「カーミングシグナルを無視するとストレスに強い犬になる」は間違い!




犬のストレス

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

「カーミングシグナルを無視すれば、ストレスに強くすることができる」

学生の時、トレーニングの授業の講師にこんなことを言われました。

 

先日、愛犬のストレスについてお話しました。
ストレスは学習能力を下げる!犬に新しいことを教える前にまずやるべきこと
「散歩不足」「退屈」「飼い主のバタバタ」愛犬の問題行動3大原因

時間をかけてストレスレベルを下げて、問題行動も改善されてくると、多くの飼い主さんはこう質問します。

「ストレスに強い子にするにはどうすればいいですか?」

 

人間の場合、一般的にストレスに強くなるためには「栄養・運動・休養」に加えてリラクゼーションが重要だと言われています。

でも犬の場合、「トレーニング中にカーミングシグナルを出しても無視することでストレスに強くなる」
なんてことを言うトレーナーがいまだにいるんですよね。

ブログで何度も言っているので、読んで下さっている方はわかるかと思いますが、犬のカーミングシグナルを無視するなんて百害あって一利なしです。
つまり、悪いことしかありません。
もちろん、ストレスにだって強くはなりません。

 

そこで今回は、愛犬をストレスに強い子にするにはどうすればいいか、ということをお話します。

 

 

カーミングシグナルを無視してストレスに強くする?

ブログを通じて知り合ったとある飼い主さんは、以前、トレーニングを受けていたトレーナーからこんなことを言われたそうです。

「犬がカーミングシグナルを出してもあえてそれを無視することで、ストレスに強い犬になる」

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

これ、わたしも学生の時に言われたんです。

トレーニング中に犬がカーミングシグナルを出しても2,3回であれば無視してもいいっていうのは、いまだに一部のトレーナーの間で言われていることです。

 

恐らくトレーナーたちが「無視してもいい」って言う背景には、犬の「嫌だ」を聞いてしまうと犬がわがままになるだとか、
いちいちシグナルを出すたびにやめていたらトレーニングができないといった思い込みや言い分もあるんだと思います。

でも、そもそも犬がカーミングシグナルを出すようなトレーニングをやってしまうのは、その時々のシグナルをよく読んでいないことが原因です。

例え小さなシグナルでも見逃さないように注意していれば、その都度やり方を少し変えたり、休憩を挟むなどして対処できるんです。

 

例えば、ブラッシング大嫌いだったのんちゃんにブラッシングの練習をした時は、ブラシを持って近寄った時にのんちゃんが舌をペロッとした時点で離れ、
休憩するというのを繰り返していました。
ブラッシングさせてくれるようになってからも、2、3回やってのんちゃんが顔を背けたり舌ペロをした時点でやめる、というのを繰り返し、
だんだんと慣れさせていったんです。

この時、のんちゃんの舌ペロを無視してブラッシングを続けていたら、ますますブラッシング嫌いになっただろうし、
カーミングシグナルだって舌ペロという比較的軽めのものから、唸ったり歯を剥いたり、空噛みしたりっていう重大なものになっていったと思います。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

カーミングシグナルを無視するというのは犬をストレスに強くするどころか、逆にストレスを与えてしまう行為なんです。

 

 

ストレスに強くする正しい方法

では、正しい方法でストレスに強くするにはどうすればいいんでしょうか?

わたしたち現代人にとって、現代社会はただでさえ避けようがないくらいストレスの原因があちこちに転がっていて、どんな風にストレスと付き合うかは課題です。

本屋に行ってみれば、数えきれないほどのストレスについて書かれた本が並んでいるし、サイトでもあちこちに取り上げられています。

 

ストレスに強くなる方法として、一般的には「栄養・運動・休養」に加えてリラクゼーションが重要であると言われています。
人間の場合は、認知のしかたを飼える認知療法なんかもありますよね。

犬の場合もこれは同じで、きちんと栄養をとり、必要な運動をしっかりして(これができてないことが多いんです)、しっかり休養をとり、
規則正しい生活を心がけることが大事なんです。
時にはマッサージなんかをしてリラックスし、頭と体を使う遊びをして「適切な刺激」を与えることも大事です。

 

そして何より重要なのが、犬の嫌がることは極力しないようにして、普段からかかるストレスを極力なくすことです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

これは「まったり犬育」の基本中の基本ですよ。

 

日常的にストレスがない犬は、精神的にも安定して落ち着いていて、心に余裕があります。
なので、たまにストレスがかかってもパニックになったり過剰に興奮したりしないで、落ち着いて対処できるんです。

 

 

シグナル無視は「犬だからできる」こと

こうしてみると、カーミングシグナルを無視するっていうのは、ストレスに強くするという点では全くの逆効果です。

人間でいえば、嫌だと言っても聞き入れてもらえず、無理矢理に課題をやらせるという方法が、ストレスに強くするやり方だと言っているようなものです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

こんなストレス対処法、聞いたことある人います?
めちゃくちゃですよね…。

 

上司が部下にこんなことをやればパワハラだし、親が子どもにやれば虐待、友達同士でもいじめになります。

そんなやり方を、いまだに一部のトレーナーは当たり前のように犬にやってるんです。

 

人間相手にはとてもできないことだけど、「犬だから」できるんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

この「犬だから」って考え方が、犬に苦労をかけ、負担をかけ、ストレスをかける諸悪の根源です。

 

犬だから少しくらい平気だろう、犬だからこれくらい大丈夫だろう、犬だからやってもいいだろう。
なんで人間相手にできないことが、犬だから、やっても大丈夫ってことになるんでしょうか。

「犬だから」を言い訳にし、「犬だから」と思い込み、肝心の犬の気持ちは平気で無視されてしまっています。

気持ちを無視され、嫌だと言っても聞き入れてもらえない犬は、ストレスに強くなるどころかますますストレスをため込むようになります。

 

 

「犬の言葉」をよく聞こう

犬のカーミングシグナルを無視してはいけないと、ブログでは何度もお話してきました。

カーミングシグナルというのは、トゥーリッド・ルーガスが作った言葉であり、ルーガスの著書の翻訳出版や来日以来、
犬の気持ちであるカーミングシグナル(ボディランゲージ)についての知識が日本でも急速に広まりました。

でも残念なことに、ルーガスがもっとも伝えたかったことである「犬の気持ちを聞いてあげよう」という部分については、
飼い主さんやトレーナーの間にあまり広まっていないように感じます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

だから、2、3回ならカーミングシグナルを無視してもいいだとか、カーミングシグナルを犬の支配の悪用に使ったりするんです。

 

せっかく「犬の言葉」であるカーミングシグナルを理解しても、その言葉をきちんと聞いて受け入れてあげないと意味がありません。

相手が「やめて」と言っているのにそれを無視していたら、信頼関係は壊れて当たり前だし、相手から嫌われること間違いありません。
これは犬でも同じことです。

 

カーミングシグナルなんて難しくてわからないという飼い主さんもいるけど、今や少し調べればあっちこっちえ紹介されてます。
ネットが使えなくても、カーミングシグナルについて書いた本もたくさんあります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

それに、自分の愛犬を観察しているだけでもカーミングシグナルの達人になれますよ。

 

そして、少しでも愛犬がストレスを感じているようなら、すぐにその時やっていることをやめてあげて、少し休憩を挟んで気分転換してから再チャレンジするようにしましょう。

特に、ブラッシングや足拭き、ハーネスの装着などは、それをやることに夢中になって犬のシグナルに気づかない、気づいても一気にやってしまうという飼い主さんが多いです。
気づいていないのであればもう少しシグナルに注目してあげて、気づいているのであればそのまま一気にやってしまうのではなく、気づいた時点で少し休憩しましょう。
面倒かもしれないけど、犬にストレスを与えず、嫌な印象を与えずに慣れさせてあげるために必要なことです。

そうやって、小さなシグナルにもちゃんと気づいて対処してあげれば、愛犬はストレスのない日々をすごすことができます。

 

普段からストレスのない犬というのは、時々ちょっと大きめのストレスがかかってもパニックになったり興奮しないで対処できるんです。

例えば病院での診察の時、ストレスフルな犬だとガウガウになったり大暴れしたりしますが、ストレスのない犬だと多少嫌がりながらも落ち着いていられます。
病院というストレスを引きずることもありません。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

人間でもいつもストレスいっぱいの人だとちょっとしたことでイライラしがちだけど、ストレスの少ない人だと同じことでも全くイライラしないで対処できますよね。

 

犬の場合、「栄養・運動・休養」に加えて、何より大事なのは、普段からよく「犬の言葉」を聞き、犬の気持ちを尊重して配慮し、嫌なことをせずにストレスのない生活を提供してあげることなんです。

そうすることで、本当の意味で「ストレスに強い犬」になりますよ。

 

【カーミングシグナルについてもっと詳しく知る】
「カーミングシグナル」飼い主なら知っておきたい『犬の言葉』の正しい知識

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました