犬を「わがまま」にしないということ




犬日記+

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

 

 

 

<犬日記>

今日は朝から雨ですねえ。

このひどい降り方では犬たちもお散歩に行こうとは言わず、
朝ごはん食べたら2度寝を始めました( *´艸`)

 

4月にわたしが仕事をやめて、家で仕事(らしきもの)をするようになってから、
のんちゃんもるーこもだいたいわたしのそばで寝るようになりました。

のんちゃんはお気に入りの自分のベッドで。

 

るーこはわたしのベッドがお気に入り。


奥の布団グチャグチャはのんちゃんがやりました( ;´Д`)

 

でも最近は暑いのか床で行き倒れてることも多い。

 

あと、のんちゃんは窓の近くにいるのも好きです。

なんだかアンニュイな表情が撮れてしまった。。。

今日みたく雨が降ってると、網戸越しに外を見て、
じーーーっと耳をすませてることが多いです。

時々、クンクンと鼻を鳴らしてにおいを嗅いでたり。

 

晴れてる日はベランダに出るのも好きですね。

 

2頭そろって外を眺めてることもあります( *´艸`)

 

うちは基本的に、犬は家の好きなとこに行ってオーケー。

母が料理してる時とかは、キッチンに入れないよう、
一時的に封鎖することもありますが。

好きなところで好きなように過ごしてオッケーってことになってます。

 

でも犬たちがいるところってだいたい決まってて。

夏は犬がいるところにいれば涼しいし。

冬は犬がいるところにいればあったかいです。

 

かと思えば通り道やドアの前で行き倒れてたり。

 

犬たちは今日も自由です。

 

▼1日1回「読んだよ!」のポチッをお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

 

 

わたしは普段からうちの犬たちに対して、犬の意思を尊重し、最大限の自由を保証し、
基本的に犬がやりたいようにさせてあげることを大事にしています。

犬が落ち着いて、穏やかでストレスのない生活を送ってもらうには、
犬の意思を尊重するのが一番だと思ってるからです。

 

 

っていうと、「やりたいようにやらせると犬がわがままになる」
って言われることがあるんですけどね( ;´Д`)

このまったり犬育を始めたばかりの飼い主さんからも、
「犬を自由にさせたらわがままになりませんか?」
って心配されちゃうこともあります。

 

 

「好きなようにさせたり、やりたいことばかりさせたらわがままになる」
っていうのは、犬だけじゃなくって人間の子どもにもよく言われることですよね。

だから、人間の親も犬の飼い主さんも、あれこれと必要ないルールを作って、
「あれはしちゃダメ」「これはしちゃダメ」って子どもや犬を束縛するから、
子どもも犬も本当にしたいことができなくなっちゃう。

 

 

本屋に行った時、小学3年生くらいの女の子がお母さんに絵本が欲しいって言ってたんです。

でもお母さんは、「もうお姉ちゃんなんだから、そんな赤ちゃんが読む本なんてダメ。
もっとこういう本にしなさい」って、ヘレンケラーとか、野口英世とか、
偉人伝記ものの本を勝手に買っちゃったんです。

女の子は残念そうにうなだれて絵本を返し、
お母さんに買ってもらった本を渡されても全然嬉しそうじゃない。

 

別に小学3年生が絵本読んでもいいじゃんって思うんだけど、何がダメなんだろう。

わたしも今でこそ分厚い本も大好きでよく読むけど、
4年生くらいまではほんとに薄くて挿絵がたくさんある本しか読みませんでした。
そこから本の面白さを覚えることだってあるのに。

好きでもない読みたいとも思わない本をもらっても、
本を好きになるとは限らないのにね。

 

 

こんな風に、本当にやりたいことを「ダメ」って言われてやらせてもらえないと、
子どもも犬も「無気力」になっちゃうんです。

やりたいことを自由にさせて、やりたいっていう意思を尊重してあげることは、
わがままを聞くということではなく、「生きる気力」を与えるためにとっても大事なことなんですよ。

 

 

Twitterでまさにこの「わがまま」と「無気力」についてのツイートを見つけました。

「したいことばかりさせていたら、わがままな大人になる」には、「したいことをやらせなければ、生きる気力を失った大人になる」と返したい。『生きる気力』に比べたら、『わがまま』なんて、大した問題じゃない。

わたしも本当にこの通りだと思うんですよね。

 

子どもの頃、したいことをさせてもらえなくて、勉強ばかりさせられて、
すっかり気力を失っちゃったって人が、身近に何人もいます。

 

犬についても同じ。

言うことを聞かせるためのトレーニングのせいで、
犬は自分の意思をことごとく否定されちゃうんです。

それも、散歩中にちょっとにおい嗅ぎしたいとか、
道に落ちてるリンゴを食べたいとか、不審者を確認しに行きたいとか、
そういう犬として当たり前のことでも「ダメ」って言われちゃうんです。

それどころか、ひどいとおトイレのタイミングまで管理されたり、
ご飯を前に長々とおあずけされたり、いっつも軍隊みたく行進することを強要されたり、
人間だったら虐待と言えるようなことまでされるんです。

 

 

こういう犬を、今まで何頭も見て来ました。

そういう子たちって、みんな能面みたく凍り付いた無表情な顔してるんです。
なんていうか、犬らしい、キラキラした感じが微塵も感じられない。

 

やりたいことを全部禁止されちゃうと、生きる気力がなくなっちゃうんです。

だって、やりたいことができないなら、何のために生きてるのかわかんないじゃないですか。

 

「うちはトレーニングもするけど、ちゃんと遊ばせてあげてるよ」って人もいるけど、
引っ張りっことかボール遊びを、飼い主の都合でやってるだけなら、
それは犬のやりたいことにはならない。

 

そういえば、不良品としてペットショップのバックヤードでずっと閉じ込められてた、
友人のダックスも助け出された当時は無気力の無表情でした。

かと思えば、些細な事で興奮してやたら吠えて、飛びついたり噛みついたり。

のんちゃんも、ストレスレベルが一番高かった時が同じような感じで、
大人しいというより無気力で、ちょっとでも気に入らないことがあると怒って暴れてましたね。

なんというか、生きるのが辛そうだなって思いました。

 

 

強制トレーニングで自分の意思を打ち砕かれて、すっかり心を閉ざしてしまい、
ロボットみたくなってしまう子もいます。

そういう子ってコマンドにはよく従いますからね。
人間は「喜んでやってる」とか勘違いしがちだけど、
ただ出来ることがそれしかないだけです。

そういう犬ほど、人間が出すコマンドがないと、
自分じゃ何もできないってことが多いんです。

室内では大人しく見えるのも、
落ち着いているというよりは「無気力」なだけってわたしには見えます。

 

 

犬がやりたいって思うことは、人間の嗜好にはちょっと合わないことかもしれませんね。

他の犬のオシッコのにおい嗅ぎたいとか、道に落ちてるリンゴ食べたいとか、
人間からしたら「ヒィイ!」ってなることかもしれません。

でもそれを禁止してばっかりいると、犬はだんだん犬としての意思を失い、
生きる気力を失ってしまうのです。

 

そもそもにおい嗅ぎも拾い食いも、犬として当たり前のことです。

それを自由にさせてあげるのは「わがままにする」ってことにはなりません。

 

 

犬にやりたいことをさせても「わがまま」にはならないと、
わたしは常々思っています。

もし、仮にわがままになったとしても、生きる気力を失うことに比べたら、
大したことじゃないだろうと思うのです。

 

犬のわがままなんて可愛いもんじゃないですか。

ちょっとあっちに行ってみたい、あそこに落ちてるリンゴ食べたい、
ちょっと撫でて欲しい、ここのにおい嗅ぎたい。

 

これくらいのことを「わがまま」だなんて言うような人は、
そもそも犬となんて暮らしちゃダメなんです。

 

 

犬を自由にさせたらわがままになる(=大変なことになる)っていうのはよく言われてることだけど、
なにを根拠にこんなことが信じられているのか不思議です。

まったり犬育では犬は最大限自由にさせているし、
のんちゃんとるーこにもそういう生活をさせてるけど、
わがままになって大変なことになったなんて話は聞いたことないです。

 

 

ずっとルールでかんじがらめにされてた子は、
はじめの数日は家の中で興奮して大変だったって話は聞くけど、
それがずっと続くというわけじゃないです。

数日たてば家の中では落ち着いて寝ているようになるし、
まったり散歩をするようになってだんだんと穏やかになって、
楽になっていきます。

 

犬は生きる気力を取り戻していく過程で、自分の意見を言うようになります。

散歩中に「今日はこっちがいい」とか、
何かやってる時に呼んでも「ちょっと待って」とか。
それまで乗らなかったソファやベッドで寝るようになることもあります。

 

 

繰り返しになるけど、もしそういうことを「わがまま」だと思うなら、
犬はあなたと暮らしても幸せにはなれません。

 

犬は人間の言うことを聞くのが生きがいなんて言われることもあるけど、
それは間違いです。

犬だって、人間と同じように、やりたいことをやって、
自由に生きることが生きがいなんです。

 

犬を無気力にしてしまわないために、
犬にはやりたいことをさせてあげて、
最大限自由に過ごさせてあげて下さいね。

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

 

 

<犬日記おまけ>

寝起き。

3度寝に入る5秒前( *´艸`)

 

 

ゲーム「アウターワールド」のお話。

昨日1日時間があったので、
ストーリークリアしちゃいました!

全体的にボリューム不足な気はするけど、
とっても楽しめました(≧▽≦)

ただ最後になるほどテキストのミスが目立つようになって…

仲間のフェリックス(男)の一人称が急に「あたし」になって、
女言葉でしゃべり始めた時には思わず笑っちまったぜ。

他にも、ロボットの声は明らかに男性なのに、
日本語字幕が女っぽかったり。

手抜きすぎだろ、もっと頑張ってくれ。

通常ルートを進んで行ったんですが、
最終的に「評議会」って勢力と敵対しちゃって、
街中普通に歩いてたら襲撃された時にはびっくりしました。

そのせいでその街でのクエストがいくつか出来なかったし。
歩くだけで狙われるからクエストの目標地点までたどり着けなかった。

仲間はフェリックスとエリーがお気に入りで最後まで連れ歩いてました。

フェリックスほんといいやつだな!

エリーはキャラがつかめなくてはじめは会話の選択肢が難しかった。

他の仲間も一癖も二癖もある曲者ぞろいで好きです。

日本のRPGのような、主人公と目標を同じくして協力して仲間になってくれるわけじゃなく、
自分の目標のために主人公を利用しようとしたり、契約のためについてきたり、
同行する理由も面白かった。

仲間2人連れてると、後ろで急にお喋り始めたり、
口論始めたりするのも面白かったです。

とりあえずクリアはしたけど、正直どの勢力とどの勢力がなぜ敵対してるのか、
敵対するまでの経緯とか、その他色々全然わかってなかったりするので、
もう1回はじめからやり始めたところです。

前回はキャラメイクがけっこういい加減だったので、
今回はちょっと頑張ってみた。
まあ限度はあるけど。
っていうかキャラメイク頑張ったところでプレイ中はほとんど反映されないけどね!

ポケモンのDLCももうじきだね!楽しみ!!

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました