「犬にとってもっともストレスのない生活」とは?ストレスがないと20時間以上寝るらしい




犬のストレス

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

今回は、犬にとってもっともストレスの少ない生活はどんなものか
ってことについてお話します。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

ストレスは、犬の問題行動のいちばん大きな原因です。

 

ご相談を受けた場合、たいていは時間をかけてストレスマネジメントを行い、
ストレスの原因になるものを取り除いて、規則正しく落ち着いた、
ストレスのない生活環境へと変えていきます。

 

でも、犬にとってストレスのない生活ってどんなものなんでしょう?

 

ボール投げや追いかけっこでたくさん遊んであげたほうがいいって人もいるだろうし、
それよりも落ち着いて寝かせてあげたほうがいいと思う人もいます。

 

あまり構わないであげるべきだって思う人もいれば、
たくさん構ってあげたほうがいいと思う人もいます。

 

散歩コースは毎日変えるって人もいれば、
毎日同じコースを歩く人もいます。

 

飼い主さん自身が犬にどうやって接したいかや、犬とはこうものだっていう考え方の違いで、
飼い主さんが考える「犬にとってストレスのない生活」も違ってきてしまいます。

 

飼い主さんの思い込みや願望によって変わってしまうってことですね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

それじゃあ犬はいつまでたってもストレスから解放されません。

 

そこで今回は、ドイツで行われた調査をもとに、犬にとってもっともストレスのない生活
とはどんなものかについて詳しくお話します。

 

愛犬がすでにストレスを抱えていて改善してあげたいって思ってる飼い主さん、
愛犬は今の生活にストレスがあるのか気になる飼い主さん、ぜひ読んでみて下さい。

 

 

ドイツで行われた「犬のストレス」調査

ドイツのとある大学の研究チームが、一般の飼い主に対して、
散歩の長さや睡眠時間、留守番時間など40項目にわたる質問をし、
ストレスポイントをつけるっていう調査を行いました。

 

サンプル数は224です。

 

その結果、留守番時間や散歩時間の長さ、睡眠時間や遊びの有無の違いから、
どんな生活が犬にとってもっともストレスのない生活であるかがわかってきたんです。

 

  • 留守番時間は6時間以内
  • 散歩時間は2時間以内
  • 睡眠時間は20時間以上!
  • 遊びよりも落ち着いてスキンシップを

 

では、詳しく説明していきます!

 

留守番時間は6時間以内

まず、留守番時間が6時間以上になるとストレスポイントが急激にアップする
ってことがわかりました。

 

これは、留守番ストレスを少なくするためには、
留守番時間は6時間以内にしなほうがいいということです。

 

でも今の日本では8時間勤務が当たり前だし、通勤時間が片道1時間かかるとすると、
一人暮らしで犬を飼う場合、犬は10時間以上の留守番をすることになります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

場合によってはもっとかかるかもしれないですね。

 

一人暮らしではなく、家族で暮らしているのだとしても、
夫婦共働きは当たり前、子どもたちも昼間は学校に行って、
夕方も塾や部活に行っていれば、留守番時間はそんなに変わらないでしょう。

 

現代日本で飼われている犬のほとんどが、留守番ストレスに直面しているということです。

 

散歩時間は2時間以内

散歩時間については、1日2時間以内というのがもっともストレスが少ない
ということがわかりました。

 

といってもこれは、犬の散歩には毎日行かなければいけないと法律で定められており、
そのうえトイレは外でさせるのが当たり前のドイツでの調査なので、
散歩に行かないという回答はないってことが大前提です。

3時間以内と2時間以内の回答ではストレスポイントにあまり差はありませんでしたが、
4時間を超えるとストレスポイントが上がるようです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

散歩は犬にとって何より重要な毎日のイベントだけど、
長ければいいってものでもないってことです。

 

散歩時間は朝1時間、夕方に30分くらい(もしくは逆)、
それに加えてトイレ散歩2回くらいがおすすめです。

 

ついでに、散歩コースは毎日変えるんじゃなくて、
同じコースを歩くようにしてあげます。

 

基本は犬の行きたいほうについて行ってあげますが、
犬に任せるとだいたいいつも同じコースを歩きますね。

 

犬は「いつもと同じ」であることに安心するので、
毎日違うコースで違うにおいを嗅ぐよりも、
同じコースでだいたい同じにおいを嗅いで歩いたほうが安心するんです。

 

睡眠時間は20時間以上!

わたしがいちばん興味深かったのは、睡眠時間についての調査結果です。

 

犬が何時間寝ているかという質問に対して、10時間未満と答えた飼い主の犬のストレスポイントがもっとも高く、
20時間以上と答えた飼い主の犬のストレスポイントがいちばん低かったんです。

 

猫はよく寝ると言われてますけど、犬も同じくらいよく寝るんですね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そして、よく寝る犬のほうがストレスが少ないってことです。

 

1日20時間以上寝るのがどんな生活かっていうと、
散歩時間とその準備、それに食事の時間と、トイレの時間以外は
ほとんどずっと寝てるって計算になります。

 

のんちゃんとるーこが今まさにそんな生活ですね。

 

犬は室内ではずっと寝てたほうがいいってことです。

 

 

寝ている=退屈してるという勘違い

犬がずっと寝てることについて、退屈してしまってるからだと誤解している飼い主さんが多いです。

 

犬はやたら構ったり、遊んであげたりしないとストレスがたまって可哀想だ、って思ってたり、
いつも興奮して走り回るのが犬らしいと思ってる人が多いんですけど、
それはかえって犬にストレスを与えてイライラさせる原因になるんです。

【関連記事】記事準備中

 

のんちゃんとるーこも、毎日の暮らしを見ていると、
朝起きて散歩に行き、帰ってきてご飯を食べるとそのまま寝て、
夕方の散歩の時に起きて夕ご飯を食べたらそのまま本格的に寝る感じです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

昼間は場所移動するくらいで、ほとんど寝てますね。

 

こういうのが1日20時間寝る生活です。

 

たしかにのんちゃんはストレスレベルが高かった頃、
ほとんど昼間は寝ませんでした。

 

ストレスマネジメントを進めるうちに、だんだんと寝る時間が増えてったように思います。

 

20時間という数字が示されるとイメージしやすくなるし、
目指しやすくなりますね。

 

ちなみに遊びについては、犬と遊ぶという飼い主の犬よりも、
遊ばないという飼い主の犬のほうがストレスポイントが低かったです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

うちも散歩の時にコマンドゲームするくらいで、
ボール投げや引っ張りっこもほとんどしません。

 

基本的に室内ではかわまないで放っておけば、犬は寝てるようになります。

 

犬をかまうのは、寝る前とかにゆっくり体を撫でてスキンシップするていどでいいんです。

 

わたしも時々、のんちゃんとるーこが落ち着いている時に、
蒸しタオルで体を拭いてあげることがあるんですけど、
2頭ともとても気持ちよさそうにします。

 

散歩直後に無理矢理やるよりも、こうやって落ち着いている時に
ゆっくり拭いてあげたほうがスキンシップにもなるし、
犬もリラックスしてくれるんです。

 

友人から、犬がちょっと気が立ってる時に、蒸しタオルを5分くらいお腹にあてていると、
犬が熟睡するって聞きました。

 

のんちゃんのストレスレベルがまだ高かった時にやってみたんだけど、
本当にコロッと熟睡するし、リラックスしてくれるのでとってもいいアイデアです。

 

愛犬がなかなか寝なくて困ってるとか、イライラしてるといった時に、
ぜひ試してみて下さい。

 

 

「犬にとってもっともストレスのない生活」とは

  • 留守番時間は6時間以内
  • 散歩時間は2時間以内(散歩コースは毎日同じ)
  • 睡眠時間は20時間以上
  • 遊びよりも落ち着いてスキンシップを

 

漠然と「ストレスのない生活」と言われるよりも、
明確に数字で示してもらったほうがわかりやすいですね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

わたしも改めて、この数字に今の犬たちの生活があてはまるか見直してみたんですけど、
無職になってやっと留守番時間がクリアできるようになりました。

 

逆にいまはずっと家にいるから、留守番時間がほとんどありません。

 

散歩時間と睡眠時間については問題なしです。

 

こうやってパソコンやってる間も、犬たちはぐーすか寝てますし。

 

犬はいつだって元気に走り回ってボールを追いかけているのだと思い込んでいたり、
かまってあげないと可哀そうだと思ってる人がいますが、
そういう思い込みが犬にストレスを与えて問題行動を引き起こす原因になります。

 

それよりも、留守番時間を極力減らしてあげて不安をなくし、
毎日規則正しい落ち着いた生活をさせてあげましょう。

 

そういう生活をしている犬は必然的に20時間以上、よく寝るようになります。

 

落ち着いて寝ていれば、室内で興奮して暴れ回ったり、
物を破壊したりもしないから、一緒に暮らすのがとっても楽になります。

 

愛犬の問題行動にお悩みの飼い主さん、まずは、犬にとってもっともストレスのない生活を目指してみましょう!

 

【問題行動の予防と対処についてはコチラ】
愛犬の問題行動の予防と対処その1「生活環境の改善」
愛犬の問題行動の予防と対処その2「飼い主の接し方の改善」
愛犬の問題行動の予防と対処その3「ストレスマネジメント」

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました