勘違いしないで!犬の「散歩」は「運動」ではない




散歩マニュアル

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

今回は「お散歩」と「運動」に対する間違った認識についてお話しようと思います。

 

突然ですが質問です。

 

Q.あなたは毎日、愛犬にどれだけの運動をさせていますか?

 

「うちの子はゴールデンレトリバーで大型犬だから、毎日2回、1時間ずつ散歩させてるよ」

「うちのチワワはあまり散歩に行かなくてもいいから、2、3回に1回、30分散歩してるよ」

そんな答えが返って来ることが多いです。

 

でも、ここでひとつ、おかしなことに気づきました?

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

どれだけ運動させてますか?って聞いてるのに、なぜか、
散歩の回数と時間を答えてるんですよね。

確かにおかしいですね。

なぜか飼い主さんの中には「犬の散歩=運動」って認識があるようなんです。

 

その誤解についてお話します。

 

 

犬にはどれくらいの時間、散歩をさせればいいですか?

 

この質問、知恵袋なんかで同じような内容で定期的に投稿されてるのを見かけます。

もちろん、全部違う人が質問者です。

 

ひとつひとつ見てみると、愛犬が常に興奮して落ち着かず、ものを破壊したり噛んだりするので調べたところ、
「運動が十分でない犬はストレスで問題行動を起こしやすい」という説をどこかで見かけて、
うちの子は当てはまるかも…と思ったという人が多いです。

 

でも、愛犬に最適な運動量がわからなくて質問したって経緯みたいですね。

 

 

散歩時間の目安の根拠は?

先日、本屋で立ち読みしたしつけ本には、「散歩時間の目安」としてこんな風に書かれていました。

 

小型犬:1日1回30分
中型犬:1日2回各30~40分
大型犬:1日2回各40~60分

 

これはあくまで目安とされているものだけど、調べてみるとだいたいどのしつけ本、
サイトもこれと似通った内容でした。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

うちに唯一ある1998年初版のしつけ本にも同じことが書かれていました。

 

いったいどんな根拠がもとになっているのかと思って調べてみても、
根拠となってるようなものはわかりませんでした。

 

ただ、なんとなく、体が大きい犬はたくさんの運動が必要で、小さい犬は少しでいいというイメージがあるんだと思います。

 

でも考えてみればおかしな話で、体の大きい個体ほどたくさんの運動が必要ということになります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

人間にいいかえれば体の大きい人ほどたくさん運動が必要になるってことです。

 

一般的に、同じ運動量でも体が大きいほうがエネルギー消費量は多くなります。
つまり、体が大きいほうが疲れやすいということです。

 

超大型犬のバーニーズマウンテンドッグが中型犬であるボーダーコリーよりも
たくさんの運動が必要とは思えません。

同じ小型犬でも、ジャックラッセルテリアとチワワが同じ運動量で
いいはずがないですよね。

 

この数字はあくまでも目安なんです。

 

 

犬にとって必要な「運動量」の差

犬にとって必要な運動量は、体の大きさではなく生まれ持った気質や性格、
日々の環境で培ってきた筋肉によって異なります。

 

同じ犬種でも、穏やかな性格の個体と活発な性格の個体では筋肉量が違います。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

うちののんちゃんは比較的穏やかな性格であまり運動は必要としないけど、
必要な筋肉はしっかりついてます。

 

決して筋肉粒々というわけではないけど、日々の必要な運動量を満たすためには
問題のない程度の筋肉です。

 

でも同じボーダーコリーでも活発でやんちゃな性格の子はガッチリとしたムチムチの筋肉がついてて、
その筋肉で日々の運動量を満たしています。

 

落ち着いたインドア派の犬が筋肉隆々なのは見たことがないし、
活発な犬が必要最低限の筋肉しかついてないというのも見たことがありません。

 

筋肉量が多ければ多いほど、その筋肉を維持するために必要な運動量も多くなるんです。

 

 

必要な運動量は散歩で満たせるのか?

答えは、NOです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

はっきりと、明確に、100%の確率で、NOです。

 

そもそもの話なんだけど、散歩は運動ではありません。

運動は散歩の一部に過ぎないんです。

 

どうもここに大きな誤解が生じているような気がします。

 

つまり、冒頭の質問の答えは全て間違いってことになります。

 

愛犬が運動不足なら散歩の時間を増やすんじゃなくて、日々の「運動の質」を上げる必要があるからです。

 

では、犬にとっての「運動」っていうのはいったいどういうものなんでしょうか。

 

 

必要な「運動」とは何か

そもそも、運動とは何を指すんでしょうか。

 

人間におきかえて考えてみます。

 

まず、大人か子どもかによって必要な運動は変わってきます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

一口に大人っていっても、年代によっても変わってきますよね。

 

同じ年代でも体型、日々の活動量、ライフスタイルによっても差が出てきます。

 

例えば、わたしは毎日朝と夕方それぞれ30分から1時間くらいずつ、犬たちを散歩してます。

毎日、犬たちに付き合って30分かけて山を上り下りするし、休日は河原まで行って歩くこともあります。

また、以前は通勤のために駅まで片道20分歩いてたし、電車が使えなくなってからは
30分ほどかけて自転車で通勤してました。

恐らく、これがわたしにとって「必要な運動」なんだと思います。

 

でも、母がこれと同じ運動量をこなそうとすると逆に体を壊すだろうし、
毎日10㎞ランニングしてるって人には物足りないかもしれません。

 

50代の元同僚は、毎週2回、30分のヨガ教室に通うようになってから、
腰痛も改善されて体調がとてもよくなったそうです。
彼女にとってはこれが必要な運動なんだと思います。

 

亡くなった祖母は毎日20分の散歩をしてた時はとても元気だったのに、
それをやめた途端体調を崩して入院し、そのまま亡くなってしまいました。

 

妹も毎日駅まで歩いてた時は調子がよかったのに、免許をとって車通勤になってから
体が重くなって太ってきたって言ってました。

 

人でもこんなに違うんです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬にとって必要な運動はこれだ!とは一口には言えません。

 

小型犬のチワワやトイプーでも、走るのが大好きな活発な子は疲れも見せずに走るかもしれませんし、
大型犬のゴールデンレトリバーでももうかなりの老犬なら、30分かけて近所を1周するだけで十分かもしれません。

 

でも、若くて活発な現役の牧羊犬や猟犬には30分の散歩なんて「運動」にはなりません。

 

うちののんちゃんは今現在8歳だけど、臭い嗅ぎしつつ近所を歩いて、
山に登ってあちこち探検しつつ自由に歩き、ちょっと走るといった「お散歩」を、
1日に1~2回で満足する子です。

時々、歩きたい時は1回の散歩で3㎞くらい歩くこともあります。

それがのんちゃんにとって「必要な運動」です。

 

るーこはまだ4歳で活発な性格の子なので、走るのも好きだし、公園ではちょっと一緒に走らないと
満足してくれないし、ノーリードでの山登りの最中も走ってることが多いです。

 

同じ牧羊犬に分類されるボーダーコリーとシェルティでもこれだけ差があります。

 

「必要な運動」っていうのは本当に犬それぞれです。

 

のんちゃんやるーこと同じ犬種に同じ運動をさせても、満足してくれるとは限りません。

 

では、あなたの愛犬にとって必要な運動量はどうやって見極めればいいんでしょうか?

 

そこで、「自由運動」がとっても役に立ってきます。

 

 

犬に「自由運動」をさせよう!

自由運動とは、山や河原や砂浜などの人い場所で、犬をノーリードもしくはロングリードに繋いだ状態で、
好きなことを好きなだけさせることです。

 

興奮しすぎている状態でなければ、犬は自分で運動量を調整して、
遊んだり休んだりします。

 

犬が自分で必要な運動量を満たしてくれるというわけです。

 

のんちゃんのようにのんびりした性格の犬ならあちこち歩き回って探検するだけで満足するかもしれません。

 

るーこのような走るのが出す気な犬は、満足するまで走り回っているでしょう。

 

【自由運動について詳しいことはコチラ!】

記事準備中

 

 

「運動の質」を上げる

運動が足りないからといってただたんにお散歩時間を長くするだけでは、
犬に不必要な運動をさせるだけで、必要な運動量は満たされません。

 

愛犬にどんな運動が必要なのかを知って、「運動の質」を上げることを目指して下さい。

 

愛犬に必要な運動をさせてあげることこそが、犬にとって本当に必要な運動です。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

同じ時間のお散歩でも、あなたの愛犬はずっと満足してくれるはずですよ。

 

もちろん、ストレスレベルが高くて日常的に興奮状態にある犬は、
自由運動をさせても永遠と走り回ってるようになってしまうので、
まずはストレスマネジメントが必要になりますよ。

 

ストレスなく、穏やかで落ち着いた日々を過ごせている子は、
多くはそんなに不必要に走り回ったりしないし、
いつもの散歩で必要な運動量を満たせないなんてことはありません。

 

運動量を増やすためにドッグスポーツを始めちゃう飼い主さんもいるけど、
これもかえって逆効果です。

アジリティやディスクなんかのスポーツは犬を興奮させることに繋がり、
興奮は犬にとってストレスのもとになります。

それは嬉しい興奮であっても変わらないんです。

 

まずはストレスマネジメントをしつつ、自由運動をさせてあげて、
愛犬にとって本当に必要な運動をさせてあげるようにして下さい。

 

【まったり散歩について詳しくはコチラ!】
【完全版】まったり散歩マニュアル

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました