退職から半年、実はヤバイ状態だった当時を振り返る




働き方

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

今年の2月に解雇通告をされてから8ヶ月、3月いっぱいで退職してからは半年以上がたちました。

 

ブログでは、解雇通告されたことを漫画にして、けっこう面白おかしくお伝えしてきたけど、
実はわたし、当時けっこうヤバイ状態だったのかなって後から気が付きました。

【漫画はコチラ】
【連載】仕事をクビになりまして。プロローグ的な

 

この漫画のテンションとはだいぶ違う内容の記事になります。

そこで今回は、わたしが解雇通告された当時のことを振り返ってみようと思います。

 

今、なんだか調子がおかしいな?
病院行ったほうがいいのかな?でも仕事行きたくないなんて甘えだよね。。。
そんな風に自分の変化を感じている方が、「こういうことがあるなら病院行ってみようかな」って思ってもらえれば幸いです。

 

 

退職までに出てた症状

まずは退職するまでにわたしを悩ませていた数々の症状が以下の通りです。

「あーこれわたしもあるかも!」
なんて項目がいくつもあるようだったら、会社や職場から少しでも遠ざかれないか、真剣に考えたほうがいいかと思います。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

ちなみにわたしは退職してからもしばらくは症状が続いてたけど、今は全然ないし、
解雇通告されてから少しずつ改善していきました。笑

 

 

  • 通勤中なぜか涙が出てくる
  • 仕事中に何もないのに涙が出てくる
  • 仕事中に過呼吸になる
  • 仕事中ずっと頭痛がする
  • 仕事中突然腹痛が襲ってくる
  • 午前中は特に何もやる気になれない
  • パッと頭が真っ白になって仕事のやり方を忘れてしまうことがある
  • ご飯や大好物がおいしく感じない
  • 何度も夜中に目が覚めるのにとても朝早い時間に起きてしまう
  • 日中は眠くて意識が飛ぶ
  • 趣味を楽しく感じられないしどうでもよくなってくる
  • ベッドから出るのにめっちゃ努力が必要
  • とりあえず休日はずっとベッドの上にいる
  • ある日突然、死にたくなる

 

ざっとこんな感じでした。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

これがあるとヤバイかも!って項目には色をつけておきましたよ。

 

どうでしょう?もしこれにいくつも当てはまるなら、一度メンタルクリニックに行って先生に相談したほうがいいかもしれません。

ちなみに、保健師さんを雇ってる会社もあるけど、その保健師さんに相談するのはあまりおすすめしないです。

調べてみたら、相談しても「まだまだ大丈夫だと思いますよ!もし辛かったらお薬飲みながら仕事もできますし」
とか言われるだけで真面目には心配してくれなかったって人が多かったです。
もちろん、ちゃんと心配してくれる保健師さんもいるんだろうけど、自分の身を守るためには会社から出たところで相談したほうがいいですね。

 

この症状が仕事がある日だけに出てた時は、わたしは怠け癖があることをすごく自覚してるので
「ああいつもの怠け癖だわ~」って思ってたんだけど、
気が付いたら休みの日もこんな感じになっちゃってて、慣れてるはずのブログの更新画面の操作がわからなくなったり、
ペンタブの操作がわかんなくなったりして、

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

あれ?これはいつもの怠け癖とは違うかもしれない。

 

って思うようになったんです。
それが去年の11月のはじめくらいだったかな。

 

で、友達と一緒にご飯食べに行った時に相談したら、友達は超真面目な顔して、

「それ病院行ったほうがいい。ぜったい病院行くべき」

って言ってくれて、そこでやっと自分はヤバイ状態なのでは?
って気づいたんです。

 

 

病院に行くのが嫌だった理由

友達にあんなに心配されたとはいえ、わたしは病院に行くのがすごく嫌でした。

その直前に、女性職員さんが一人(わたしの職場は市が運営してる施設だったので、市職員さんが何人かいました)、
うつ病でやめたばかりだったっていうのがあります。

その前にも、何人かうつ病で退職or休職→退職・異動、ってことがあったそうです。

 

そのせいなのか、うつ病に対する他の職員さんや臨時職員さんの目がすごく厳しかったんですよね。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

退職や休職で人が減る→新しい人が車で残った人が大変、ってことですよね。

 

うつ病になる人が多い職場ではあったけど、ほとんどの人がずっと健康的に働き続けられていたから、
そういう人たちからすればうつ病とか言って退職したり休職したりする人はやっぱり迷惑なんだと思います。
けっこうギリギリの人数で回してるところもあったから、だれかが倒れるとそのしわ寄せが半端ないんですよね。
そういうのがイライラになってうつ病になった人への陰口につながってたのかな。

 

わたしがいつも一緒に仕事してた臨時職員さんたちは、そういうことは言わない大人な人たちだったけど、
職員さんたちは思ったことをポンポン言ってしまうタイプだったから、けっこう言い合ってるのを聞きました。
「あいつ長々休んで金もらってるけどずるいよねー(傷病手当のことかと)」
「仮病でしょ」「
「復帰してもまたすぐ休職とか、あれ調整してるんじゃないの」
特に女性職員さんの悪口がすごかったな。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そのせいで、うつ病に限らず精神的な病気で休職した人は一人も戻って来たことがないそう。

 

そんな職場だったから、病院に行ってうつ病って診断されるのが嫌だったし、何より自分が本当にうつ病ってなるのが怖かったんですよね。

 

 

そもそもなんでこんなことになったのか

わたしは前から、時々、精神的に危ないなってなることはよくありました。

それが病気だったのかはわからないんだけど、社会人になってから急に涙が出たり、過呼吸になったり、通勤途中に下痢を繰り返すなんてことは
今までの社会人生活でも割とよくあることでした。

そのたびに有給休暇をとったり、休める時は休ませてもらったりして、気分を変えるようにしました。
今は怠けたい癖が出てるだけ。ちょっと休めがすぐ治る。そんな風に付き合ってきました。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そうするとまた頑張れるようになったので、へこみやすいけど復活も早いタイプでした。

 

ただあの時だけは、何をしても回復できなくなりました。
とある女性職員に気分で言うことを変えられたり、毎日書類を投げられたり、高圧的な態度をとられることがストレス…というよりもはや恐怖でした。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

その女性職員、昔いじめてきた女にそっくりだったんだよな。

 

その女性職員のせいで辞めた人が他にも2人いて、他にも臨時職員の雇用期間満了で2人減り、
合計4人も減ったのに増えたのは2人だけで、今いる人数で残り2人分の仕事量をカバーすることになりました。

そのせいでみんなイライラするし、大嫌いだった女性職員の機嫌もますます悪くなりました。
いやもとはといえばお前のせいでもあるんだけどな。
話しかければキレる。以前は機嫌がいいと長々と話してきたくせに。書類は枚数が少なければ投げて渡す。多ければ机にたたきつける。

 

である時、いい加減わたしの中で何かが切れ、投げつけられて渡された書類をその場でビリッビリに破り捨ててやった日の夜。

ふと突然、

 

死にたい。

 

って思ってしまったんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

すぐにはっと我に返りましたけど。
今まで色んな不調はあったけど、そんな風に思うのは初めてでした。

 

そこでやっと、自分はヤバイ状態なんだって自覚できました。
これが今年の1月くらいです。

 

 

悪循環にハマる

ストレスから過呼吸・めまい・夜眠れないせいで日中めっちゃ眠いせいで頭が回らなくなって、
仕事の速さも落ちたし、ミスが目に見えて多くなりました。

わたしは完璧主義ではないけど、それでも自分の仕事はしっかりやりたいって思います。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

こんなミスするなんてあり得ない。わたし使えなさすぎる。ゴミだ。

 

こんな風に考えちゃうので、ますますストレスが溜まるし、そのせいでイライラして眠れない、そしてまたミス…のまさに負の無限ループ状態。

わたしが書類を破り捨ててからしばらくは大人しくなってた女性職員が、またイライラして書類を投げつけてきた時に、
「あーもう頑張れない!ってか頑張るのもバカバカしい!」って心がポキッと折れちゃいました。

 

 

病院に行く前に「解雇通告」された

もうこれは病院に行くしかない!
って思ったんだけど、その前に、2月のはじめに解雇通告されました。

なんか、職場の雇用形態が変わるとかなんとかで、まだ満期になってない臨時職員さんがわたしを含めて何人か、解雇になったんだそうです。

普通ならガッカリしたり、何でですか!って食って掛かるところだと思うんだけど、
わたしはすーーーごくほっとしたんですよね。
ああ4月からもうここには来なくていいんだ!って。

のんちゃんとるーことずっと一緒にいられる!って思ったのもそうなんだけど、
わたしが「ありがとうございます!」って言っちゃったのはこれが一番の理由です。
「来なくていいって言ってくれてありがとうございます!」みたいな。職員さんびっくりしたろうなあ。

 

そこから自分でもわかるくらいに不調がグングン回復していきました。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

病院行くしかないって思ってたのに。

 

やっぱり通勤は辛かったけどあと2ヶ月足らずって思えば足取りも軽く通勤できたし、
勤務中に泣くことも頭が痛くなることも腹痛起こすこともなくなったし。
夜もよく眠れるようになりました。あんなにがっつり眠れたのは本当に久しぶりでした。
ご飯もおいしく食べられるようになったし、ブログもまたがんばろうって思えるようになったし。

 

3月31日、無事に退職。

4月からは完全無職で暮らしてます。
無職になってからもしばらくは頭痛や腹痛に襲われたり、起きられないことがあったけど、今はそれもなくなりました。

毎日とっても快適に過ごせています。

 

 

ちょっとおかしいなって思ってる方、自分を大事にして下さい

会社が辛過ぎて、いっそ消えてなくなってしまいたい。なんて思ってる人、いませんか?
いつもじゃなくても、時々思ってしまうってことはないですか?

自殺に踏み切ってしまう前に、一度、病院に行くことをおすすめします。

 

「自殺なんてそんな大げさな~」って思うかもしれないけど、自殺未遂をした人って、
多くの人が自殺しようとした時の心境を「魔が差した」って言うんです。
コンビニで万引きするのと同じような心境だって。

だから、いつもはそんな風に思わなくても、ふとした時に「死にたい」って思うことで、
魔が差すことで、自殺しちゃうってこともあるんです。

命を奪う仕事よりも、自分のほうがずっとずっと大事なはずです。

 

つい最近「テイコウペンギン」って漫画を読んだんだけど、そのなかに、
「労働は最悪、死に至る場合があります」って文言にドキッとしたんですよね。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

会社はお金はくれるけど命は守ってくれません。
自分を守るのは自分しかいないんです。

 

会社はあなた一人いなくなっても何とか回っていきますから心配しないで下さい。
休んでいる間だって、傷病手当ってものが1年6ヶ月はもらえるから、しばらくはお金の心配もありません。

わたしは病院に行く前に職場のほうから来なくていいって言ってもらえたけど、
そうじゃなかったらもっと深刻なことになってたかもしれないなって思います。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

退職してから思ったのは、もっと早くに自分から辞めてればよかったなってことです。
辞めちゃえばあの女職員にも意地悪されないし、悪口も聞こえないし!

 

この時のことを思い出すのは正直辛かったけど、書いたことでスッキリしました。

同じように心が疲れてしまった人の参考になれば嬉しいです。

【いじめられてた時のお話はコチラ】
「辛かったら逃げてもいい」わたしがいじめられてた頃の話

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました