ペットショップで買うよりも大変?保護犬を引き取るということ




動物福祉

いつも見て下さってありがとうございます!コメント、リツイート、応援クリックとっても励みになります♪嬉しいです(*^-^*)

初めての方はコチラ⇒このブログについて「登場人(犬)物紹介」

まったり犬育についてはコチラ⇒『まったり犬育』のススメ

 

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

 

 

 

 

今回は、保護犬を引き取るということについて。

 

わたしの学生時代の恩師や、先輩には、犬の保護活動になんらかの形で携わってる人が多くいます。

恩師の一人は保護犬シェルターを運営してるし、一番仲の良かった先輩は保護団体で活動してます。

わたしも千葉に住んでた頃は時々、手伝いに行ってました。

 

先日、シェルターを運営してる恩師と電話で話したんだけど、その時に、

「保護犬を安易に迎えようとしてたり、無料で犬がもらえると勘違いしてる人が多くなってきて困ってる」

って言ってました。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

これは保護団体で活動してる先輩もよく言ってることです。

 

恩師が運営してるシェルターでは、保護してる犬の写真をサイトに掲載して里親希望者を募り、
里親希望の人はメールで問い合わせをするようになっています。

問い合わせがあった人に対しては、飼育環境やライフスタイルなどの10項目くらいのアンケートを送って、
まずはそれに答えてもらうようになってるんだけど、アンケートを送った時点でその後の連絡がなくなるケースが多いんだそうです。

また、アンケートを記入して返してくれた人も、譲渡前に講習があることを告げると、音信不通になることが多いんだとか。

 

先輩が活動してる保護団体でも、譲渡会をしたその場で犬を譲渡するってことはやってなくて、
面談を何回か行って、講習も受ける必要があるって伝えると「じゃあいいです」って辞退する人も多いそうです。

 

これはとっても残念なことですよね。

同時に、どれだけ安易な気持ちで保護犬を飼おうとしてる人が多いかがわかります。

 

保護犬を迎えようということ自体はとてもいいことなんだけど、その前に検討すべきこと、
最低限知っておくべきことはたくさんあります。

そこで今回は、保護犬を迎える前にぜったいに知っておいて欲しいこと、検討すべきことをお話します。

 

 

保護犬を迎える前に検討すべきこと

最近では、保健所や愛護センターなどに収容されて、愛護団体や個人が引き出してきた保護犬を家族として迎える人が増えてきました。

 

ペットショップでもブリーダーでも、お金を出して犬を飼うのではなく、保護犬を引き取って欲しいと思います。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

なので、保護犬を迎えるっていうこと自体はとてもいいことです。

 

でも中には、無料で純血種が手に入ると勘違いしているような人もいます。

「ペットショップで買った」って言うよりも、「保護犬を迎えた」と言ったほうが聞こえがいいからと、
それだけの理由で保護犬を迎えようとする人もいました。

 

恩師は、「保護犬を迎えるのはペットショップで子犬を飼うよりも大変」だと言います。

 

安易に保護犬を迎える前に、検討すべきことはたくさんあるんです。

 

犬を飼える環境かどうか?

まずは、自分が犬を飼える環境かどうかを考えましょう。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

これは何も保護犬に限ったことではありません。

 

6時間を超えるような留守番は犬にストレスをかけるので、留守にすることが多い人や
フルタイムで働いている人にはそもそも犬を飼うこと自体おすすめしません。

特に保護犬の場合は、飼い主と環境が何度も変わることでストレスがかかり、とても不安が強いです。

分離ストレス行動が出やすいので、そういう犬に対して長時間の留守番は厳し過ぎます。

【分離ストレスについて詳しくはコチラ】
子犬はもともと「分離不安」?深刻化させないための接し方

 

不安から吠えやすくなるので、集合住宅や住宅密集地には向かないし、郊外ののんびりした場所のほうがいいです。

虐待され捨てられたといった犬に限らず、保護犬というのは何かしら心に傷を負っています。

長期的なケアが必要になることもあります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そんな犬を1日中、ひとりぼっちで留守番させるべきではありません。

 

保護犬が育った環境は?

保護犬がこれまでどんな環境で育ったか、ということも大事なポイントです。

 

都会育ちか、田舎育ちかというのは、収容されていた施設や保護団体のある場所からある程度予想はつきます。

都会暮らしだった犬が田舎で暮らすようになるっていうのはまだストレスはないけど、
田舎育ちの犬が都会で暮らす人に迎えられるとなると、犬は環境に適応するのに時間がかかり、
環境変化によるストレスも大きくなります。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

犬によっては適応できないこともありますからね。

 

庭で放し飼いにされていたような犬が、いきなり狭い室内で暮らすとか、田んぼのあぜ道を散歩してたような犬が
コンクリートジャングルを歩かなければいけなくなるというのは、ストレスがかかるだろうってことは容易に想像できます。

中型犬以上の犬はもちろんのこと、小型犬であっても、庭があって自由運動ができたほうがいいんです。

 

それまでずっと外飼いだったという犬をいきなり室内飼いにするっていうのも大変です。

囲まれた庭があって、室内と自由に行き来できる状況であればまだいいけど、室内に慣れてない犬を
いきなり完全室内飼いにするのは犬も人もストレスです。

 

保護犬がそれまで暮らしていた環境と、自分の生活環境があまりにかけ離れている場合、お迎えするのはやめておいた方がいいです。

 

 

自分で手に負える犬か?

お迎えしようとする保護犬が、自分の手に負える犬であるかどうかはとっても重要です。

 

神経質な犬は、家族の人数が多かったり幼い子供がいるとなかなか環境に慣れず、犬も人もお互いストレスになります。

もしあなたが高齢なのだとすれば、活発で和解大型犬はとても無理でしょう。

性格についても、おっとりしているほうがいいのか、活発なほうが嬉しいのか、自分の性格やライフスタイルに照らし合わせて、
よく考えてみましょう。

 

先住犬がいる場合は、その子との相性も重要です。

特に、先住犬に吠えるなどの問題行動がある時は、保護犬にも問題行動が出て来てしまいます。

例えば、多頭飼育でひどく吠える犬を飼ってたりすると、そこでお迎えした保護犬もやたら吠えるようにんり、
それがストレスのもとになって次に来た犬も同じように吠えるようになって…と連鎖していきます。

逆に新しく来た犬が吠える犬で、先住犬も吠えるようになってしまったってケースもあります。

 

言い換えれば、今飼っている犬の問題行動をなおすことができないのであれば、保護犬に限らず新しく犬をお迎えするべきではないのです。

 

お迎えしようと思う保護犬がどんな性格か、どんな問題があるので、良いことも悪いことも自分から詳しく聞くようにしましょう。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

そして、自分では手に負えないなと思ったら無理にお迎えするべきではありません。

 

わたしがよく見ている番組「猫ヘルパー 猫のしつけ教えます」で、身体的ハンデのある保護猫をお迎えするかどうか、
悩みに悩んで「わたしでは手に負えないから」と断った女性がいました。

「自分では手に負えない」「お世話がちゃんとできない」と自覚し、断ることはとても勇気あることだと思います。

 

無理にお迎えしても、幸せになるどころかお互い不幸になるだけかもしれません。

なので、自分でちゃんとお世話ができるかどうかきちんと考えることはとても大事なことです。

 

 

自分で「マッチング」しよう

犬と飼い主のマッチングを、譲渡する側もされる側も、もっと意識すべきです。

 

愛護団体がなるべく早く、1頭でも多く譲渡しようとするのはわかるけど、なんでこの犬をこの家庭に譲渡したんだろうって驚くケースも多いです。

犬も飼い主も幸せになれるように、もっときめ細かいサポートが必要だけど、残念ながらそういったサポートをしてない団体も多いです。

 

なので、自分自身で保護犬との「マッチング」をして、この子は自分のライフスタイルで飼える子かどうかをきちんと見極めましょう。

 

 

保護犬を迎えるのは大変

実はのんちゃんも、分類的には「保護犬」です。

 

瀧沢かいるー
瀧沢かいるー

保健所行きになりかけたところを保護されて、里親を募集してた子だったので、何だかそんな意識はわたしには全くなかったんだけど、
そう考えると保護犬ですよね。

 

保護犬を迎えるっていうのは、予想以上に大変なことです。

 

保護犬を迎えた方のブログを読んでいても、楽しいことや嬉しいことなど良い面を強調して書いてるので、
何となく気軽にお迎えできてしまいそうなイメージもあるかもしれません。

でもそうやってブログに書いてる人たちだって、お迎えした当初はとても大変だっただろうし、悩んで色々工夫して今の生活があるんだと思います。

 

保護犬というのは、決して無料で純血種がもらえるものではありません。
「ペットショップで買ったって言うより聞こえがいいから」なんて理由でお迎えしていいものでもありません。

 

保護犬というのは、多くがなんらかの理由で、一度もとの飼い主さんと離れなければいけなかった子たちです。

その子たちが、二度と飼い主と離れなくてもいいように、生涯責任を持って一緒に暮らしていく責任が、里親にはあるんです。

 

この責任を、負う覚悟がありますか。

 

これから、保護犬に限らず、犬を迎えようと思っている人は、犬についてよく勉強し、見た目や大きさだけでなく、
その犬の性格までよく理解した上で、お迎えするかどうするかを決めて下さい。

 

 

▼最後まで読んで下さりありがとうございます(*^-^*)
お帰りのついでにポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

ブログ村読者登録をしていただくと、
更新通知が届きます♪
よろしければぜひ登録お願いします!

↓ ↓ ↓

まったりどっぐDIARY - にほんブログ村

▽SNSフォローよろしくお願いします!

Twitterでは制作した漫画をいち早くアップしています↓

Instagramではのんちゃんとるーこの日常の写真をアップしています↓

▽ココナラに出品中です!
最短1日!かわいい愛犬の顔だけイラスト描きます SNSやブログをやっている愛犬家のあなたへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました