「叱らないしつけ=褒めるしつけ」ではない




基本理念

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

今回は、「叱らないしつけ」について。

 

基本理念にもある通り、まったり犬育では犬を「叱らない」ということはこれまでに何度もお話してきました。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でも、「叱らない」って言うと、どうも「褒めるしつけ」と勘違いされてしまうことが多いんですよね。

 

なぜ「叱らない」の反対が「褒める」になってしまうのかわからないけど、
今回は「叱らないしつけ=褒めるしつけ」ではないってことをお話したいと思います。

 

 

「褒めるしつけ」とは

一般的に「褒めるしつけ」とは、「犬がいい行動をした時に褒めましょう」というものです。

 

大袈裟な身振りや甲高い声で、犬の胸をワサワサ撫でたり、体を2、3回軽く叩いて褒めるように、
って言われてることが多いです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

多少オーバーなほうが犬には伝わりやすいんだとか。

 

でも、大袈裟な身振りや不自然に甲高い声を怖がったり嫌がったりする犬は多いし、
不必要に体を触られることを犬は好みません。

また、犬を興奮させてしまうので、そもそもわたしはそういうやり方はしません。

 

さらに、「良い行動をした時に褒めましょう」ってことは、
「飼い主にとって都合のいい行動をした時に褒めましょう」ということを指します。

なので、結局は飼い主都合に従う犬にしてしまうんです。

その点でも違います。

 

飼い主にその気がなくても「褒める」ということが使い方によっては、
犬を支配する手段になってしまうってことを覚えておいて下さい。

 

 

まったり犬育の「褒める」の使い方

まったり犬育では、犬は友達です。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

なので、友達に対して褒める時と同じような使い方をします。

 

例えば、犬がよその犬に向かって走り出した時に、リードを固定することで自分から戻ってきた時には、
「えらいね」などと小さく言ってにっこりしたりします。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

「よその犬に突進しない」っていうルールは最低限守ってもらわないといけません。

 

そういうことを伝える時、リード固定という最低限のヒントで、自分で考えて正解を見つけ出したことを褒めるんです。

すでに自分は答えを知っているクイズを、友達が最低限のヒントで正解した時と同じような感じです。

 

こんな風に、何かルールを教える時に褒めることはあるけど、あくまで自然に、表情やボディランゲージで伝えます。

 

あとは、苦手なものを自力で回避したとか、よく頑張ったと思った時に「すごいね!」と言ったりします。

 

大袈裟にしないと犬に伝わらないと言いますが、そんなことはありません。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

小さく呟いただけでも、犬がどや顔で得意げにしますからね。

 

まったり犬育でも褒めることは褒めるけど、あくまで自然に、が大事です。

飼い主の都合のいいように動かすために「褒めてしつける」ということは決してやらないのです。

 

 

まったり犬育は「何もやらない」

まったり犬育の基本は、「何もしない」ことです。

 

「何もしない」というのは、関係構築の基本です。

ストレスマネジメントを行う上でも、基本中の基本です。

 

「褒めるしつけ」というのは、さっきも言ったように、飼い主さんにその気がなくても、
犬を飼い主都合で動く、都合のいい犬にしてしまうことがあります。

 

そういう犬は、飼い主にとっては一緒に暮らしやすいかもしれませんが、
犬にとってはストレスがたまり、問題行動が出て来ることもあります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

「何もしない」は、文字通り、何もしない犬育です。

 

飼い主都合で褒めることもしないし、トレーニングに通うこともしないし、コマンドで言うことを聞かせることもありません。

仰向け抱っこなんてもってのほか。

 

触ろうとして噛むなら、無理矢理おやつで釣って触って、褒めながら慣れさせるんじゃなく、
噛まなくなるまで触らないのです。

噛まない犬だって、撫でるのは犬のほうから「撫でて」と来た時だけです。

 

ご飯をあげたり、散歩に連れて行ったり、必要であれば薬を塗ったりなど、
必要最低限のお世話はするけどあとは犬の自由にさせておく、っていうのが、
まったり犬育での「何もしない」しつけです。

 

 

「何もしない」でいい子になる?

でも、本当に「何もしない」で犬がいい子になるんですか?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

え?わたしは一言も、「何もしないで犬がいい子になりますよ」なんて言った覚えはないですよ?

えっ!?

 

よく受けるこの質問。

 

本当に「何もしない」で犬がいい子になりますか?

 

犬がいい子になるかどうか…

 

それは、あなたにとってどんな犬が「いい子」であるかによって変わってきます。

 

もし、あなたにとっての「いい子」が、トレーニングがバッチリできて、コマンドにどんな時でも従って、
飼い主には絶対服従で忠誠心の強い犬だっていうなら、「褒めるしつけ」のほうが向いてるかもしれません。

 

この質問に対してわたしがお答えできることは、「何もしないをすればまったり犬になりますよ」ってことです。

 

まったり犬育とは、まったり犬をまったり育てて、まったり暮らすためのものです。

 

そしてまったり犬とは、一緒に暮らしていて人間も犬も楽な犬、一緒にいたいと思う犬のことだと、わたしは思っています。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そんな犬は、「叱るしつけ」でも「褒めるしつけ」でも、育たないんですよ。

 

【「何もしない」について詳しくはコチラ】
「何もしない」犬との関係構築の基本

【「まったり犬」について詳しくはコチラ】
まったり犬ってどんな犬?「飼い主がいなくても平気で1日寝ています」

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました