まったり散歩実践編:ゆる~いツケで歩こう




散歩マニュアル

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

前回に続き、まったり散歩マニュアル4弾です。

 

 

今回は、まったり散歩のゆる~~~いツケの練習についてお話します。

 

時々、いかにも「ザ・トレーナー気質」っぽそうな飼い主さんが、
犬のリードを短く持って、脇にピッタリとツケをさせて、
まるで軍隊のように行進しているのを見かけます。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

でも、まったり散歩で目指すのはああいうツケじゃありません。

 

ゆる~く、なんとな~く、付かず離れず飼い主のそばにいて、
リードを引っ張らないで、リードがなくても離れすぎたら自分でちゃんと戻って来る。

 

そんな、ツケとも言えないようなゆる~いツケを目指します。

 

 

まったり散歩の「ツケ」とは

「ツケで歩く」…いわゆる脚側行進って、あなたはどういうイメージを持ってますか?

 

飼い主さんの左側にピタッとくっついて、軍隊みたいに歩いている犬の姿を
思い浮かべますね。

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

オビディエンストレーニングとか、従来の服従訓練ではそうですね。

わたしも学生の時、トレーニングの授業で学んだのはこのやり方でした。

 

わき目も振らず、ただただハンドラーに合わせて歩いて、ハンドラーが立ち止まったら一緒に止まって、
ちょっとでも前に出ればジャークされて、時々意味不明な方向転換をされるので一時たりとも気が抜けない。

 

アイコンタクトをしないといけないから自分の前や足元も見られない。

 

犬にとっての「ツケ」ってこんな感じです。

 

でも、まったり散歩でのツケはこれとは全然違います。

 

リードの範囲内で、なんとな~く飼い主のそばにいれば、それでOK。

 

リードの範囲内であればにおい嗅ぎしようがゴロゴロしようが、
枝や葉っぱをくわえようが、何をしてもいい。

 

歩くのも、飼い主の左側でも右側でも、前でも後ろでもいい。

 

ただ、リードが張らない範囲内にいればそれで充分。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

だって日常生活ではそれさえできれば十分ですよね。

そうですね。
逆に軍隊みたく行進しないといけない時ってないかもしれないです。

でも、狭い道で人や犬とすれ違う時はどうするんですか?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そもそもですね、人や犬と落ち着いてすれ違えない犬をそんな状況においてはいけないし、
自然たっぷりの落ち着いた広い場所でやるのが犬の散歩です。

 

はじめは広い場所でなんとな~くツケが出来るように練習して、
狭い道でのすれ違いはもっとあとの話です。

 

 

ゆる~いツケの練習

ゆるいツケの練習には、前回お話した「オイデ」がある程度出来るようになっている必要があります。

 

オイデの復習はこんな感じ。

 

  • リードが張ったらそこでしっかりとリードを固定する。
  • 頭と体全体を行きたい方向に向け、犬がこちらを見た瞬間にタイミングよくその方向に歩きだす。
  • なかなかこちらを見ない犬に対しては「オイデ」や舌打ちなどの合図を出してもいい。
  • 犬が一緒に歩いてついて来てくれたら小さく「いい子」と褒める。
  • 犬に必ず来させようとは思わず、反応が少し遅れたり、なかなか来なくても少し待ってあげてから「オイデ」と優しく声をかけると案外聞いてくれる。

 

このボディランゲージによる「オイデ」の合図に、すぐにでなくてもいいので、
犬が反応してくれるようになったらそれをツケに応用します。

 

用意するものはハーネスと3m以上のロングリード。

 

練習する場所は、何度も言いますが人や犬や車が来なくて、穏やかで落ち着いた、
草や木がたくさんあってにおい嗅ぎはたっぷり出来る自然豊かな場所です。

 

そういった場所で、ゆっくり歩いて犬ににおい嗅ぎをさせつつ、
基本は犬が行きたい方向について行きます。

 

でも、たま~に、歩きながら頭と体を違う方向に向けてそのままゆっくり歩いて下さい。

 

「オイデ」のボディランゲージを理解している犬は、「あれ?」という感じで
なんとな~くついて来ます。

 

そこで軽く「いい子」と褒めてあげます。

 

それを何度か繰り返していると、犬はなんとな~く、意識のどこかで飼い主に注意を払ってくれるようになるので、
リードの範囲内でゆる~いツケが出来るようになります。

 

アイコンタクトはしない

またこの時、アイコンタクトをする必要はありません。

 

犬は、リードの範囲内でなら自由に歩いていいという最低限のルールさえ守ってくれればいいので、
そこにアイコンタクトはいらないのです。

 

自分でしっかり前を見て、気になるものや苦手なものがないかを確認させてあげましょう。

 

アイコンタクトをすると、それだけでなんだか出来の良い犬に見えるし、
犬と心が通じ合っているように感じるので、やりたがる飼い主さんは多いです。

 

でも、自分が常にだれかと手をつないで歩いて、歩いている間中その人のことを見続けないといけない、
という状況を想像してみて下さい。

 

例えいつも歩いている道でも、自分で周りを見て安全を確認できないというのはけっこう怖いものです。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

アイコンタクトをしなくても、飼い主のことが好きな犬は意識のどこかで
飼い主にちゃんと注意払ってくれています。

逆に、犬に意識を向けてもらうには、アイコンタクトを常にさせるような飼い主ではダメってことですね。

 

 

ゆるゆるツケの動画

まずはのんちゃんの超真面目なツケの動画。

ばっちりアイコンタクト左ツケで全然ゆるくないですが。

 

かつてのオビディエンストレーニングの名残です…

 

いつもはもっとゆるゆるでなんとな~くわたしの周りを歩いてる感じなんですけどね。

 

カメラなんて普段あまり散歩中に使わないもの使ってるから、
「あら、ちゃんとしなきゃいけないの?」と気を遣ってくれたらしい。

 

ツケの練習ではないけど、るーこのゆるゆるまったり散歩もどうぞ。

途中でるーこが木と垣根の間を通り抜けた時、片手でのリード操作ゆえに
リードがからんでしまってますが、るーこはあまりこういうの根に持たないので楽です。

 

のんちゃんだったら、「リード引っ張られた…(ガーン」ってしばらくショック受けてます。

 

画面左側に芝生があって、そこでゲートボールやってる人がいたんですが、
特に気にすることもなく落ち着いて歩けました。

 

大勢人がいたり、途中で近くから聞こえて来るシャッターの開閉音にも以前は吠えてたんですが、
そういうのを回避しつづけているうちにいつの間にか距離があれば平気になってました。

 

 

軍隊の行進は必要ない

先ほども言いましたが、「ツケで歩く」というと、犬がぴったりと飼い主に脇に張り付いて、
軍隊の行進のように歩くいわゆる脚側行進を思い浮かべる人が多いでしょう。

 

YouTubeで「犬 ツケで歩く」などと検索しても、ヒットするのは、
軍隊行進の練習をしているトレーナーと犬の動画がほとんどです。

 

動画に登場する犬たちは首をつられるほどに短くリードを持たれて、
ゼエゼエ言いながら必死にトレーナーについて行って、
ちょっとでもトレーナーのペースと合わないと容赦なくガツンっとジャークをされているので、
可哀想でなりません。

 

チョークチェーンをつけられる時にブルブル震えているプードルの動画があったのですが、
なぜかトレーナーは「これからトレーニングが始まるのを楽しみにしている」と解釈していました。

 

多分、尻尾をブンブン振っていたからだと思うんですけど、
尻尾を振っているといっても左よりに大きく振られています。

 

左よりに尻尾が振られるのは犬の不快な感情を表しています。

 

尻尾を振る+ブルブル震えている、という状態を、トレーニングを楽しみに武者震いしている、
という都合がいいどころではない解釈をするトレーナーが本当にいるんだから信用なりません。

 

ちゃんと犬の顔を見てあげれば、あんなに悲しそうに怯えた顔をしているのに
「楽しみにしている」なんて絶対に思わないはずです。

 

そもそも、この軍隊行進させることに何の意味があるんでしょう?

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬を思い通りにしたいっていう自分の欲求を満足させて、
周りから「あの犬はよくしつけの出来たいい犬だ」って思われたいだけじゃね?

 

普通に考えればこんなものが犬にとって何の意味も持たないというのはわかると思うのですが。

 

誰かにこうするのが正解だと言われて、それを信じてトレーニングしているというなら今すぐやめるべきです。

 

 

リードがなくてもツケが出来るように

また、まったりツケのいいところは、リードがなくても犬がなんとな~くそばにいてくれるようになることです。

 

常にリードをつけて、犬が離れたらジャークしてツケをさせているような方法だと、
リードを外した途端に犬がピューっと走って行ってしまってそのまま戻ってこない、
なんてことが度々起こります。

 

軍隊の行進トレーニングをされている犬は、だいたいが飼い主さんに厳しくされているし、
行進中は一時も気が抜けないのでストレスも溜まります。

 

そんなことをしてくる飼い主が好きであるはずもありません。

 

リードを外されて自由になったら、逃げ去っていくのも当たり前ですね。

 

でも、常に犬の自由を最大限保証して、なんとな^くそばにいればそれでよし、
というような散歩をしていると、リードがついていても外れていても、
犬の散歩の環境に大きな差はありません。

 

また、自由を最大限保証してくれる飼い主のことが多くの犬は好きでいるでしょう。

 

好きな飼い主のことであれば、リードがあってもなくても犬は常にどこかで気にします。

 

離れすぎたなと思えば戻ってきたり、その場で待っていてくれたりするので、
それが自然とまったりツケになるのです。

 

最後に

今回ご紹介したポイントは以下の通り。

 

  • 軍隊の行進は必要ない。なんとな~く飼い主のそばにいればそれでOK。
  • 「オイデ」のボディランゲージを応用して「ツケ」を教える。
  • アイコンタクトはしない。

 

このまったり散歩での「オイデ」と「ツケ」を組み合わせて、まったり散歩を練習していきます。

 

次回はまったり散歩に欠かせない、ハーネスとリードのお話です。
》まったり散歩実践編:ハーネスとロングリードを使おう
 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました