犬のストレスの原因一覧!あれもこれもストレッサーだった?




犬のストレス

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

今回は、犬のストレスの原因についてお話します。

 

そういえば犬のストレスについて詳しく書いた本があったなと思って、
ここ最近、家中探し回ってました。

 

見つからないな~と思って諦めてたんだけど、千葉にいた頃の友人から
「そういえば返し忘れてた本があったから送るね!」
って連絡があって、送られてきた本がその探してた本でした。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そういえば返してもらい忘れてたな…

 

 

どんなに親しい人でも本はぜったいに貸さない主義なんですけど、
この友人もわたしと同じくらい本を大事にしてくれる人なので
特別に貸してたんですよね。

 

普段、ぜったいに貸さないから貸したことすら忘れてた。

 

その本っていうのが、

 

〝Stress in Dogs”M.Schols & Von Reinhradt,2007

 

って本です。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

著者はドイツのドッグトレーナーで、著者の経験的観察からの指摘になるので、
行動学領域や獣医学領域からは異論がありそうだけど、
それでもとっても参考になる本ですよ。

 

日本でも犬のストレスやその原因について認知されてきてるとはいえ、
まだまだ獣医師や行動学者の間で十分に認知されてるとは言えません。

 

わたしが通ってた専門学校での行動学や医学の授業でも、
いまだに「犬のストレス」についてはほんのちょっとしか取り上げないそうです。

 

なので、「犬に優しい」が当たり前のドイツのトレーナーが
犬のストレスについて考えてるこの本はとても参考になります。

 

今回はこの本をもとに、犬のストレスの原因についてお話します。

 

犬のストレスやその原因について、イマイチわからないって飼い主さん、
ぜひ読んでみて下さいね。

 

 

ストレスの原因

本の著者が「犬のストレスの原因」としてあげているのは以下の通りです。

 

  • 身体的機能の異常(自分の足で歩けない、排泄できないなど)
  • 感覚器官の異常(耳が聞こえないなど)
  • 痛みに関連する異常
  • 発情
  • 睡眠不足
  • 疲労
  • 突然の環境変化
  • 親しい人、動物の死
  • 脅かされること
  • 何が起こるかわからない不安
  • 失敗
  • 厳しいトレーニング
  • アジリティ、ドッグダンス、服従訓練
  • 攻撃訓練
  • パピーパーティー
  • ドッグラン
  • 激しい遊び
  • 犬の周りでの暴力、怒り、いらだち、攻撃
  • 子ども
  • 多すぎる人の出入り
  • 興奮のしすぎ(嬉しい興奮も含む)
  • 追いかけっこ
  • 悪天候
  • サークル、クレート、屋外への隔離
  • 動物病院
  • トリミングサロン
  • 車での旅行
  • リードで繋ぐなど自由を奪う
  • 孤独(家族からの隔離)
  • 多頭飼育
  • 気の合わない犬と暮らす
  • かまいすぎ、かまわなすぎ
  • 日常生活でルールが厳しすぎ、またはなさすぎ
  • 犬と人の相性が悪い

 

飼い主の努力で避けられるものも

ストレスの原因としてあげられているものの中には、
病気になったり飼い主や同居動物の死、悪天候など、避けられないものもあります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でも、飼い主の努力次第でじゅうぶんに避けられるものもあるんです。

 

例えば、厳しいトレーニングやドッグダンス、アジリティなどのドッグスポーツは、
飼い主がやらなければいいだけです。

 

服従訓練や攻撃訓練をしている犬は、総じてストレスレベルが高いし、
特に攻撃訓練をしている犬は攻撃性が高いこともわかっています。

 

攻撃訓練(警察犬の襲撃訓練)は、攻撃性がある犬に対して、
コマンドを出された時だけ攻撃するように攻撃性をコントロールするために教えるって、
元警察犬のトレーナーだった講師が言ってました。

 

でも実際に訓練中の様子を見てると、噛まれる役の人だけじゃなくて
ハンドラーやトレーナーにもすれ違いざまに歯を当てたりするのが見られたし、
飼い主に聞くと日常的に攻撃性が高いってことでした。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

もともと攻撃性のない犬に攻撃訓練をしたら、噛むようになたってケースも多いです。

 

 

アジリティやディスクとかのドッグスポーツやドッグダンスは、
犬にとっては嬉しい興奮であることもあります。

 

でもその嬉しい興奮もストレスになってるんですよね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そうです。嬉しくても興奮は興奮なので、ストレスに変わりないんです。

 

 

ほかにも、パピーパーティーやドッグラン、トリミングサロンなど、
飼い主が良かれと思って連れていく場所がストレスの原因になってます。

 

パピーパーティーの危険性についてはブログで何度もお話してきましたね。

【参考記事】
子犬をパピークラスで社会化させることの問題点と欠点

 

 

サークルやクレートに入れて家族から隔離するとか、飼い主がやりがちっていうか、
当たり前にやってることもストレスの原因になります。

 

狭い場所に閉じ込められて、家族から隔離されるっていうのは
犬にとっては大きなストレスになってしまうんだけど、
サークル閉じ込め飼いが当たり前の日本ではほとんどの飼い犬が
このストレスに直面してることになります。

【参考記事】
犬をサークルやケージに入れて飼うのは本当に犬のためになっているのか

 

閉じ込めずに外で飼えばいいかっていうとそうでもなく、
鎖でつないでしまっては自由が制限されてストレスになるし、
家族から隔離されるって点では同じです。

【参考記事】
犬の噛みつきの原因!?繋ぎ飼い・閉じ込め飼いのリスク

 

犬は家の中で、サークルに閉じ込めたりしないで、
どこでも好きなところへ行けるように、完全室内フリーで
生活させてあげるのが一番いいんです。

 

 

お客さんが毎日のように来て人の出入りが激しかったり、
車であちこち旅行に行くっていうのも犬にとってはストレスです。

 

観光地でお客さんがたくさん来るカフェやホテルで
看板犬をさせられてる犬のストレスは計り知れませんね。

【参考記事】
観光地の看板犬はストレスいっぱい?犬連れ旅行の恐るべき実態

 

 

なにが起こるかわからない不安によるストレスは、毎日決まった時間に散歩して、
ご飯を食べて、規則正しい生活をすることで解決できます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

飼い主の仕事が変則的だったりする場合も、ご飯と散歩の時間は
できるだけ変えないようにしてあげましょう。

 

 

犬は20時間以上寝るのがストレスのない生活だというお話もしました。

 

飼い主がバタバタ動き回ったり、1日中テレビやラジオがついてたりすると、
それが原因で睡眠不足になることもあります。

 

【参考記事】記事準備中

 

 

難しいのが「子ども」です。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

子どもの情操教育のために犬を飼うっていう家庭も多いと思うけど、
子どもがストレスの原因になってる犬がすごく多いんです。

 

犬を飼うなら、まず親が犬に対して正しい接し方をして、
それを子どもに教えないといけません。

 

犬の世話を子どもにやらせるなんて絶対にダメです。

 

子どもだけで犬の散歩に行かせるとか、飼い主失格です。

 

犬を飼うだけでは情操教育にはならないんです。

 

親がちゃんと教えてあげれば、子どもがいても犬のストレスにならないですみます。

【参考記事】
「情操教育のために犬を飼う」は大人の正しい知識が大前提

 

 

ストレスの原因ってこんなにあるんですね…

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

ズラズラ~って書いちゃったので、これ全部なくすのとか無理って思ってる人もいるかもしれませんね。
でも、飼い主の努力次第で犬のストレスっていうのはいくらでも減らせるんです。

 

 

余力を蓄えておこう

飼い主の努力で減らせるストレスは、できる限り減らしておきましょう。

 

普段からストレスなく落ち着いた生活をしていると、
避けられないストレスにさらされた時に対処できる余力を蓄えておくことができるんです。

 

若い頃は健康な犬でも、都市をとれば色んな不調が出てくるし、
病気になったりするのも避けがたいことです。

 

でも、それまでストレスいっぱいの生活をしてきた犬と、
ストレスなく落ち着いた生活をしてきた犬とでは、
そういった避けがたいストレスに直面した時にいかに落ち着いて
対処できるかが全然違ってくるんです。

 

それまでもストレスいっぱいだった犬は新たなストレスを抱えたことで
イライラしやすくなるなどの問題が出てくるけど、
落ち着いた生活をしてきた犬は余裕があるので避けがたい大きなストレスにも
案外、落ち着いて対処できます。

 

厳しいトレーニングや激しいドッグスポーツはしないで、
サークルやクレートにも閉じ込めず、毎日規則正しい生活をしましょう。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬にとってだけじゃなく、飼い主にとっても重要なことですよ。

 

年老いた愛犬の介護って、すごく大変なこともあります。

 

その時に、いかに余力を蓄えておけるかが大事になります。

 

介護生活が長くつづくと、愛犬が死んだ時に、
「愛犬が死んだのはもちろん悲しいし寂しいけど、正直、
これで終わるんだってほっとする気持ちもある」
って飼い主さん、意外と多いんです。

 

わたしものんちゃんが8歳になり、将来の介護のことを考えるようになりました。

 

犬も長生きになってきてるのでまだ先のことだろうと思うけど、
いつ来てもいいように、余力を蓄えておこうと思います。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そのためには、わたしものんちゃんもるーこも、
毎日ストレスなく楽に暮らしていかないといけないですね。

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました