「練習」と「実践」あるのみ!犬との会話練習のコツ




カーミングシグナル

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

 

 

愛犬と意思疎通できるようになり、
会話が出来るようになるには、以下のような手順を踏む必要があります。

 

  1. 『犬の言葉』であるカーミングシグナル・ボディシグナルについて学ぶ。
    》「カーミングシグナル」飼い主なら知っておきたい『犬の言葉』の正しい知識
  2. 犬がどのようなシグナル、表情をしている時にどのような気持ちでいるのかを観察し、読み取れるようになる。
    》表情を見て犬の気持ちを読み取ろう!のんちゃんのサンプル写真で解説
  3. 犬の気持ちを理解するということについて理解する。
    》「犬の気持ち」を理解するってどういうこと?理解するにはどうすればいい?
  4. 犬の気持ちがわかるようになったら、それを聞き入れ配慮してあげる。
    》「犬の気持ち」が理解出来たら!その次にやるべきとっても重要なこと
  5. 自分自身が『犬の言葉』を正しく使えるよう、練習と実践あるのみ。

 

第5回の今回は、犬との会話練習のコツについてお話します。

 

 

第2回の記事「表情を見て犬の気持ちを読み取ろう!のんちゃんのサンプル写真で解説」では、
のんちゃんの表情写真をもとに、表情から犬の気持ちを読み取る練習についてお話しました。

 

思い込みや願望なしで、顔全体をぱっと見て直感的に判断し、
それでわからない場合は顔全体に余計な力が入っていないか、
目元、口元が緊張していないか、目がきつくなっていたりしないか、
耳が横を向いていたり後ろに倒れていないかなど
パーツごとに見ていきます。

 

犬の表情と、その時の状況が犬にとってどんなものかを合わせて考えれば、
表情から犬の気持ちが読み取れるようになります。

 

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

オビディエンストレーニングや人混みへのお出かけなど、
どう考えても犬にとってストレスにしかならない状況では、
犬はストレスを感じているという表情しかしません。

 

厳しいトレーニング中にリラックススマイルを浮かべる犬なんていませんし、
飼い主さんが「楽しそう」と勘違いしがちな、人混みで踏まれそうになったり、
蹴られそうになったりしている犬が浮かべているのは
笑顔に見えるストレススマイルです。

 

犬がたくさんいるドッグランやドッグカフェで
リラックススマイルをしている犬なんて見たことないですし、
ほとんどの犬が緊張した表情か嫌な時の表情をしています。

 

 

人間が本来相手の表情から気持ちを読み取ることに長けているはずなのですが、
犬相手になると「楽しんでいるだろう」「喜んでいるだろう」という思い込みや、
そうであって欲しいという願望が、犬の気持ちを正しく読み取る目を曇らせます。

 

そういった色眼鏡なしで犬の表情を読み取れるようになって、
「自分はこれまで愛犬になんて負担を強いていたんだろう」
って反省しました。。。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そういう飼い主さんも多いですね。

 

さて、色眼鏡なしで犬の表情が読めるようになり、
犬の気持ちを読み取れるようになったら、
次は「犬との会話」を練習しないといけません。

 

犬との会話には、犬の言葉である「カーミングシグナル」「ボディシグナル」
を使います。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

これらのシグナルを読み取り、自分が使うためにも練習が必要なんです。

 

そこで今回は、犬との会話を上手に行うための
練習のコツをお話します!

 

 

犬の言葉「カーミングシグナル」

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

さてここで、カーミングシグナルについて
改めておさらいです。

「カーミングシグナル」っていうのは、
トゥーリッド・ルーガス氏が作った言葉でしたね。

 

それまでオオカミのボディランゲージの研究において、
相手の攻撃性を断ち切るシグナルという意味で、
「カットオフ・シグナル」という言葉が使われてきました。

 

でも犬の場合は、攻撃を断ち切るためというよりも
相手からの攻撃を防ぐために、攻撃を仕掛けようとしている相手を落ち着かせるためのシグナル
という意味で「カーミングシグナル」のほうがふさわしいということになったのです。

 

確かにオオカミの行動学の本ではたいてい
「カットオフ・シグナル」という言葉が使われていますが、
犬に限っては「カットオフ・シグナル」のほうが正確なんじゃないかなって思います。

 

犬と人とのコミュニケーション手段でもある

カーミングシグナルは犬と犬だけでなく、
犬と人とのコミュニケーション手段でもありましたね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そうです。
ルーガス氏は著書の中でこんな風に説明しています。

 

カーミングシグナルは人や犬からの威嚇を避け、不安、恐怖、騒音や不快な物事への反応を沈静化する(カームダウン)することにより、初期段階でハプニングを予防するために用いられる。(トゥーリッド・ルーガス著『カーミングシグナル』p.1)

 

カーミングシグナルは犬がストレスや不安を感じた時に、
自分を落ち着かせるためにも使うし、
また他の犬を安心させたり、敵意がないことを知らせるためにも使います。

 

それから、他の犬と友達になるためにも使うのです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

たんに犬同士のコミュニケーション手段というだけでなく、
犬と人とのコミュニケーション手段でもあるという点がとっても重要です。

 

カーミングシグナルを理解することは犬の気持ちをより深く理解するための第一歩であると同時に、
犬とコミュニケーションをとり、仲間として認めてもらうために必要不可欠なんです。

 

カーミングシグナルの種類

カーミングシグナルの種類については
これまでに29種ほどが確認されてきたそうです。

その一例をご紹介します。

  1. 顔をそむける
  2. 目を細める
  3. 体をそらす
  4. 鼻をなめる
  5. フリーズする
  6. ゆっくり歩く、ゆっくりした動作をする
  7. プレイバウ(遊びに誘うお辞儀)
  8. 座る
  9. 伏せる
  10. 欠伸する
  11. においを嗅ぐ
  12. カーブを切る
  13. スプリッティング(犬と犬との間に割って入る)
  14. しっぽを振る
  15. その他(前足を上げる、お腹を出すなど)

 

 

シグナルの「出し方」に注目

犬のカーミングシグナルの種類がある程度理解出来たら、
次はその出し方と、出す時の犬の気持ちについても理解しましょう。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

一口にカーミングシグナルといっても、
ストレスがかかった時に出すシグナルもあれば、
軽い挨拶の時によく出すシグナルもあります。

 

例えば欠伸は、他の犬を落ち着かせるために出すものだと説明しているサイトや本が多いですが、
実際には自分自身に強いストレスがかかった時や、疲れた時に出すことが多いんです。

 

それに対して、頭をヘコヘコさせて何度もお辞儀するというのは、
緊張している相手やよく知らない相手に対する積極的で友好的な挨拶
として使われることが多いです。

 

もっと軽く「やあ」くらいの挨拶としては、
目をパチパチさせて瞬きしたり、舌をペロッと一舐めしたり、
顔を背けるなどのシグナルがよく使われます。

 

同じ舌をペロッとするのでも、
何度もペロペロするのはストレスがかかったサインです。

 

そのストレスがもっと強くなると、
口をペチャペチャさせます。

 

このように、まずは犬が出すシグナルをしっかり理解して、
どんな時にどんなシグナルを出すのかをよく観察しましょう。

 

犬による「癖」に注意

「犬の言葉」は少ないので、同じ動作でも状況によって違う意味を持っている
ということがよくあります。

 

なので、その時の状況もあわせて判断することが大事です。

 

 

それから、犬によるシグナルの「癖」についても注意しましょう。

 

相手に落ち着いて欲しい時に、地面のにおいを嗅いで見せる子もいれば、
顔を背けたり伏せたり座ったりというシグナルを使う子もいます。

 

のんちゃんは興奮している相手を鎮める時は、
ひたすらフリーズでやり過ごそうとするし、
るーこは一生懸命お辞儀してゆっくりした動作をします。

 

知らない人からわしゃわしゃと撫でられてしまった時、
のんちゃんは前足を上げますが、
るーこは背中を向けて対応します。

 

人間でいう「口癖」みたいなものでしょうか。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そうですね。
同じ意味を持つ『言葉』でも、犬によって使う頻度が違うのはよくあります。

 

また、その犬のその行動が本当にカーミングシグナルなのかどうかも
判断する目が必要です。

 

緊張していたり、不安だったり、ストレスを感じているがゆえに地面のにおいを嗅いでいるのか、
ただたんに気になるにおいを追跡しているだけなのか。

 

相手を落ち着かせるためにお腹を見せているのか、
ただリラックスしてヘソ天になっているだけなのか。

 

状況によって全く違ってくるので、
どんな状況でどんなシグナルを出すのか、
愛犬のシグナルの癖を把握しておきましょう。

 

 

犬との「会話」の練習

犬の言葉が理解できるようになったら、
次は「会話」の練習です。

 

自分がまだシグナルが上手く読み取れないようでは、
会話も上手くいかないので、段階を踏んでいくことが大事です。

 

興奮している状態にある犬は、
他の犬にカーブを描きながら近づくといったシグナルは出さずに、
いきなりまっすぐ近づいていくことが多いです。

 

そんな犬にこちらからシグナルを出しても通じません。

 

聞く耳を持っていない状態なんです。

 

 

自分の犬と会話しようという時は、
まずはストレスマネジメントに取り組んで落ち着いてから、
またその子が落ち着いている時に試しましょう。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

「やあ」という軽い挨拶からやってあげるのがおすすめです。

 

道ですれ違うような犬にも、その子がゆっくりまったり歩いているようだったら、
科r九お辞儀したり、顔を背けたりなどすると、反応を返してくれます。

 

時々、びっくりしたように目をまん丸にして、
「僕の言葉わかるの!?」と見つめて来る子がいますよね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

多分そういう子は、飼い主さんとの会話が上手くいっていない、
もしくは飼い主さんが犬の言葉を理解していないんでしょうね。

 

犬だけでなく、猫にも同じカーミングシグナルが通じます。

 

犬よりも猫のほうが通じやすい気がします。

 

犬の「マナー」を守る

カーミングシグナルは犬にとって
相手に対して友好的であることを示すものです。

 

なので、間違った使い方はせずに、犬の「マナー」を守って使いましょう。

 

例えば、せっかく顔を背けるというシグナルを出して友好的であることを示しているのに、
その状態で正面から近づいて行ったら意味がありません。

 

近づく時はちゃんとカーブを描いて近づくようにしましょう。

 

すれ違う時も、ヘコヘコお辞儀をしているのに
犬をガン見していたら意味がありません。

 

お辞儀しつつ、瞬きしたり横を向いたり、
舌をペロッとするなどしつつ、
大きくカーブを描いて通り過ぎるのがマナーです。

 

 

これはいつもやるべきマナーなので、
気が向いた時にやるのではなく、いつも必ずやるように
習慣づけましょう。

 

毎回やってみると、どうすれば犬に通じやすいかもわかってきます。

 

 

「練習」と「実践」あるのみ

「犬の言葉」というのはいつもわたしたちが
使っている言葉とは全く違うものです。

 

英語やフランス語など、外国語と同じです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

外国語と学ぶ時、どうやって勉強しますか?

単語の意味やどういう時に使う言葉なのか、
文法を学んで、実際の発音や話し方を聞いて、
自分でも実際に話すことで上達しますね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そうですね。
でもその時、教科書を読んで単語や文法を学ぶだけじゃ
会話できるようにはなりません。

 

実際に、その外国語を日常的に話している人の話し方を聞いて、
自分でも実際に話してみること、その言葉で伝えようと試みることが重要です。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

わたしもオーストラリアに行った時、
行く前は英語なんて全然話せないしまず聞き取れなかったんだけど、
6ヶ月間現地で英語を浴びていたことで研修が終わるころには
会話できるようになってました。

 

犬の言葉で会話するのも同じです。

 

犬の言葉について書いているサイトや本はたくさんあります。

 

このブログでも取り上げています。

 

でも、それを読んでわかったような気になるだけでは、
会話は出来るようにはなりません。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

知識として学んだら、次はそれを実際に使ってみましょう!

 

はじめは下手でも、上手く伝わらなくてもいいんです。

 

何度も何度も繰り返し練習することで上達していきます。

 

知識として学んだだけで会話できるようになると
勘違いしている飼い主さんがいますが、それは違います。

 

犬の言葉で犬と会話するには、「練習」と「実践」あるのみです。

 

 

とはいえ、「言葉」を知らなければ会話もできないので、
カーミングシグナルについてはトゥーリッド・ルーガス著の
『カーミングシグナル』をよく読んでおくことをオススメします!

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

英語版がオススメですが、訳すのが大変だと言う方は、
日本語版でも十分勉強になりますよ。


次回は番外編として、犬との会話練習でやりがちな失敗についてお話します。

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました