「天罰方式」は本当に犬に優しいのか?




犬日記+

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

<犬日記>

 

今日は天気悪い予報だけど朝は晴れてて青空も見えたし。

 

ちゃんとお散歩に行けました(*^-^*)

 

今はちょっと曇ってきちゃってるけどね。

 

朝散歩の時は汗ばむくらい暑かった。

 

お散歩行ったら眠くなっちゃったのよ~。

 

昨日は久しぶりに朝も夕方もしっかりコースでお散歩行けたんです。

 

途中で雨に降られて慌てて帰ることもなく。

 

るーこの出発の時に雨が降ることもなく。

 

 

夕方散歩に行けないとルーティンが崩れるのか、
のんちゃんは特にその後の睡眠時間が短いです。

 

昨日もお散歩行ったし今日の朝も行けたから、
しっかり寝てくれるかな。

 

すやぁーーー。。。

 

最近、床で寝ることが多くなってきたるーこ。

 

さすがにベッドは暑いのかも。

 

のんちゃんもお気に入りの自分のベッド使わなくなってきたし。

 

 

まあ毎回毎回似たような犬たちの写真だけど、
こういう同じような毎日が幸せよね。

 

今日も夕方のお散歩、雨に降られないで行けるといいな~。

 

▼1日1回「読んだよ!」のポチッをお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

犬のしつけの一つに「天罰方式」ってものがあります。

 

聞いたことがある、実際にやっているトレーナーを見た、
もしくは自分もうやったことあるって人多いんじゃないでしょうか。

 

犬が人間にとって好ましくない行動をした時に、
誰がやっているのかわからないように犬が嫌がる刺激を与えて、
その行動をやらないようにするっていうものです。

 

重要なのは、この「誰がやっているのかわからないように」って部分です。

 

「誰がやっているのかわからない」ので、
実際には嫌な刺激を与えているトレーナーや飼い主に良くない感情を持たず、
怯えたり反抗的になったりしないんだそうです。

 

そして「誰がやっているかわからない」この天罰方式は
「犬を叱ることにはならない」から「犬に優しい方法」なんだとか。

 

 

これを聞いて「なるほど」って思っちゃったあなた。

 

はいちょっと待ったーーー!!!

 

人間側は「誰がやっているのかわからない」ように、
空き缶を投げたりチェーンを投げたりするんだけど、
犬ってそれをやってるのが誰かわかんないほど馬鹿じゃないですからね。

 

全部バレバレ。

 

そもそもさ、「誰がやっているのかわからないように」って言いながら
犬に丸見えの位置から天罰とやらを与えているトレーナーがほとんどです。

 

それを見ながら「どこが天罰やねん」と呆れてしまいます。

 

天罰方式は、決して犬を叱ってないことにはならないし、
犬にとって優しい方法でもないんですよ。

 

 

天罰方式のやり方について簡単に説明すると、一般的なのが、
犬が吠えた時に小石が入った空き缶を落としたり、
犬のそばに投げたりして大きな音を出し、
犬を脅かして吠えるのをやめさせるっていう方法です。

 

チョークチェーンを投げるって方法もあって、
わたしは学生の時にこのやり方を教わりました。

 

 

「罰は使わない」「犬は叱らない」って言ってるようなしつけ教室やパピークラスでも、
このやり方を採用してるところは多いです。

 

わたしが学生時代に研修した動物病院のパピークラスでも、
「犬は叱らない」が謳い文句だったけど子犬が吠えれば空き缶を落としてやめさせてましたね。

 

 

さきほども言ったように「天罰方式」で重要なのは、
「誰がやったのかわからないように」って部分です。

 

ここを疑問に思って下されば嬉しいのだけど、
「誰がやったのかわからないようにする」にはどうすればいいんでしょうか。

 

空き缶やチェーンを投げているのが飼い主やトレーナーだっていうのは
犬にはバレバレだってすぐにわかるでしょう。

 

犬が吠えている時に自分のそばに空き缶が落とされれば、
それは誰かが投げたということは犬にだってわかるし、
その場にいたのが飼い主しかいなければ飼い主が投げたというのはすぐにわかります。

 

罰は天が下しているわけじゃなく、すぐそばにいる人間が下しているんです。

 

見えない場所から一生懸命、空き缶を投げて「天罰」にしようとしてる人もいるけど、
それだってバレバレですからね。

 

 

学生時代に教わったトレーナー講師も、
この「天罰方式」をやってる人だったけど、
そのトレーナーのやり方はもはや「天罰にするつもりがあるのか」ってくらい雑でした。

 

授業中、トレーニングを受けるのを待っている間、犬たちはクレートに入れられています。

 

目の前を犬が走ったり、大きな声が響いたりする教室では
犬たちは興奮して、吠える子も多くいました。

 

そういう吠える犬に、トレーナーは学生に
「犬が吠えたらチェーンを投げて、それで吠えやまなかったら
近くまで行ってクレートを叩いたり蹴飛ばして黙らせろ」と教えました。

 

トレーナーが自分の犬にそうやっているのも何度も見ました。

 

見えないところからチェーンを投げるならまだしも、
近くまで行って叩いたり蹴ったりっていうのは犬には丸見えだし、
誰がやってるかっていうのはわかるはずです。

 

それでもトレーナーは「天罰方式だから問題ない」って言うんですよね。

 

別になに方式でもいいんだけど、クレートの中にいる犬は大きな音と振動で
恐怖に怯え切った顔をしていることがほとんどでした。

 

中にはさらに興奮して、吠えやむどころかさらに声を大きくして吠える子もいました。

 

しかも、自分のトレーニングを担当している学生や、
トレーナーがそばに寄って来てクレートを蹴るのは丸見えです。

 

天罰でも何でもなく、これは普通にただの「罰」です。

 

だれがやったかわかんないから大丈夫、なんてよく通用すると思ったなって呆れちゃいます。

 

 

「天罰方式」だから大丈夫っていうのは人間側が都合よくそう言ってるだけで、
実際はなに方式だろうが罰は罰です。

 

 

こういったやり方を、犬を叱らないって言ってるトレーナーが
「犬に優しい」とかって紹介してることも多いので、注意が必要です。

 

学生時代のトレーナー講師も「陽性強化法」を使うしつけ教室のトレーナーでした。

 

こういったトレーナーたちには、自分がやっていることが本当に犬に優しいのか、
もう一度よく考えてからものを言って欲しいものです。

 

 

人間の世界では直接体を叩いたり、蹴ったりなんてしなくても、
壁などを殴って大きな音を出したりして相手を精神的に追い詰めたり、
恐怖を与えることは虐待やDVと判断されます。

 

人間の虐待やDVの場合、実際に叩いたり蹴られることよりも、
相手がちょっと乱暴な言動をしたり、物を破壊することで
「自分も暴力を振るわれるかも」と思うことによる恐怖心の方が重大だと言います。

 

実際には自分に暴力を振るわれなくても、
何かあるたびに物を投げたり、大きな音を出したりされれば、
相手に対する恐怖心や不安は大きくなります。

 

直接は暴力を振るわなくても、配偶者や恋人が気に障ることをした時に、
大きな音を出したり舌打ちするなどして相手を精神的に追い詰め、
コントロールすることもあります。

 

そうなると、された側は相手の顔色をうかがうようになり、
精神的に相手に支配されるようになってしまうんです。

 

 

犬もこれと同じで、何かあるたびに物を投げつけられたり、
大きな音を出されたりしていると、飼い主に対する不信感が募っていきます。

 

どんなに犬に見えないように「天罰」にしようとしても、
罰を与えているのは飼い主だって犬にはわかるんです。

 

「天罰」と都合よく言ったところで犬を罰するためのものなら罰は罰です。

 

罰を与えられている犬はだんだんと飼い主に対して心を閉ざし、
何をするにもビクビクするようになって、常に飼い主の顔色をうかがうようになります。

 

人間に対する精神的なDVと同じで、これは犬に対する立派な暴力です。

 

 

罰には即効性があり、問題行動に困り果てた飼い主には
とても便利な解決策に見えるでしょう。

 

でも、暴力的な行為では何も解決しません。

 

自分は罰を使わないと言う飼い主さんでも、この「天罰方式」は使ってるってことが
今までに何度もありました。

 

みんな「犬に優しいから大丈夫」って信じて疑わないんです。

 

天罰方式に限らず、自分は犬に優しいことしかしてないって思ってる飼い主さん。

 

今一度、自分がやっていることは本当に犬に優しいことかどうか
客観的に考えてみて下さいね。

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

<犬日記おまけ>

 

るーこの足裏もボーボーでした(;^ω^)

 

 

るーこはけっこう繊細な子で、
足裏に何かくっつくとフリーズするんです。

 

あとお散歩で足が濡れるのも嫌い。

 

のんちゃんはゴミくっついても平気で歩くし、
水たまりにもジャバジャバ入ってくんだけどね。

 

普段はのんちゃんのほうが繊細だけど、
こういうとこは逆なのよね。

 

 

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました