犬と人間、真の「わがまま」はどっち対決




犬日記+

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

 

 

 

<犬日記>

昨日は1日雨で。

お散歩もちょっとしか行けなかったんですが。

夕方、雨がやんで見えた青空が、
と~~~ってもきれいだったんです(≧▽≦)

 

夕焼けになる直前の、ちょっと、なんとなく、
昼間の青空とは違う感じがする空。

 

きれいだね~~~。

秋の空もきれいですごく好きだけど、
夏の、濃い~~~青の、
場合によっては黒くすら見える空も好きです( *´艸`)

 

思わず、のんちゃんとるーこも見物に来るくらい。

ではなく。。。

 

これは、

「早くご飯にしなさい!」

「おなかすいたよ~~~」

の顔(;^ω^)

 

昨日は夕方散歩しか行けなかったけど、
今日はギリ雨降る前に朝散歩行けました。

あたしが行く直前まで降ってたんだけど、
準備して外出たらやんでたのよ。

 

でもぼくのばんがきて、そとでたら、
またふってきたのだ。。。

 

るーこは筋金入りの雨男なのです(;^ω^)

なんせ、るーこがうちに来てから1週間、
ず~~~~~っと雨だったからね。

お散歩も、降りそうだな~降る前に行くか~って、
のんちゃんの散歩の時は降らないのに、
るーこの散歩を始めると途端に降り始めるってことも多くて。

 

これからの時期、るーこの散歩中は、
急な雨に要注意なのです。

 

▼1日1回「読んだよ!」のポチッをお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

 

 

昨日の記事で、犬の「わがまま」と「生きる気力」について書きました。
【昨日の記事】犬を「わがまま」にしないということ

 

そこで今日は、

犬と人間、本当にわがままなのはどっち!?

ってお話をします。

 

 

あなたはどんな時に、「うちの犬はわがまま」だと感じますか?

 

別ブログで無料メール相談をしていた時、
「うちのわがままなんです」って言った飼い主さんに、
どんな時にそう感じるかアンケートをとったのですが、
回答として多いのはこんな感じでした。
※無料メール相談は現在はやってません。

  • 散歩の時にまっすぐ歩かない・寄り道する。
  • 今日は短いコースで帰りたいのにそれを拒否する。
  • ソファで寝ているのをどかそうとすると怒る。
  • 知らない場所に行くと歩かない。
  • ご飯を食べない。
  • 留守番を嫌がる。
  • 家族ひとりだけ言うことを聞かない人がいる。
  • 気に入らないことがあると物を破壊する。

だいたいこんな感じなのですが、これをわかりやすく言うと、
「自分の言うことを聞いてくれない時」
「自分の思い通りの行動をしてくれない時」
になります。

 

もっとわかりやすいところで言うと、
人間が出したコマンドに従わない、っていうのがありますね。

 

犬が自分の言うことを聞かない、思い通り・期待通りの行動をしてくれない時に、
「この子はなんてわがままなんだろう」って思う飼い主さんが多いんです。

そして、犬たちは叱られなくてもいいところで叱られてるんですよね。

 

でも、それって本当に「わがまま」なんでしょうかね?

 

 

犬(だけでなく猫も)というのは何かにつけて、
「わがまま」だと言われがちです。

例えば、のんちゃんは以前、食べ物に対してとても敏感な時期がありました。
今食べたいものを出してあげないと「今日はこれじゃない!」って言って、
頑としてそれを食べてくれないんです。

猫もこういう風に食べ物に敏感な子が多いので、出したものを食べないと、
「わがままだね」という飼い主さんが多いです。

犬でも、子犬や小型犬に、気分じゃないとご飯を食べない、
ってことがよく見られます。

 

「うちの子はグルメで」って言われるくらいならいいけど、
これは本当に「わがまま」と言われるほどのことなんでしょうか。

犬も猫も人間に飼われている以上、自分で好きなように、
食べ物を調達できない環境にいます。

なので、食事のメニューの希望くらいは
聞いてあげたっていいんじゃないかなって思うんです。

 

ちょっと自分の希望を飼い主に伝えてみただけなのに、
「あんたはわがままだね」って言われちゃうんだから、
犬たちだってたまったもんじゃないですよね。

 

 

飼い主に限らず人間っていうのは、
犬や猫、さらには子どもに対して、
すぐに「わがまま」だって思いすぎだと思うんです。

 

わたしは高校の時、社会福祉の専攻学科に通ってて、
そこで介護や児童福祉なんかについて学んできました。

その中で、発達障害児に対する接し方を学んだことがあります。

今思えば、親や教員が、自分とはちょっと感覚の違う子どもに対してどう接するかっていうのは、
人間の犬への接し方の観点から見てもすごく参考になったと思います。

 

こんな事例がありました。

自閉症で特別学級に通っている子が、花柄など特定の柄や汚れを嫌がって、
バスのシートに座れないことがあると言います。

ある日、デイサービスに行ってお弁当を食べようとした時、
テーブルに汚れがありました。

その子は「こんな汚いところで食べるのはやだ」って言ったのだけど、
職員は「汚くなんてないでしょう」と言っただけでなく、
その子を叱ったそうです。

かわいそうに、その子はお弁当を半分しか食べませんでした。

 

感覚過敏や強いこだわりを持つ障害特性について、
理解しましょうというお話でした。

その子どもや犬にとって、どうしても嫌なことは嫌なんです。

デイサービスのテーブルだったら、「そうか嫌なんだね」と言って、
テーブルを変えてあげればいいだけじゃないですか。

なんならどのテーブルで食べるか、その子に
選んでもらったっていいのに。

 

それを、自分の感覚で「これくらい大丈夫でしょう、我慢して食べなさい」
って言うのは、その子にとっては酷なことです。

 

同じ子は、学校の行事で整列させられる時に、
「フラフラしない!」と注意されるのがいやで行事に参加しないそうです。

バランス感覚か筋力かなにかが原因で、
まっすぐにじっと立っているのが難しい子もいます。

そういう子にとって、他の子と同じように一列に並んでいるっていうのは、
かなり大変なことなんです。

 

わたしが学生として学んでいた時の資料なので、
今は改善されていると思いたいですが、
学校側のその子に対する評価は、
「わがままで手の焼ける子」というものでした。

 

 

自分のちょっとした希望を伝えたり、
本人がどう頑張っても出来ないことがあったり、
どうしても嫌なことを嫌だと主張すると、
どうもそれは「わがまま」ということになってしまうそうです。

 

犬や子どもを「わがまま」だと思うのは、
自分の思い通りにならない相手へのレッテルを貼ることです。

 

頭をあげてまっすぐ歩いて欲しいのに、
地面のにおいを嗅いでばかりいたり、
電柱にマーキングしたり、草むらに入って行ったり、
ヒラヒラする葉っぱを追いかけてばかりで、
あっちに行ったりこっちに行ったりするのは、
「わがまま」じゃありません。

ひとりぼっちで留守番させられると吠えて物を破壊したり、
夜にベッドに上げてくれと鳴いたり、
慣れない場所では歩かなくなるのも、
「わがまま」じゃないんです。

 

さらに、そうなったのは「甘やかした」せいでもありません。

 

そういう考え方は、「犬の気持ちに寄り添う」という考え方からは正反対になります。

嫌だとか、怖いとか、不安だとか、
そういう気持ちを犬が伝えてきたら、
「そうかそうか」と受け入れて上げて、
肯定してあげることが、気持ちに寄り添うってことです。

 

そうしていたらどんどん怖いものが増えたり、
色んなものを嫌がるようになって何も出来なくなっちゃうんじゃないか、
と心配する飼い主さんは多いけど、そんなことはありません。

苦手なものは原因を探して、可能だったら取り除いて、
それが出来なかったら距離をとって回避する。

そうしていれば少しずつ、怖い・苦手の度合いが減っていきます。

 

でも、無理に慣らそうとすると、ますます苦手になるし、
出来なくなるんです。

 

 

犬に「わがまま」のレッテルを貼る前に、
自分がなんでそう思うのかを考えてみて下さい。

いつも自分の言うことを聞かせて、
思い通りに動かそうとしてませんか?

 

 

あなたが犬のことを「わがまま」だと思う時、
きっと犬のほうもあなたのことを、

 

「もう、わがままで手の焼ける人間だなあ」

 

って思ってますよ。

 

犬と人間、真のわがままはどっち!?対決は、
どうも人間のほうに軍配が上がりそうですね。

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

 

 

<犬日記おまけ>

実はけっこう撮れてる犬たちの変顔写真。

気を抜くと変な顔になるのは、
犬も人間も同じ( *´艸`)

しかしこれは本犬には見せられないなあ・・・

 

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました