犬を叱る3つのデメリット!「叱ってやめさせる」という考えをやめてみよう




基本理念

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

 

 

今日はまったり犬育の基本理念のひとつ、
「犬を叱らない」ということについてお話します。

【まったり犬育基本理念について詳しく読む】
まったり犬育「基本理念」…犬と友達になるために

 

犬が悪いことをしたら叱るっていうのは、
まだまだ当たり前のような気がしますけど…

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

一般的にはそう言われてますね。
でも、犬を叱るのってデメリットしかないんですよ。

 

犬のしつけというと、必ず「叱るか、叱らないか」
という話が出てきます。

コチラの記事「まったり犬育「基本理念」…犬と友達になるために」でもお話した通り、
叱れば叱るほど、人間にとって困った犬の行動はエスカレートしていき、
かえって逆効果になります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

れに、人間が叱りたくなる犬の行動というのは、
犬にとっては当たり前のことで、
叱ってもどうにもならないことが多いんです。

 

例えば、犬がカーペットでオシッコをしたのを叱るっていうのは、
人間がちゃんとトイレで用を足したのを叱るようなものです。

 

今回は、「犬を叱るデメリット」と「叱ってやめさせるという考えをやめよう」
ということについてお話します。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

叱ってもイマイチ効果がないなーと思ってる飼い主さん、
読んでみて下さいね。

 

犬を叱るデメリット

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

まず、犬を叱る3つのデメリットについてお話します。

犬を叱る3つのデメリット

  • 一貫性がなくなる
  • 犬の行動をエスカレートさせる
  • 信頼関係が崩れる

 

一貫性がなくなる

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬のしつけは一貫性をもって行うこと
っていうのはよく言われてますね。

そうですね。しつけ本やサイト、ドッグトレーナーの
常套文句ですよね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でも、叱ることで一貫性がなくなってしまうんです。

 

一貫性とは辞書によれば、

 

最初から最後まで矛盾がない状態、同じ態度を持続すること。

 

とあります。

 

つまり、犬のしつけは、最初から最後まで矛盾がない状態で、
同じ態度を貫き通さなければならないということです。

 

でも、犬を叱ることによって、しつけに大切な
この一貫性が失われてしまうんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬が飼い主にとって好ましくない行動をした時に、
常に現行犯で叱るのは現実的に不可能ですよね。

365日24時間ずっと犬を見ていることが
出来るわけじゃないですもんね。

 

多くの飼い主さんは働きに出ているでしょうし、
家を空けている間にやられてしまえば、
その場で叱りようがありません。

 

さらに、犬が常に飼い主が見ている前で好ましくないことをするわけもなく、
だいたいは隠れてやるものです。
もちろん、堂々とやる犬もいますが、

 

つまり、常にタイミングよく犬を叱ることは
非常に難しいということなんです。

 

飼い主さんも気分によって、叱ったり叱らなかったり
しますもんね。

 

状況や気分によって叱ったり叱らなかったりする、
というのでは意味がありません。

常に叱ることが出来ないなら、
最初から叱らなければいいんです。

 

犬の行動をエスカレートさせる

犬を叱るというのは、いわゆる「正の罰」です。

正の罰とは、好ましくない行動をした時に、
犬にとって良くない刺激を与えることで、
好ましくない行動を起こさないようにするというものです。

 

つまり、散歩中に他の犬に吠えかかったらリードを強く引いてジャークし、
ジャークの刺激によって罰を与え、他の犬への吠えをなくすというものです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でもこの方法、リスクも大きいんです。

 

痛みの刺激はかえって犬の攻撃性を増大させます。

本来、犬が他者によって痛みを与えられるということは、
他者から攻撃を受けているということなんです。

なので、痛みを感じると本能的に
自分の身を守るために攻撃的になるんです。

 

例えば、犬が叩かれた瞬間に叩いた人の手を噛み返したというのは、
叩かれた痛みの刺激によるものです。

他の犬に吠えるのをジャークすればするほど、
吠えがエスカレートして、だんだんと他犬に対して
攻撃的になっていうのも同じです。

 

痛みの刺激だけでなく、大きな叱り声も犬をエスカレートさせます。

玄関にチャイム音に対して吠える犬に「うるさい!とか「静かに!」とか
叱る飼い主の大声に、犬が興奮してさらに吠えるというケースはよくあります。

 

また、叱られたという嫌な刺激と、たまたまそばにあったものを結びつけて、
悪い関連付けをしてしまうこともあります。

例えば、スリッパを噛んでいる時に叱ると
「スリッパ=嫌な物」と認識してしまって、
スリッパを見ると唸ったり、スリッパをはいている人を噛むようになることもあります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬を叱るということは、かえって好ましくない行動をエスカレートさせたり、
新たな困った行動を生み出すことになるんです。

 

信頼関係が崩れる

「犬を叱る時は十分な強さで叱りましょう」
と、よく言われたり書かれていたりします。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

では、十分な強さというのはどれくらいの強さのことを言うんでしょうか。

誰も説明してくれてませんね…

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

つまり、誰も正確にはわかってないってことなんです。

 

弱すぎれば効果はないし、
強すぎると犬との信頼関係を崩すことになります。

 

しかもやっかいなのが、信頼関係が崩れてもすぐには気づけなくて、
少したってから気づくことなんです。
気づいた時にはもう手遅れ、なんてことも少なくないですね。

 

また、飼い主さんにその気がなくても、
気づかないうちに犬を叱って信頼関係が損なわれていることも
あるのが恐ろしいところです。

これはトレーニングなんだ!と思うと、
飼い主さんって今自分は犬を叱っているという
感覚がなくなります。

なので、どんどん厳しい態度になって
ガンガン犬を叱るようになってしまうんです。

 

スポーツでのパワハラとか、加害者が
「そんなつもりはなかった」って言うのと同じ感じです。

自分にそのつもりがなくても、
確実に相手との信頼関係は失われているんです。

 

叱ることでは信頼関係は築けないんです。

 

 

そもそも犬は何を言われているのかわからない

犬って、自分が叱られてるってことはわかるんじゃないですか?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

飼い主さんが感情を高ぶらせて、興奮しているということはわかるかもしれません。
でも、自分が叱られていることなんてわからないし、
ましてや何で叱られてるかなんて、犬はわかりません。

 

犬は相手の感情にとっても敏感です。

人間相手でも、声の調子や表情、雰囲気、においなどから、
飼い主が怒っているということはわかるでしょう。

 

でも、なんで怒っているのかや、
ましてや自分が叱られていることなんてわからないんです。

 

こっちが犬を叱っているつもりでも、
犬は何を言われているのかわからないんです。

 

わかってれば一度叱ってその場でやめてくれるはずですもんね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

全く効果がなく、しかもエスカレートするってことは、
つまり犬はわかってないんです。

 

つまり、わたしやあなたは、犬から見れば
「ワケのわならないことをギャンギャン大声で喚くうるさい人」です。

そんな人と一緒に生活してればストレスもたまるし、
問題行動の一つや二つ出て来て当たり前ですよね。

発狂して暴れまわるのも納得できません?

 

何を言ってるのかわからないなら、
そもそも叱っても意味がないんです。

 

 

「叱ってやめさせる」という考えをやめる

「叱らないしつけ」と謳ってるものはよく見かけますよね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

確かに、一般的に叱っていると思われるようなことはしてませんが、
叱るよりももっとひどい、嫌がらせのようなことをしているものがほとんどなんです。

 

例えば、リードを強く引くとか、大きな音を出して驚かせるとか、
物を投げるといった身体的苦痛を与えたり、
無視をしたり閉じ込めたりといった、
いじめのような精神的苦痛を与えたり。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

どうも、犬には罰を与えるものという考え方に捕らわれ過ぎてませんか?

 

ではどういう時に、そういう罰を与えるのかというと、
「飼い主にとって好ましくない行動をした時に罰を与える」
とか言ってる人を見てゾッとするわけです。

 

拾い食い、吠え、飛びつき、破壊、噛みつき、
とにかく何でも叱ってやめさせようとしてませんか?

 

叱る前に飼い主としての責任を果たそう

散歩している時によく見かけるのが、
吠えている犬を叱る飼い主さんです。

他犬への吠え、人や車、バイクへの吠えを、
とにかくよく叱っています。

 

しつけ本などには、

「ダメ!」と言って吠えるのをやめさせ、「オスワリ」で落ち着かせて、
それから言うことを聞いたご褒美をあげる。

といったことが書いてありますね。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でもわたし、この失敗例しか見たことありません。
自分でも成功したためしがないです。

ダメって言っても吠えやまないし、オスワリなんてしないし、
おやつなんて食べませんもんね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

それどころか、ますます興奮して吠えるわ引っ張るわで、
大変なことになりました。
そんなことするよりも、さっさとその場を立ち去ったほうが
吠えやむのが早かったです。

 

散歩中によく見かける吠える犬たちは、
叱られながらも吠え続け、改善する様子は全く見られません。

犬は何かが嫌で吠えているんだから、
嫌だと言っているものを叱ってもなおらないのは当たり前です。

 

それからありがちなのが、室内で興奮して物を破壊したり、
留守番中に家具を壊したのを叱るというものです。

これも、飼い主にとって好ましくないことをしたから叱るというパターンです。

 

物を破壊するのは興奮や不安からくるもので、
そういった行動を叱ったところでよけいに興奮したり不安になったりするだけで逆効果です。

 

室内で興奮するなら、まずは気を逸らして落ち着かせ、
まったり散歩と生活改善のストレスマネジメントで
根本的に解決しないといけません。

 

留守番を不安がる犬は多くいます。

これにもストレスマネジメントをしつつ、
少しずつ留守番に慣れさせてあげて、
留守番時間は6時間以内にしてあげないといけないのです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

飼い主が犬にやってあげなければいけないことを、
ちゃんとやっていないから犬は興奮したり不安になっているのに、
それを叱ってやめさせるというのは無責任ですね。

 

 

叱らないために出来ること

飼い主さんは叱るということを前提としたうえで、
どう叱るか、効率的に叱り方だけに関心を向けがちです。

 

でも、そろそろそういった考え方はやめませんか。

 

動物の権利だとか言う前に、とりあえずその行動をやめさせることだけ考えてみても、
「叱る」という手段は不適切です。

 

「叱る」という行為には多くのデメリットがあること、
そもそも叱っても意味がないこと、
叱る前にまずは飼い主としての責任を果たすべきということを
お話してきました。

罰や不快な刺激、苦痛を与えることも同様です。

 

それよりも、なぜ犬がそういった行動をするのかよくよく考えてみましょう。

 

お散歩中に吠えてしまうなら、
社会化不足や犬や人に慣れていないのかもしれません。

何か苦手なものがあっても、
回避のしかたを知らない犬もいます。

あるいは普段お散歩に行けていなくて、
興奮しているのかもしれないし、
特定の場所で吠えているならその場所で嫌な思いをしたのかもしれません。

 

犬や人が苦手なら出来るだけ接触しないように注意してあげましょう。

回避のしかたがわからないのなら、
飼い主がお手本を示して教えてあげて下さい。

お散歩が足りていないなら、回数や時間を見直して
質を高めてあげて下さい。

嫌な思いをした場所は通らないようにしてあげましょう。

 

原因を突き詰めれば、解決方法もわかってきます。

 

原因がわかった上で、どうすれば叱らずにすむのか知恵を絞り、
最大限の工夫をしてあげて下さい。

 

飼い主がやるべきことをちゃんとやって、
犬に配慮してあげれば叱ることもなくなるんですね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

思い通りにならないからとすぐ犬を叱るんじゃなくて、
よく犬を見て、犬の気持ちを理解してあげて下さいね。

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました