これから子犬を飼う人へ「一緒に寝てあげて下さい」




子犬育て

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

 

今回は、子犬と暮らし始めたらまずやって欲しいこと、
「一緒に寝てあげる」ってことについてお話します。

 

 

ペットショップでしつけアドバイザーとして働いていた頃、
飼い主さんからよくこんなお悩みを相談されました。

 

「うちの子、全然寝ないんです」

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

いや寝ない子犬なんているかい。

 

と思いつつも話を聞いてみると、どうも、夜中ずーーーっと夜泣きして寝ないで、
明るくなるとやっと寝るんだそうです。

 

そういう子犬がどういう状態かっていうと、たいていサークルにひとりぼっちで入れられて、
ひどい場合は飼い主さんとは別の部屋におかれていたりします。

 

わたしはそういう時、

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

子犬を同じ布団に入れて添い寝してあげて、泣いたら抱っこしてよしよししてあげればいいじゃん。

 

 

ってアドバイスします。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でもそう言うと、たいていの飼い主さんが怪訝そうな顔するんですよねえ。

一般的に、子犬はサークルに入れてひとりで寝かせるべきって言われてますもんね。

 

子犬に限らず、犬と飼い主は一緒に寝てはいけないって考えがまだ一般的に思います。

 

多くの飼い主さんは何の疑問も持たないで、例え疑問に思ったとしても
「そういうものなのか」と深く考えずに、当たり前のように子犬とは別々で寝るでしょう。

 

一緒に寝てはいけないって言われる理由はいくつかあるけど、
わたしはこれが納得いかないんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

だって子犬って、犬の赤ちゃんですよね?

 

赤ちゃんとは一緒に寝てあげるべきなんじゃないでしょうか。

 

その証拠に、母犬は子犬に寄り添って一緒に寝てますよね?

 

今回は、子犬と一緒に寝てはいけないって言われている理由がいかにおかしいか、
そして、子犬とは一緒に寝てあげるべき理由、その際の注意点を詳しくお話します!

 

 

子犬と一緒に寝てはいけない?

今、しつけ本を読んでもネットの情報を見ても、子犬の幼稚園やパピークラスの先生だって、ほぼほぼ、

 

「子犬と一緒に寝てはいけない」

「子犬が夜泣きしても無視すること」

 

って教えていると思います。

 

なぜか、子犬は家に迎えたその日からひとりぼっちでサークルに入れて寝かせるのが当たり前なんですよね。

 

子犬が夜泣きしても絶対にかまわないで、泣き止んであきらめるまで放置するっていうやり方です。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でも、わたしはこれ、昔からすごく納得いかないんです。

 

飼い主は子犬の「お母さん」

昔、実家で飼ってた犬が子犬を産んだ時も、近所の犬が子犬を産んだ時も見てて思ったんですけど、
母犬って子犬がキューキュー鳴くと寝ててもすぐに起き上がって駆け寄って、寄り添って、
体を舐めて落ち着かせてあげるんですよ。

 

お母さんに寄り添ってもらった子犬は、大人しくなってそのまま寝ちゃう。

 

でもそれをやるのは本当い小さい間だけで、生後3ヶ月、4ヶ月くらいになるころには
子犬が泣いてもお母さんはほっとくんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

だいたい、4ヶ月になる頃には子犬ってのは泣きませんよね。鳴きはするけど。

 

子犬のお母さんがやってることを、なんで飼い主がやっちゃいけないんでしょう?

 

だって飼い主は子犬の「親」ですよね?

 

愛犬に対して自分のこと「ママは~」とか「お父さんは~」とか言うじゃないですか。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

自らを「ママ」だの「お父さん」だの言う飼い主が、なぜ子犬に対して添い寝してあげちゃいけないんですか?

 

 

学生の時、どうしても納得いかなくて、この質問を何人かの先生にしてみました。

 

でも、納得のいく回答は得られませんでした。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

多分、あの先生たちは飼い主は犬の「リーダー」になるべきって考えの人たちだから、
飼い主が子犬の「親」になるなんて考えたこともなかったんじゃないかな。

 

 

子犬と一緒に寝てはいけない理由

子犬と一緒に寝ちゃいけないって言われてる理由と、それに対するわたしの反論意見です。

 

要求吠え

子犬と一緒に寝てはいけない、泣いても無視するようにって言われる理由の一つが、
「夜泣きをかまうと要求吠えの癖がつくから」というものです。

 

でも、「夜泣き」と「要求吠え」って全く別のものですよね。

 

「寂しい~誰か構ってよ~」って訴えているのであればそれはもしかしたら要求吠えかもしれませんが、
子犬はただただ「寂しい~寂しいよ~」って泣いてるだけです。

 

そもそも「要求吠え」というのは犬の吠えの項目にはないものなんです。

 

一般的に「要求吠え」といわれる吠えの多くは、ストレスからくるものだったり、不安や恐怖からくるものだと言われています。

 

生後2ヶ月たらずで親と引き離されて、知らない人に知らない場所に連れてこられて、あまつさえ狭いサークルに閉じ込められて、
夜そのままひとりぼっちで放置されたら不安や恐怖で子犬が泣くのは当たり前です。

 

夜中に泣かれるのが嫌だというのであれば、一緒に寝て上げたほうが断然、子犬にとっても飼い主のとっても平和的解決になるんです。

 

 

また、「泣き」と「吠え」は違います。

 

うちの犬たちはどっちも、家に迎えたその日から一緒に寝てきたけど、要求吠えなんてしません。

 

そもそも、飼い主ならそれが泣いているのか要求吠えなのか、わかるもんじゃないでしょうか。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

だって自分のこと「ママ」だの「お父さん」だのって言ってんじゃん?だったらそれくらいわかるよね。

 

上下関係が崩れる

もう一つの理由が「一緒に寝ると上下関係が崩れる」というものです。

 

人間は犬のリーダーになるべきで、リーダーは一番いい場所で寝るべき、という古臭い考え方があるせいです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

正直、よくわかんない。

 

だって犬ってだいたいいつも「一番いい場所」にいません?

 

家の中で一番涼しい場所、一番暖かい場所、犬がいるのってだいたいそういう場所ですよね。

 

普段から犬のほうが一番いい場所にいるのに、寝る時だけ人間がいい場所で寝ても、
あまり意味ないんじゃないかな~と思うのです。

 

そもそもわたしは犬との上下関係なんてクソ食らえ!な考え方なので、
この理由はほんとにあり得ないものだと思ってます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

寝る時にいつも犬がベッドの真ん中で、飼い主は端っこに追いやられている状態を
上下関係が崩れているって言われればそれまでだけどね。

 

また、「もし一緒に寝たいって場合は上下関係が出来てからにしましょう」
っていう文言を見たことがあるけど、これもよくわかんない。

 

最終的に一緒に寝るから、はじめから同じベッドに入れてあげればいいのに。

 

そもそも、なにをもってして「上下関係が出来た」とするのか。

 

犬が命令を聞くようになったら?

何をしても反抗しなくなったら?

 

そうなって初めて一緒に寝ることが許されるってことでしょうかね。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

いくら人間が許可を出したって、そういう状態になった犬っていうのは心をずたずたにされて傷を負った状態だろうから、
飼い主となんか一緒に寝たくないんじゃないかな。

 

病気が移る?

一番わからないのが「病気が移る」っていう理由。

 

獣医さんに教わった理由なんですけど、犬が持ってる病気とか、ノミダニとかが
一緒に寝ることで人間に移るっていうんですよ。

 

何か移るものを犬が持ってるんだとしたら、一緒に暮らしてる時点で移りそうなものですよね。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

普段からキスしたり、ぎゅーってしたりしてますからね。
寝る時だけ注意しても意味ないですよ。

 

 

子犬と一緒に寝る時に注意すること

子犬と一緒に寝てはいけないって言われてる理由が、どれほど意味のない、
わけのわからない、根拠のないものかおわかりいただけたでしょうか。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

わたしは心の底から子犬と一緒に寝ることをおすすめします!

 

今日から一緒に寝てみよう!と思って下さった飼い主さん、その際に注意しないといけないことも
いくつかあるのでお話します。

 

おトイレの時間

子犬はおトイレの回数が多いです。

 

なので、飼い主が寝ている間に何度かしたがる可能性があります。

 

布団におねしょをされる前に、2~3時間おきにアラームをセットして、
夜中に何かいかペットシーツに連れていくようにしてあげましょう。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

子犬がトイレを我慢できる時間は、月齢+1時間といわれています。

 

体が小さい子ほどこの時間は短くなります。

 

それでも心配だったら、子犬が寝ている範囲にペットシーツを敷いておいてあげましょう。

 

 

でもこれはあまり心配ないみたいで、一度寝てしまうと起きるまでおトイレをしないって子が多いみたいです。

 

特に中・大型犬の子犬は朝まで我慢できるみたいですね。

 

のんちゃんとるーこもおねしょしたことはありません。

 

ただし、朝起きたら毎日決まった時間にすぐおトイレに連れていってあげましょう。

 

ベッドからの落下

ベッドで寝ていると、子犬が落下する危険があります。

 

ベッドを使ってるって人は、床に布団を敷いて寝るようにするか、ベッドに柵をつけるなど、
子犬が落下しない工夫をしましょう。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

わたしものんちゃんとるーこが子犬の時は、床に布団敷いてねてました。

 

いたずらに注意

飼い主が寝ている間に、子犬がいたずらをすることがあります。

 

ゴミ箱をあさったり、ペットシーツをグチャグチャにしたり。

 

それだけなら起きて片づければいいけど、何かを食べてしまうこともあります。

 

例えば、テーブルの上にぽんっと置きっぱなしにしてしまったピアスとか、鞄に入れっぱなしのお菓子とか。

 

ケーブルの先端なんて子犬の大好物だし、クッションのほつれているところを根気よくほじくりだして綿うぃ取り出して食べちゃったり。

 

犬の口の届くところに物を置かない、別の部屋に移動する、ケーブルは引っこ抜いて隠しておくなどの工夫が必要です。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

わたしは布団とペットシーツ以外何もない部屋で寝ていました。

 

つぶさないように注意

ある程度大きなサイズの子犬なら心配は少ないけど、チワワのような超小型犬の子犬は、
寝がえりを打った時などに潰してしまう危険があります。

 

そういう時は、サークル越しに添い寝をしてあげましょう。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

子犬が泣いたら抱っこしてあげれば、直接添い寝してあげるのと同じくらいの安心感を子犬に与えることが出来ます。

 

 

 

子犬の気持ちを考えてみよう

わたしはのんちゃんもるーこも、家に来たその日から一緒に寝て来ました。

 

どっちも生後2ヶ月半でお迎えしました。

 

今でも一緒に寝ています。

 

電気を消してさあ寝ましょうって思うと、2頭して先を争うように布団に飛び込んできます。

 

 

色んな考えがあると思います。

 

夫婦の寝室に犬を入れたくないって人もいますし、布団に毛が付くのが嫌だって人もいます。

 

でも、子犬の気持ちを考えてあげて下さい。

 

ペットショップにしろブリーダーにしろ、子犬はだいたい生後2ヶ月足らずでお母さんや兄弟から引き離されてあなたのもとにやって来ます。

 

知らない家でたったひとりぼっち、サークルに入れられて、暗い部屋で寂しくて不安で泣いている子犬の気持ちを考えてあげて下さい。

 

なぜ、添い寝してやらないんですか?

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

子犬の気持ちを考えたら、「一緒に寝てあげる」以外の選択肢なんてないですよね?

 

慣れない環境でそんな不安な気持ちでいたら、子犬は絶対に不安定になります。

 

後々、神経質になったり、極端に臆病になったりすることだってあります。

 

 

子犬はまだ「赤ちゃん」なんです。

 

人間の赤ちゃんは泣いたらすぐ抱っこしてもらえるのに、
なんで子犬は泣いても無視なんでしょうか?

 

犬の赤ちゃんには同じことしちゃいけないんですか?

 

犬のお母さんはやってるのに?

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬を擬人化しているつもりはないけど、同じ赤ちゃんなんだから、泣いたら「よしよーし」でいいじゃないですか。

 

これは、子犬が早くあなたの家に、家族に慣れるためにも必要なことです。

 

あなたの家が安心できる場所で、家族も優しく安心できる人たちなんだってわかれば、
子犬は安心を与えてくれるあなたたちを信頼するようになります。

 

子犬が幸せな犬になれるよう、「一緒に寝る」ということを実践してみて下さい。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

この一緒に寝ないっていうのは、子犬育ての失敗パターンでも多いことなんですよ。

【子犬育ての失敗パターンについて詳しくはコチラ】
子犬育てを失敗しないために「失敗パターン」を知ろう!
 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

  1. ロクちゃんのお母さん より:

    偶然にかいるさんのブログを発見して以来、色々お勉強させてもらっています。

    去年の9月から柴犬を飼っていますが、もっと早く、かいるさんのブログを見たかったと思いました。
    しつけなきゃ、ちゃんと言う事聞かさなきゃ、と思っていても、甘噛みもダメ!痛い!と怒るごとに酷くなっていく気がして。じゃっかん犬が私の事を怖がっている様に見えて。そして、
    仰向けにして、大人しくなるまでって
    それも、なんの為にこんなに嫌がることをしなきゃダメなのか?嫌がるってことは、服従してないってこと?
    毎日、その繰り返しでした。

    でも、他の飼い主さんにもリーダーなんだから、怒らなきゃダメよ、と言われ、まさに育犬ノイローゼになりそうでした。怒っても、1つも直らないんですもん。

    ブログを見てから、怒るのやめました。もちろん、仰向けにするのも。私、リーダーじゃなくて、この子のお母さんだから。カミカミされても反応しないように。お散歩の時の口に何かを入れるのも、黙って見ているようにしました。嫌がる前に、お散歩の後の足拭きもやめるように。
    ブラッシングも、ほどほどに。

    そうすると、何かをくわえていても少したってから、それ頂戴ね、というと口から離してくれるようになりました。2人で昼間、部屋の中で過ごす時も
    ノンビリ寝ています。何かの本に、
    寝ているだけの犬にしてはダメ、とか書いてありましたが。どうしてなんでしょうね 笑。

    歯磨きも、パピー教室に行った4月から
    慣れるように頑張ってますが、
    いまだに出来ません 笑。でも、彼女にとっては、毎日の夜の習慣になっているようで、歯磨きガムは楽しみにしているように見えます 笑。

    どうにかイイ子にしなきゃ!と思わなくてもいいんだと思わせてくださって
    ありがとうございます。

    お散歩も、ノンビリ、彼女の行きたい方に、ニオイをクンクンしている時も
    待っていてあげると、自然に家に
    帰る方向に歩いて行くようになりました。お散歩で疲れさせた方が、家の中でイイ子にしてる、という人もいましたが、スゴく長い散歩で走らせていた頃の方が家の中でも興奮していたと思いました。
    肩の力を抜いて、うちのワンコと
    過ごせる事がとても嬉しいです。
    気づかせてくださって、ありがとうございます。

    • 瀧沢かいるー より:

      ロクちゃんのお母さん さま

      はじめまして。コメントありがとうございます。

      子犬育ての参考になったようでとても嬉しいです。

      犬との暮らしって、もっと肩の力を抜いて、楽しんだほうが上手くいくのに、
      なんか自分から大変な道を選んでる飼い主さんが多いような気がして、
      そういう方たちに少しでも肩の力を抜いて愛犬と接してもらえたらなと思って
      ブログをやっています。

      寝ているだけの犬はダメ、っていうのは、興奮して走り回ってる状態が「犬らしさ」だって
      勘違いしてる人が多いからだと思ってます。
      そういう状態の犬って、すごくストレス度が高い状態で、
      問題行動のリスクも高いから、落ち着かせてあげたほうがいいんですけどね。

      ストレスがない犬は1日に20時間寝るそうです。
      なのでむしろ寝てばっかりの犬のほうが、落ち着いていて、
      ストレスがない状態って言えますね。

      においを嗅ぐっていうのは、犬にとってとても大事な「刺激」です。
      よく、犬を退屈させないために「刺激が必要」と言われて、
      走らせたりトレーニングしたりと、ストレス性の「刺激」を与える人多いんですけど、
      本当に犬に必要な刺激っていうのは、におい嗅ぎをしたり、地面でゴロゴロしたり、
      のんびりお散歩したり、そういうことで得られる「刺激」なんです。
      なので、お散歩でも今のようににおい嗅ぎしてるのを待ってあげて、満足するまで嗅がせてあげると、
      外で十分な刺激を得られているので家では落ち着いているようになります。

      これからも力を抜いて、楽な状態で、愛犬と接してあげて下さいね。

      • ロクちゃんのお母さん より:

        かいるー様、お返事くださってありがとうございます。

        ひとつ、お尋ねしたいのですが
        明らかに遊ぼう〜というモードで
        私の手をガジガジしてきます。
        痛くない時も、少し痛い時もあります。

        そんな時も無反応でいた方が
        ワンコには伝わりやすいでしょうか?

        • 瀧沢かいるー より:

          ロクちゃんのお母さんさま

          コメントありがとうございます。

          痛くない「甘噛み」が基本的にさせていても大丈夫です。
          犬なりに、どれくらいの力加減なら痛くないのかを
          学んでいることがあります。
          母犬も子犬に噛まれている時、痛くない場合は
          そのままにさせてることが多いです。
          のんびりしている時とかに、手や足を痛くない程度に甘噛みするのは
          そのままにしておいても大丈夫です。
          ただし、力加減を間違っていたいくらい噛まれた時は、
          大袈裟ではなく普通のトーンで「いたっ」と言って
          犬が驚いて噛むのをやめた隙にその場を離れます。

          よく甘噛みと勘違いされている興奮噛み、
          遊んでいる時にテンションが上がって噛んで来たりっていうのは
          無反応、もしくはその場から立ち去って遊びを終わらせるっていうのをやったほうがいいです。

          遊ぶ時も、毎回ガジガジしてくるようだと癖になってしまうことがあるので、
          かわりにおもちゃを差し出して気を逸らしてあげたりするといいです。

          • ロクちゃんのお母さん より:

            かいるー様、ありがとうございます。
            もう来月で一歳なので、少し焦りもありますが、その様に対応していきます。
            ありがとうございました。
            これからも、ブログを楽しみに
            拝見させていただきますね。

タイトルとURLをコピーしました