのみを犬の居場所にしましょう。

人が安心して暮らせるよう、サークルやケージ大好きな犬にしましょう。

 

サークルやケージを使うことをおすすめするしつけ法には、
「これは人の快適さを追求したしつけ法で、そのためにサークル・ケージを使います。
犬の快適さ、ストレスについては一切配慮しておりません」
っていう注意書きが必要ですよね。

 

サークルやケージを使うことは犬のためでも何でもなく、犬にとってはストレスでしかないんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

実際に、サークル閉じ込め飼いをやめたらそれだけである程度、問題行動が解消されることも少なくないんですよ。

 

それに、サークルやケージを使うのって犬と向き合うのを放棄してるんじゃないかなって思うんです。

 

思い切ってサークル閉じ込め飼いをやめると、嫌でも犬と向き合わないといけなくなります。

 

そうすることで、初めてわかることも多いです。

 

いつもこんなことを訴えてたんだとか、いつもこんなことしたくても我慢してたんだとか。

 

サークルの中から、犬たちっていつも一生懸命訴えてるんですよね。

 

勇気を持って、まずはサークル・ケージのドアを開けてみましょう。

 

サークルの外で犬が大暴れするのは、その時しか外に出られないからであって、
普段から室内フリーが当たり前で自由に出来ていれば、ちゃんと自分で落ち着くものです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

だいたい寝てますしね。
サークルやケージに閉じ込めちゃってたら、そんな愛犬のため息が出るくらい可愛い寝顔も拝めません。

 

サークル・ケージでの閉じ込め飼いは、犬にとっては百害あて一利なしです。

 

まずは思い切って、部屋を徹底的に片づけて、サークルやケージも撤去しちゃいましょう。

 

かわりに、犬が好きそうな場所にクッションやベッドをおいて、居場所を作ってあげて下さいね。

【犬の居場所作りについて詳しくはコチラ】
愛犬の問題行動の予防と対処その1「生活環境の改善」
 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました